たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


先日観劇した作品が朝日新聞の地方欄で紹介されていました。



戯曲を手掛けた作家さんのこのインタビュー記事で、やっと少し作品を理解できた私でした(笑)。
僕はこの芝居に於ける今川義元をローカリズム、織田信長をグローバリズムの権化と観終わった時に受け取っていたので「なんで信長側に今のアメリカ帝国主義を象徴させる剥き出しの暴力的なキャラを登場させないんだろう。それは騎兵隊とかカウボーイ野郎とか場合によっては金属バットを持たせた大リーガーでもいいしね。アメリカに追従しがちな印象のイギリスの方がフランスよりもピンと来るし、フランス外人部隊なら植民地主義を彷彿とさせるしなぁ~。中国キャラは中華思想や覇権主義だからいいとしても、エジプトやギリシャよりも例えばローマ帝国やムッソリーニでもいいし、あるいはナチスドイツやソ連の亡霊でもいいと思うしなぁ~」と観劇後からずっと訝っていたのですが、作者は信長を当初IS(イスラム国)に見立てていたんですね。納得(笑)。
何はともあれ駿河の国が題材のこのお芝居も2月4日までです。



≪出典≫朝日新聞 静岡版 2018年1月29日付
今川義元「オケハザマ」 しりあがり寿さん執筆
https://www.asahi.com/articles/ASL1T313KL1TUTPB007.html
https://digital.asahi.com/articles/ASL1T313KL1TUTPB007.html?rm=407

 駿河国を治めた戦国大名・今川義元を主人公に据えたミュージカル「オケハザマ」が、東京・下北沢の「ザ・スズナリ」で上演中だ。静岡市出身の漫画家しりあがり寿さん(60)が初めて戯曲を書き下ろした。来年、生誕500年を迎える郷土の武将に込めた思いを聞いた。

 「子どものころから臨済寺(静岡市葵区)の墓所に行ったりして、徳川家康より義元を近しく感じていた」。だが、戦国武将のゲームでは「公家かぶれの変な人」。昨年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも、白塗り、麻呂眉で登場し、キワモノ扱いだった。「静岡出身の春風亭昇太さんが演じても、こうなのか」
 疑問に感じ、改めて義元の足跡を調べた。実は、「東海一の弓取り」と呼ばれた強者。一方で、甲斐(山梨)の武田信玄、相模(神奈川)の北条氏康と互いの姉妹を嫁がせ合い、「甲相駿の三国同盟」を結んだ。岡部、藤枝、島田の豪族からの頼み事にも耳を傾け、政(まつりごと)を重視した。
  芝居ではそんな義元を、先進的な平和主義者として描いた。桶狭間の戦いの前、義元は絵地図を背景にこんなセリフを言う。
 「この先、三河、尾張が平定されれば、東海道と中山道がぐるりと回ってくっつき大きな輪になりまする……この街道を人々や品物が自由に行き来すれば、皆が潤い、行き来をとめる戦は避けられ、平和で豊かな国ができまする」
 公家かぶれは、「米」「金」「兵」の力に加え、「源氏の血を引く名門」や「文化にたけた知性」を印象づけて、諸国大名の信頼を得るための策だった、と解釈した。
 「義元が天下を取っていれば、家康を待たずして平和な世が来ていたかもしれない」としりあがりさん。
 だが、桶狭間の戦いでは、2万5千対3千と兵力で圧倒しながら、織田信長に敗れてしまう。しりあがりさんは当初、IS(イスラム国)を念頭に信長像を描いた。「常識にとらわれない、ポッと出の強烈な暴力。部下を切ったり、人に恨まれたりしても平気。義元にはとても対抗できなかった」
 なぜ義元は負けたのか。ゲームにたとえ、「信長は最新版。でも義元は守るものが多すぎて、メモリーがいっぱい。バージョンアップができなかった」とする。
 書き進めるうち、現代日本や静岡の状況と、義元が重なって見えてきたという。「争いごとが嫌いで、育ちが良く文化的。そして守りに入っている」。しりあがりさんはオンラインゲームで韓国や中国の人とも対戦するが、いつも勝てないと思うという。「どんどん話しかけ、攻め、知らない人とも同盟を結び、課金する。動きが広くて速い。日本は狭くてのろいんだ」
 重いテーマを秘めながら、しりあがりさん流のナンセンスな言葉遊びや時事ネタも飛び交うコメディー仕立て。「21世紀になっても、静岡と山梨は富士山の取り合いをしておるというのに」など、ご当地ギャグも差し挟まれている。
 公演は2月4日まで。問い合わせは劇団「流山児★事務所」(03・5272・1785)。(阿久沢悦子)

≪出典≫ステージナタリー 2018年1月25日付
しりあがり寿の戦国ミュージカル「オケハザマ」、流山児祥「ゲーム世代にもピッタリ」
https://natalie.mu/stage/news/266615

流山児★事務所「オケハザマ」の公演が、昨日1月24日に東京のザ・スズナリにて開幕した。
マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦し、演出を流山児祥が担当する本作。大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲した桶狭間の戦いの前夜が描かれる。“オケハザマ”の予知夢に悩まされる義元は、戦いを避け続けるが、“運命の日”は近づいてくる。義元はついに桶狭間に軍を進めることになり……。

流山児は本作について「歌・殺陣・踊り・映像という演劇の全てが詰まった戦国ミュージカルの誕生! 物語は戦国シュミレーションゲームの枠組みを借り、マンガから飛び出してきたようなキャラクターが跳梁跋扈します」とコメント。しりあがりは「テレビゲームや大河で散々の今川義元! それじゃいかん、と郷土の英雄、東海一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりました」と述べている。公演は2月4日まで。

▼2018.1. オケハザマ
http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
http://www.ryuzanji.com/

今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

*****

静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
2018年の新春、
出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
https://spice.eplus.jp/articles/153255


★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
“オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
※流山児祥コメント
しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

舞台「オケハザマ」
日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

流山児祥コメント
しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

作:しりあがり寿
脚本協力:竹内佑(デス電所)
演出:流山児祥
演出協力:林周一(風煉ダンス)
音楽:坂本弘道
振付:北村真実
擬闘:栗原直樹
美術:水谷雄司+小林岳郎
照明:沖野隆一
音響:島猛
衣裳:竹内陽子
映像:浜嶋将裕
演出助手:小形知巳

出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈

▼流山児祥さんのFB
https://www.facebook.com/show.ryuzanji

▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
▼福島クダラナ庄助祭り
https://www.facebook.com/kudarana.info
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 09:10Comments(0)演劇
    「うなぎパイ」も舞台で乱舞する戦国ミュージカル!?







    昨日、東京・下北沢のスズナリ劇場で観た『オケハザマ』では、浜松銘菓「うなぎパイ」まで登場していて浜松っ子の私たちとしては大いに笑えました。
    劇の主人公が源氏の流れを組む今川義元ってことは置いておいても、浜松の「源氏パイ」まで台詞としては登場していました(笑)。

    今作品は静岡市出身の漫画家しりあがり寿さんの台本で、しりあがり寿さんといえば紫綬褒章を受章されたり、大学で教鞭もとられたり、朝日新聞の夕刊に四コマ漫画を連載されていたこともあり、手塚治文化賞や文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞等々の受賞もある著名なお方ですよね。
    このお芝居は2月4日で楽日を迎えますが、静岡県ローカルなギャグネタも満載の作品ですから、静岡市や浜松市で上演になったりなんかしたら話題をさらうかもね。一瞬、井伊直虎ギャグもかましていましたよ(笑)。

    劇評?
    無学な俺には無理!演劇まったく詳しくないし(笑)。

    ≪出典≫ステージナタリー 2018年1月25日付
    しりあがり寿の戦国ミュージカル「オケハザマ」、流山児祥「ゲーム世代にもピッタリ」
    https://natalie.mu/stage/news/266615

    流山児★事務所「オケハザマ」の公演が、昨日1月24日に東京のザ・スズナリにて開幕した。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦し、演出を流山児祥が担当する本作。大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲した桶狭間の戦いの前夜が描かれる。“オケハザマ”の予知夢に悩まされる義元は、戦いを避け続けるが、“運命の日”は近づいてくる。義元はついに桶狭間に軍を進めることになり……。

    流山児は本作について「歌・殺陣・踊り・映像という演劇の全てが詰まった戦国ミュージカルの誕生! 物語は戦国シュミレーションゲームの枠組みを借り、マンガから飛び出してきたようなキャラクターが跳梁跋扈します」とコメント。しりあがりは「テレビゲームや大河で散々の今川義元! それじゃいかん、と郷土の英雄、東海一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりました」と述べている。公演は2月4日まで。





    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈

    ▼流山児祥さんのFB
    https://www.facebook.com/show.ryuzanji

    ▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
    http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
    ▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
    ▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 13:39Comments(0)演劇
    ややっ、ハート型の巨大リースが!?





    今日は戦国ドタバタミュージカルみたいな演劇『オケハザマ』を観に下北沢まで出かけていたのですが、劇場近くの壁でこんな大きなハートマークを見つけて思わずパチリ♪(笑)
    インスタ映えっすかね?(笑)



    ≪出典≫ステージナタリー 2018年1月25日付
    しりあがり寿の戦国ミュージカル「オケハザマ」、流山児祥「ゲーム世代にもピッタリ」
    https://natalie.mu/stage/news/266615

    流山児★事務所「オケハザマ」の公演が、昨日1月24日に東京のザ・スズナリにて開幕した。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦し、演出を流山児祥が担当する本作。大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲した桶狭間の戦いの前夜が描かれる。“オケハザマ”の予知夢に悩まされる義元は、戦いを避け続けるが、“運命の日”は近づいてくる。義元はついに桶狭間に軍を進めることになり……。

    流山児は本作について「歌・殺陣・踊り・映像という演劇の全てが詰まった戦国ミュージカルの誕生! 物語は戦国シュミレーションゲームの枠組みを借り、マンガから飛び出してきたようなキャラクターが跳梁跋扈します」とコメント。しりあがりは「テレビゲームや大河で散々の今川義元! それじゃいかん、と郷土の英雄、東海一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりました」と述べている。公演は2月4日まで。



    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈

    ▼流山児祥さんのFB
    https://www.facebook.com/show.ryuzanji

    ▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
    http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
    ▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
    ▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 23:14Comments(0)演劇
    今日はコレ!戦国ミュージカル!?(笑)



    午後は下北沢スズナリ劇場で演劇鑑賞かな?

    ≪出典≫ステージナタリー 2018年1月25日付
    しりあがり寿の戦国ミュージカル「オケハザマ」、流山児祥「ゲーム世代にもピッタリ」
    https://natalie.mu/stage/news/266615

    流山児★事務所「オケハザマ」の公演が、昨日1月24日に東京のザ・スズナリにて開幕した。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦し、演出を流山児祥が担当する本作。大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲した桶狭間の戦いの前夜が描かれる。“オケハザマ”の予知夢に悩まされる義元は、戦いを避け続けるが、“運命の日”は近づいてくる。義元はついに桶狭間に軍を進めることになり……。

    流山児は本作について「歌・殺陣・踊り・映像という演劇の全てが詰まった戦国ミュージカルの誕生! 物語は戦国シュミレーションゲームの枠組みを借り、マンガから飛び出してきたようなキャラクターが跳梁跋扈します」とコメント。しりあがりは「テレビゲームや大河で散々の今川義元! それじゃいかん、と郷土の英雄、東海一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりました」と述べている。公演は2月4日まで。



    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈

    ▼流山児祥さんのFB
    https://www.facebook.com/show.ryuzanji

    ▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
    http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
    ▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
    ▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 08:39Comments(0)演劇
    戦国ドタバタアングラミュージカル絶賛公演中!(笑)

    桶狭間の合戦で今川義元が信長に討たれるまでは浜松も今川領ですし、家康だって今川勢だったわけなので(どんなわけだよ)、浜松っ子のアチキとしても24日から東京・下北沢で公演中の『オケハザマ』に馳せ参じなくてはいけないような気分なので、明日はお芝居見物に出かけちゃうのだな(笑)。



    ≪出典≫ステージナタリー 2018年1月25日付
    しりあがり寿の戦国ミュージカル「オケハザマ」、流山児祥「ゲーム世代にもピッタリ」
    https://natalie.mu/stage/news/266615

    流山児★事務所「オケハザマ」の公演が、昨日1月24日に東京のザ・スズナリにて開幕した。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦し、演出を流山児祥が担当する本作。大軍を率いて尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲した桶狭間の戦いの前夜が描かれる。“オケハザマ”の予知夢に悩まされる義元は、戦いを避け続けるが、“運命の日”は近づいてくる。義元はついに桶狭間に軍を進めることになり……。

    流山児は本作について「歌・殺陣・踊り・映像という演劇の全てが詰まった戦国ミュージカルの誕生! 物語は戦国シュミレーションゲームの枠組みを借り、マンガから飛び出してきたようなキャラクターが跳梁跋扈します」とコメント。しりあがりは「テレビゲームや大河で散々の今川義元! それじゃいかん、と郷土の英雄、東海一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりました」と述べている。公演は2月4日まで。





    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈

    ▼流山児祥さんのFB
    https://www.facebook.com/show.ryuzanji

    ▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
    http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
    ▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
    ▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 01:21Comments(0)演劇
    今川義元生誕500年ってことで?



    明日の休日は予約チケットを握りしめて下北沢へブラッと観劇にお出かけなり。
    とにかく「テレビゲームや大河で散々の今川義元!それじゃいかん、と郷土の英雄、海道一の弓取り、天下に一番近かった男をカッコよく見直そうとがんばりましたが、そこはやっぱりデタラメでちょっぴろ情けないミュージカルだかオペラだか現代の私たちの忸怩たるって言うんですか、そういうものになってしまいそうです。楽しみにしてください!」(しりあがり寿)の評ではありませんが、とかく大河ドラマでもなんでも今川義元の評価って可哀想なくらいに低いよね(笑)。

    そんな今川義元事公が夜ごと桶狭間の予知夢に悩まされていたとしたとしたら?
    そんなシュールで笑える設定のお芝居が面白くないわけない気がしてチケット予約をしちゃいました(笑)。
    きっと、しりあがり寿さんの作品の世界から飛び出してきたようなキャラ総出演のドタバタ集団音楽劇になりそうですもんね。これは楽しみ。
    演劇集団「風煉ダンス」の座付作家の林周一さんたちも客演で加わっておるしね。これもまたひとつの楽しみ。

    マンガ家のしりあがり寿さんの劇作家デビュー作になるそうですが、しりあがりさんといえば朝日新聞夕刊に連載されていた4コマ漫画『地球防衛家のヒトビト』を思い出す方もいるでしょうし、僕などは原発事故も含めた東日本大震災をテーマにした『あの日からのマンガ』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)を思い出します。
    ちなみに、しりあがり寿さんが静岡県出身の方とは初めて知りました(笑)。
    「福島クダラナ庄助祭り」のことが頭に浮かんだので、てっきり福島の人だとばかり勘違いしていました。失礼しました。



    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈


    ▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
    http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
    ▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
    ▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 15:44Comments(0)演劇
    もう始まってますよ♪



    明後日、日曜のチケットが取れたので今週の行楽はコレだな♪
    楽屋に浜松銘菓「あげ潮」でも届けるべく準備をしようっと。

    もしも今川義元が夜ごと桶狭間の予知夢に悩まされていたとしたら?
    そんなシュールで笑える設定のお芝居が面白くないわけない気がしてチケット予約を昨年末にバタバタとしちゃいました(笑)。
    きっと、しりあがり寿さんの作品の世界から飛び出してきたようなキャラ総出演のドタバタ集団音楽劇になりそうですもんね。これは楽しみ。

    マンガ家のしりあがり寿さんの劇作家デビュー作になるそうですが、しりあがりさんといえば朝日新聞夕刊に連載されていた4コマ漫画『地球防衛家のヒトビト』を思い出す方もいるでしょうし、僕などは原発事故も含めた東日本大震災をテーマにした『あの日からのマンガ』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)を思い出します。
    ちなみに、しりあがり寿さんが静岡県出身の方とは初めて知りました(笑)。
    「福島クダラナ庄助祭り」のことが頭に浮かんだので、てっきり福島の人だとばかり勘違いしていました。失礼しました。

    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈


    ▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
    http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
    ▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
    ▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 21:47Comments(0)演劇

    2018年01月12日

    今月の楽しみ♪

    今月の楽しみ♪

    もしも今川義元が夜な夜な桶狭間の予知夢に悩まされていたとしたら?
    そんなシュールな笑える設定のお芝居が面白くないわけない気がしてチケット予約を昨年末にバタバタとしちゃいました(笑)。
    きっと、しりあがり寿さんの作品の世界から飛び出してきたようなキャラ総出演のドタバタ集団音楽劇になりそうですもんね。これは楽しみ。

    マンガ家のしりあがり寿さんの劇作家デビュー作になるそうですが、しりあがりさんといえば朝日新聞夕刊に連載されていた4コマ漫画『地球防衛家のヒトビト』を思い出す方もいるでしょうし、僕などは原発事故も含めた東日本大震災をテーマにした『あの日からのマンガ』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)を思い出します。
    ちなみに、しりあがり寿さんが静岡県出身の方とは初めて知りました(笑)。
    「福島クダラナ庄助祭り」のことが頭に浮かんだので、てっきり福島の人だとばかり勘違いしていました。失礼しました。



    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈


    ▼第15回 2011年文化庁メディア芸術祭マンガ部門受賞作品優秀賞 あの日からのマンガ
    http://archive.j-mediaarts.jp/festival/2011/manga/works/15m_Ano-hi_kara_no_Manga/
    ▼「あの日からのマンガ」 著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/201105000560/
    ▼「あの日からの憂鬱」著者 しりあがり寿 (角川書店ビームコミックス)
    https://www.kadokawa.co.jp/product/301412000335/
    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 21:01Comments(0)演劇
    もしも今川義元が桶狭間の予知夢に悩まされていたとしたら?(笑)

    そんな笑える設定のお芝居が面白くないわけない気がしてチケット予約を大晦日にしちゃいました(笑)。
    きっとマンガの世界から飛び出してきたようなキャラ総出演のドタバタ集団音楽劇になりそうですもんね。

    マンガ家のしりあがり寿さんの劇作家デビュー作になるそうですが、しりあがりさんといえば朝日新聞夕刊に連載されていた4コマ漫画『地球防衛家のヒトビト』を思い出す方もいるでしょうし、僕などは原発事故も含めた東日本大震災をテーマにした『あの日からのマンガ』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)を思い出します。
    ちなみに、しりあがり寿さんが静岡県出身の方とは初めて知りました(笑)。
    てっきり福島の人だとばかり勘違いしていました。



    ▼2018.1. オケハザマ
    http://music.geocities.jp/ryuzanji3/r-okehazama.html
    http://www.ryuzanji.com/

    今川義元は、天下取りに名を挙げた東海一の武将。しかし彼は未来の「オケハザマ」の予知夢に悩まされる。避けても避けても運命の日は近づき、そしてついに雨の中、尾張桶狭間に軍を進めるのであった。

    *****

    静岡県静岡市葵区出身のしりあがり寿が描く戦国時代劇。
    大軍を率い尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し義元を討ち取った有名な桶狭間の戦いの「前夜」。

    音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻!!

    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加!
    2018年の新春、
    出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    ▼しりあがり寿が脚本、流山児★事務所「オケハザマ」予知夢に悩む今川義元
    https://spice.eplus.jp/articles/153255


    ★流山児★事務所「オケハザマ」チラシ表
    流山児★事務所「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    マンガ家・しりあがり寿が本格的な劇作に初挑戦する本作。演出は流山児祥が担当し、脚本協力にはデス電所の竹内佑、演出協力には風煉ダンスの林周一が名を連ねた。
    “オケハザマ”の予知夢に悩まされる武将・今川義元を中心とした物語が展開。戦いを避けても避けても“運命の日”は近づき、義元はついに尾張桶狭間に軍を進めることになり……。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。またしりあがり寿の「真夜中の弥次さん喜多さん」舞台化を手がけ、流山児とも親交が深い少年王者舘の天野天街が、本作上演に向けてイラスト付き応援コメントを寄せている。
    チケットの販売は11月15日から開始。1月30日19:00開演回には、しりあがりと流山児によるアフタートークが実施される。
    ※流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣! 芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻「オケハザマ」。
    山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    舞台「オケハザマ」
    日程:2018年1月24日(水)~2月4日(日)
    会場:下北沢 ザ・スズナリ (東京都世田谷区北沢1-45-15)
    http://www.honda-geki.com/suzunari2.html

    ▼しりあがり寿が劇作家デビュー、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」来年1月
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000024-nataliec-ent

    しりあがり寿が書き下ろした、流山児★事務所の舞台「オケハザマ」が、2018年1月24日から2月4日まで東京のザ・スズナリにて上演される。
    しりあがりが本格的な劇作に初挑戦する本作。脚本協力を竹内佑(デス電所)、演出を流山児祥、演出協力を林周一(風煉ダンス)が努め、しりあがりの故郷・静岡の武将今川義元を題材に、人の葛藤や歴史の皮肉を描くという。流山児は「しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています」とコメントしている。

    チケットは11月15日より販売開始。なお1月30日19時開演回の終演後には、しりあがりと流山児が登壇するアフタートークが実施される。

    流山児祥コメント
    しりあがり寿さんの、本格的「劇作家」デビュー作品です。
    「台本書き下してくださいよ」と口説き続けて十年、やっと実現する。わくわくしています。打ち合わせの中で、しりあがりさんの故郷の武将・今川義元の本当の姿を描きたいという。桶狭間の戦いの前夜の物語、「それ、オモシロい、それやりましょうよ!」と、いうことに。
    しりあがりさんの描くマンガから抜け出てきたようなキャラクターを、跳梁跋扈する戦国集団音楽劇にしようと思っています。音楽・映像・ダンス・大殺陣!芝居のすべてが詰まった総天然色の戦国絵巻『オケハザマ』山像かおりさん、風煉ダンスの林周一さんらが流山児★事務所に初参加、これも嬉しい限り。
    2018年の新春。出演者スタッフ一同、下北沢ザ・スズナリで、賑々しくお待ちしています。

    作:しりあがり寿
    脚本協力:竹内佑(デス電所)
    演出:流山児祥
    演出協力:林周一(風煉ダンス)
    音楽:坂本弘道
    振付:北村真実
    擬闘:栗原直樹
    美術:水谷雄司+小林岳郎
    照明:沖野隆一
    音響:島猛
    衣裳:竹内陽子
    映像:浜嶋将裕
    演出助手:小形知巳

    出演:塩野谷正幸、伊藤弘子、山像かおり、井村タカオ(オペラシアターこんにゃく座)、成田浬、林周一(風煉ダンス)
    上田和弘、谷宗和、甲津拓平、小林七緒、里美和彦、勝俣美秋(劇団わらく)、水谷悟(WGK)、眞藤ヒロシ
    柏倉太郎、平野直美、坂井香奈美、武田智弘、堀井政宏(風煉ダンス)、外波山流太(風煉ダンス)
    山下直哉、荒木理恵,山丸りな、五島三四郎、佐原由美、森諒介、星美咲、竹本優希、橋口佳奈

    ▼福島クダラナ庄助祭り
    https://www.facebook.com/kudarana.info
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 00:59Comments(0)演劇


    5月~6月の東京・福島・山形の3都市公演『まつろわぬ民2017』の前段階が、このトーク&ライヴイベントって位置づけなんですが、とにかくパネラーの顔ぶれが凄いというか豪華の一点(^^♪
    わかる方にはわかりますよね?



    ▼トーク&ライブ『まつろわぬ民とは誰か?』
    https://furendance.wixsite.com/matsurowanu2017/blank-3

    【出演】白崎映美(歌手) / 木村友祐(作家) / ますむらひろし(漫画家) / 赤坂憲雄(民俗学、日本文化論) / 平井玄(批評家) / 林周一(風煉ダンス主宰、劇作家・演出家・俳優) / 企画・進行:斎藤 朋(マルメロ)
    【ミニライブ】白崎映美(Vo) / 西村直樹(Ba) / 岡田修(津軽三味線)
    【朗読】木村友祐(朗読)+岡田修
    会場:[東中野]ポレポレ坐 http://za.polepoletimes.jp/
    東京都中野区東中野4丁目4-1 1F  03-3227-1445

    日時: 4月16日(日) 開場15:30 / 開演16:00
    料金:[一般]前売2,500円 / 当日2,800円
    [学生]前売2,000円 / 当日2,200円
    問・予約:
    ◆マルメロ TEL.03-5627-7583 marmeloyama@gmail.com
    ◆風煉ダンス TEL.080-3939-2020 furendance@gmail.com
    ※メール予約のお客様は・・・件名: 4/16チケット予約、本文: 4/16-ポレポレ坐、お名前、枚数、電話番号をお書き添え下さい。
    ~そもそも“まつろわぬ民”とは歴史的に、また2017年現在の日本、世界でどういう存在であるのか?
    ▶本・歌・劇の当事者たちに東北学の泰斗、批評家が加わり、“まつろわぬ民”をめぐってその存在の深層、可能性について思い思いに語り合う。
    ▶朗読×津軽三味線、「東6」トリオのミニライブもお楽しみに。



    ▼風煉ダンス公演「まつろわぬ民2017」 予告編
    https://www.youtube.com/watch?v=ib6Njrg-UvQ&feature=youtu.be



    ▼風煉ダンス公演「まつろわぬ民2017」 特設ホームページ
    https://furendance.wixsite.com/matsurowanu2017

    ▼朝日新聞2017年4月10日
    (まづろわぬ人をたどって:1)きゃしゃで色白、「鬼」になる
    http://www.asahi.com/articles/DA3S12885047.html
    ▼朝日新聞2017年4月11日
    (まづろわぬ人をたどって:2)庄内弁で叫んでこそロックだ
    http://www.asahi.com/articles/DA3S12886824.html
    ▼朝日新聞 2017年4月12日
    (まづろわぬ人をたどって:3)震災後の能舞台、体が動かない
    http://www.asahi.com/articles/DA3S12888624.html
    ▼朝日新聞 2017年4月13日
    (まづろわぬ人をたどって:4)「無言の民」、今こそ叫ぶ
    http://www.asahi.com/articles/DA3S12890323.html
    ▼朝日新聞 2017年4月14日
    (まづろわぬ人をたどって:5)よみがえった酒田大火の記憶
    http://www.asahi.com/articles/DA3S12892131.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼演劇集団 風煉ダンス公演『まつろわぬ民2017』(座・高円寺 春の劇場06)

    棄てられたことば
    置き去りのきのう
    見えないきみの声が聞こえる
    忘れていた歌をまたうたおう
    まつろわぬものの歌を

    時を超えたまつろわぬ民たちの“血煙を上げる詩情”
    「まつろわぬ民」とは、“あらがい迎合しない者”。
    舞台は、一軒のゴミ屋敷。行政によるゴミの撤去が行われようとした
    その時、屋敷に住む老婆に誘われゴミたちの百鬼夜行が始まった。
    果たして老婆の正体とは!?
    この作品は主演の歌姫・白崎映美(「上々颱風」「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」の歌「まづろわぬ民」から想を得て2014年に初演。忘れ去られる者、虐げられながらも闘い続けている者に思いを寄せ、古代と現代を大胆に往還する大スペクタクル。
    圧倒的な美術・空間表現、血肉沸き踊る生演奏と踊りに魂を震わせる白崎映美の歌。
    伊藤ヨタロウらの新キャスト、新演出で、初演をしのぐ音楽劇として
    不屈の民のマグマを爆発させる。

    【期間】2017年5月26日(金)~6月4日(日)
    【会場】座・高円寺1(杉並区高円寺北2-1-2)  http://stage.corich.jp/theater/1602
    【CAST】
    白崎映美 伊藤ヨタロウ
    反町鬼郎 リアルマッスル泉 春田奨 吉田佳世 吉成淳一 河内哲二郎 飯塚勝之
    御所園幸枝 笹木潤子 堀井政宏 山内一生 柿澤あゆみ 園田シンジ 塚田次実
    横山展子 内田晴子 外波山流太 サモ★ハン  林周一

    【公演スケジュール】
    5月26日(金)19:00
    5月27日(土)14:00★/19:00
    5月28日(日)14:00
    5月29日(月)19:00
    5月30日 休演
    5月31日(水)19:00
    6月 1日(木)14:00★/19:00
    6月 2日(金)19:00
    6月 3日(土)14:00★/19:00
    6月 4日(日)14:00
    開場は各30分前。受付開始は60分前から。
    ★=託児サービスあり

    【上演時間】 約2時間0分(休憩なし)を予定

    【チケット料金】
    (前売・当日共) 一般 4,000円 学生 3,000円 高校生以下 2,000円
    初日割引(5/26) 一般 3,500円 学生 2,500円 高校生以下 1,500円 
    *全席自由・入場は当日受付順
    チケット予約
    ◯風煉ダンス 080-3939-2020 furendance@gmail.com」
    ◯CoRich舞台芸術 http://ticket.corich.jp/apply/81376/
    ○マルメロ marmeloyama@gmail.com
    ○座・高円寺チケットボックス(月曜定休) 
    TEL 03-3223-7300(10:00~18:00)
    窓口(10:00~19:00) http://za-koenji.jp/(無休24H受付)  
    ※学割チケットはチケットボックスでは取り扱いません。
    *座・高円寺の劇場回数券「なみちけ」もご利用いただけます。
    一般用12,000円/1シート(3,000円×4枚)、
    学生及びシルバー用10,000円/1シート(2,500円×4枚)。
    詳細は座・高円寺チケットボックスまで。
    ◎以下のサービスは劇場で承ります。
    お申込・お問い合せは座・高円寺チケットボックスTEL03-3223-7300まで。
    *車椅子スペースをご利用の方は、前日までにお申し込みください(定員あり)。
    *障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り1割引きになります。
    *託児サービス(定員あり・対象年齢1歳~未就学児・1週間前までに要予約)料金:1,000円
    【お問い合わせ】
    風煉(ふうれん)ダンス 080-3939-2020 furendance@gmail.com

    【STAFF】
    作・演出:林周一 音楽・演奏:辰巳小五郎 関根真理 ファン・テイル
    美術:笠原真志、深川信也、後藤淳一、南波瑞樹 衣装:仲村祐妃子
    振付:坂東冨起子 殺陣:都築星耶 照明:辻井太郎 照明操作:前田さやか 

    音響:島猛 舞台監督:後藤恭徳
    演出部:笹木潤子、外波山流太 
    美術協力:大友香織、畑中さおり、長谷川愛美、田村元、渡辺綾乃
    題字:青山健一 チラシデザイン:片山中藏 写真:村田善一(表面)
    山下恭弘(舞台) 添田康平(顔写真) 
    映像記録:矢ヶ部哲 HP・広報:御所園翔太
    制作:斎藤朋(マルメロ)櫻井拓見 豊田結
    主催:風煉ダンス 
    提携:NPO法人劇場創造ネットワーク / 座・高円寺 後援:杉並区 
    協力:たちかわ創造舎、カーニバルカンパニー、椿組、発見の会、niwa-coya、
    白崎映美&東北6県ろ~るショー!!、未来会議、小峰公子、マルメロ、ほか

    ◎ トーク&ライブ『まつろわぬ民とは誰か?』 
    4/16(日)15:30open/16:00start
     @東中野・ポレポレ坐  ミニライブ有り http://za.polepoletimes.jp/
    東京都中野区東中野4丁目4-1 1F  03-3227-1445
    出演:白崎映美、木村友祐(作家)、ますむらひろし(漫画家)、
    赤坂憲雄(民俗学、日本文化論)、平井玄(批評家)、林周一
    ミニライブ:白崎映美(Vo.) / 西村直樹(Ba.) / 岡田修(三味線)
    料金 一般2,500円(当日:2,800円) 学生 2,000円(当日:2,200円)
    ■予約:マルメロ tel 03-5627-7583  fax 03-5627-7584
            e-mail: marmeloyama@gmail.com

    ◎『まつろわぬ民』いわきアリオス公演 
    6/10(土)18:00開演・11(日)13:00開演
    問・予約 0246-22-5800(アリオスチケットセンター)

    ▼演劇集団『風煉ダンス』
    http://www.furen-dance.info/dorro2015/doro_top.html
    ▼Facebook 風煉ダンス
    https://www.facebook.com/furendance

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    ▼フォトエッセイ「鬼うたひ」白崎映美著:亜紀書房
    http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=756


    ▼「イサの氾濫」木村友祐著:未來社
    http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624601195
    ▼CD 白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ『まづろわぬ民』
    http://www.galabox.jp/product/379
    ▼白崎映美インフォメーション
    https://emishirasaki.themedia.jp/
    ▼白崎映美&東北6県ろーるショー FB
    https://www.facebook.com/tohogu6/
    ▼FB白崎映美 https://www.facebook.com/emishirasaki?fref=ts
    ▼FB白崎映美FC https://www.facebook.com/emisirasaki/?fref=ts

    ▼白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ 1st Album『まづろわぬ民』リリース!!
    https://www.youtube.com/watch?v=2aOmIdOm-74
    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!! 「まづろわぬ民 」歌詞付
    https://www.youtube.com/watch?v=9Tu3R3uwPRE
    ▼白崎 映美&東北6県ろ~るショー!!「実録!!夏のぜんぶのせフェスティバル -渋谷 2015-」 -Trailer-
    https://www.youtube.com/watch?v=WdQtngUI7ws

    ▼出典:朝日新聞 書評 2016年09月18日
    著者に会いたい 鬼うたひ 白崎映美さん
    http://book.asahi.com/reviews/column/2016091800016.html

    ■東北さ、いい事どんと来い!

     活動を休止中の老舗バンド「上々颱風(シャンシャンタイフーン)」の歌姫の一人、白崎映美さんが5年前の東日本大震災と原発事故を機に、東北愛を全開させている。
     自身、山形県酒田市出身。バンド「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」をつくって作詞作曲も手がけ「オラ方(がた)の先祖は まづろわぬ民だ」と奇抜な衣装をまとい、歌う。芝居にも参加。災害を「無(ね)かった事(ごど)にはさせねえぞ!」とすごむ主演女優も張った。
     かつて遠ざけた東北。なぜのめり込んだのか。きっかけは、震災の年の暮れに本紙文芸時評欄に載った、青森出身の木村友祐氏の小説「イサの氾濫(はんらん)」の評だった。図書館で作品を読み、コピーして友人に「見せまくった」という。
     「共感しました。そこには東北コンプレックスの根拠やまつろわぬ民のいわれなど、震災後の私のもやもやした思いが全部書かれていて」。行動原理ができたのか、宣戦布告するごとく、白崎さんは一から一人で動き始めた。
     初の自伝的エッセー集となる本書には、そんな近年の行動や、大火で焼け出されながらもロックスターを夢見た少女時代、人種も年齢も性別も超えて笑顔を届けた上々時代の活動など、全編「濁点の多い」庄内弁で書かれている。それは「東北に初めて誇りがもてた」証しなのか。読みだせば、飾らない人間くささにひかれ、「オラ、ちょっと訛(なま)ってますが、わりにいいヤヅです」に納得してしまう。
     「私は死ぬまで大きな声で叫ぶのだ。これからも痛い思いを知っている人たち、声の小さい人たちと連帯していきたい」。10月16日に東京・練馬で公演する。記憶を風化させぬよう、「東北さ、いい事(ごど)どんと来い!」と叫ぶつもりだ。
        ◇
    亜紀書房・2700円

    ▼出典:東京新聞【土曜訪問】 2016年12月3日付
    いいこと来い、歌うど 東北のじっちゃん、ばっちゃんのために 白崎映美さん(歌手)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/doyou/CK2016120302000234.html

     「有名になりたいなあ、と初めて思います。東北のじっちゃん、ばっちゃんが『誰か知らないけど、有名な人が来てくれた』と、行けば喜んでくれるような。実際、私なんかが東北に歌いに行くより、AKBが行った方が喜ばれますもん」
     ロックバンド「上々颱風」(シャンシャンタイフーン)のメンバーといえば、思い当たる人もいるだろう。その歌姫の一人だった白崎映美(しらさきえみ)さんはいま、別のバンドで歌っている。その名は「東北6県ろ~るショー!!」。東日本大震災の二年後、北の同胞を捨て置けない一心で、東北ゆかりのミュージシャンら十数人に声をかけて結成した。「夢は福島の仮設住宅の前から中継で紅白歌合戦に出ることです」
     山形県酒田市で高校卒業まで育った。酒田大火(一九七六年十月)は中学三年の時。強風にあおられて二二・五ヘクタールもの市街地を焼き、三千人を超える被災者が出た。家族は無事だったが、白崎さんも大きな食堂だった家を失った。「酒田大火を私は一生忘れないけど、世の中はあっという間に忘れてしまった。残ったのは当事者の苦しみだけ」。大火後、音楽をひたすら聴いた。「爆音でかけたローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリン、パンタ&ハルなんかのレコードに合わせて大声で歌った。そうしているときだけ、つらいことを一瞬忘れられた」
     大火に照らせば、震災に泣く東北のじっちゃん、ばっちゃんが想像できた。全然そうじゃないはずなのに「大丈夫です」と答える東北人の姿に震災直後、東京のテレビの前で泣いた。
     「きょうも一人で仮設住宅でごはんを食べている人がいる。多くの人が関係を引き裂かれ、ずっと先まで苦しみを抱えなくてはならない。私に何ができるのか。直接その人たちの幸せに結び付くかは分からないけれど、いいこといっぱい来い、と祈ることはできる」
     二〇一四年に第一弾CD『まづろわぬ民』を発表。白崎さんは濁音の多い地の言葉全開で東北応援の自作曲を歌った。<夢でら希望を叫んだば/誰ががバーカて指さした/あれなばバガだど笑わっだ/笑わっだたってオラ言うぞ/東北父ちゃん(母ちゃん)さ いい事来ーい>
     CDは青森県八戸市出身の作家、木村友祐(ゆうすけ)さんが自作『イサの氾濫』の一節を朗読して幕を閉じる。蝦夷(えみし)とさげすまれつつ都に抵抗した強い民の末裔(まつえい)は誰だ。小説は問う。<暗くて寒くて貧しいど思われながら、自分だぢもそう思いながら、黙々(もぐもぐ)と暮らしてきたべ><その重い口(くぢ)を開いでもいいんでねぇが。叫(さが)んでもいいんでねぇが>と。
     白崎さんは震災の年の十二月に発表されたこの小説を新聞で知り、東北人の決起する姿に揺さぶられた。今年三月の単行本化(未来社)では、帯に<血が騒ぎ、肉躍り、細胞興奮逆流し、泣ぎながらオラは立ぢ上がって叫んでいだ。んでオラは今のバンドつぐったんだぜ>と一文を寄せた。
     七月には白崎さんの初のフォトエッセー集『鬼うたひ』(亜紀書房)が出た。大火も音楽も、これまでの歩みを語り、その中で木村さんとも対談した。
     ファンからすれば、惜しまれるのは活動三十年の「上々颱風」の休止だ。ロックも歌謡曲も民謡も何でもござれ、アジアの旋律を伸びやかに奏でた祝祭感が懐かしい。「紅龍(こうりゅう)(リーダー)が『誰も仲間外れにならない音楽をやろう』と作ったのが上々。私が隠したいと思っていた方言を『その方言こそかっこいいんじゃん、映美ちゃん』と言ってくれたのは上々のメンバーだった」。ルーツを意識し自分とは何かを問いつつ歌ったバンドを離れ、「五十歳にもなって初めて社会に出たような感じ。それまでは守られて、ただ歌っていればよかった」と心細いことを言う。
     新バンドでは鬼に化身し、血のような、なまはげ風の衣装で演奏を引っ張る。「もじもじで、内向的で、声の上げにくい人たち、声の小さい人たち、声の届きにくい人たちと一緒に、小さいながらもやっていきたい。日常に戻ると私もその一人という気持ちです」
     この鬼ときたら、えらく人懐こく、飲み助で、時に寂しそう。まなざしは慈母のようだ。 (三田村泰和)
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 08:32Comments(0)演劇