たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


雨も上がったので・・・。



祝日とはいえ仕事はあるので、編集部に会議で上がる前に近所の石神井のGパン屋でバイク用の防風ジーンズを女房と物色。
「2本目は半額」という誘い文句に思わず釣られる愚かな私たち(笑)。
でもエドウィンのワイルドファイヤーシリーズにスリムなラインが今年から加わっていたのはラッキーだったな。

確か、このチェーン店のGパン屋は浜松にもあった気がします。
思ったよりはワイルドファイヤーが安く手に入ったので今日はご満悦♪(笑)

▼マックハウス https://www.mac-house.co.jp/
▼エドウィン ワイルドファイヤ
http://edwin-ec.jp/disp/CSfDispListPage_001.jsp?&brandCd=101&cateCd=001&dispNo=001001007018&sort=01
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 14:56Comments(0)日常

    2017年11月23日

    1000円の誘惑?

    1000円の誘惑?



    コンビニで売ってた自転車用の防寒グローブですが、これってバイク(オートバイ)用にも、もしかして流用しても、そこそこイケる気がしました(笑)。
    1000円でも、このワンシーズンくらいイケるんとちゃうか?(笑)
    オートバイ専用品じゃなくても、流用できる物は流用すべきだし、昔はお金もないし、バイク用品も今ほど充実していなかったから、米軍の放出品やアウトドア系で使えそうなグッズはバイク用に流用するのが普通だったんだよね。

    これからの季節はバイク乗りには堪えます。
    身体や足は下に重ね着すればどうにか寒さも凌げるけれど、どうにも指先と爪先の冷たさには涙が出ます。
    だから信号待ちでは両手をエンジンヘッドに押し当てたり、高速走行中は片手運転でせめて左手だけはエンジンヘッドで温めたりして、ヒィヒィ言いながらもそれでも走るのです。
    まぁ、好きで乗っているんだから嘆いても文句こいてもしょうがないよね。
    冬の雨など、濡れたグローブからはヘッドの熱で湯気が出ます(笑)。
    エンジンヘッドが「チンチン」(静岡県浜松地方の遠州弁では、焼けて熱いことの意味っす)の時は、濡れたグローブを押し当てると「ジュッ!」って感じで半ば鉄板焼き状態(笑)。

    ちなみに我が故郷ではオートバイのことを昔は「ポンポン」と呼んでいました(笑)。
    「いかいポンポンのエンジンがチンチンで、いごかんくなってさぁ~、アッコのクロに置いてきただに」は、浜松的には「大きなオートバイのエンジンが焼けて熱ダレして、動かなくなってしまったので(仕方がないので)、あそこの隅の方に放置してきたんだよね」くらいの意味です。
    つまり、「いかい」=「大きい」、「いごかん」=「動かない」の意です。
    「ちゃんと、いごくだか?」は、「(それ)、まともに動くの?」です。
    まぁ、高校卒業以来、40年近く古里を離れての都会暮らしの身なので、僕の遠州弁はかなり怪しいんですけどね(笑)。

    脱線を戻すと、
    当然、グローブも革じゃないと熱で傷みます。それに濡れたグローブを少しでも乾かせるのも好きなのです。
    でも指先の痛さに比べたら所詮グローブなんて消耗品ですから背に腹は代えられません。

    冬用のバイクグローブはありますが、あの厚みがどうにも細かい操作に難をきたして昔っから敬遠しています。
    落ちた百円玉くらいはせめて拾えるくらいの指先の細やかさがないとね。
    勢い、年がら年中、革1枚のグローブで通すことになります。
    薄手のインナーグローブで二枚重ねという方法もあるんですが、どうも二枚重ねは装着感がしっくりこなくてこれも敬遠する時の方が多いんだよね。

    う~ん、早くコンビニ1000円手袋をバイクで試してみたい。
    ついでに夏の雨用に昔から使っていたウエットスーツ地のグローブも冬用としても試してみたい。

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 03:44Comments(0)日常

    2017年11月23日

    玄関に猫!?

    玄関に猫!?



    女房が玄関のフロアーマットを交換したらしく、帰宅したら猫がいた♪(笑)
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 02:36Comments(0)日常
    コマさんたちと往く神社旅?(笑)



    コマじろう「兄(あに)さん、ここは何処ズラ」
    コマさん「群馬の榛名神社ズラ」
    コマじろう「さっき、榛名湖の辺りで霧の中でなんも見えなくなって迷子になると思ったズラよ」
    コマさん「あの状況では迷子というより事故を心配するのが普通ズラ。ここに上って来る途中で雲海も見たずら。もんげ~綺麗だったズラ」
    コマじろう「おむすび食べている時に山の斜面でパキッと音がして大きな木の枝が落ちてきた時は熊でも出たかとえれぇ驚いたズラ」
    コマさん「ありゃあ、木の枝が折れて落ちてきただけズラ。風もないのに不思議な話ズラ」
    コマじろう「お味噌汁の匂いに釣られて熊が寄ってきたかと思って腰を抜かしたズラよ」
    コマさん「妖怪が熊を怖がってどうするズラよ」
    コマじろう「そんなことより、さっきから参道を行き交う人の視線が気になるズラ」
    コマさん「雨の中を大の大人が何をバカなことをしているのかと笑ってるだけズラ」
    コマじろう「でも、お孫さん連れのおばあちゃんにはウケてたズラ」
    コマさん「心が子供のようにピュアな人や遊び心のわかる人にはわかるはずなり」
    コマじろう「兄さん、ところで何処まで上がれば拝殿に着くズラ」
    コマさん「あの岩山の辺りだら」
    コマじろう「もんげぇ~!!」























    特に信心深いとかパワースポット巡りに興味があるわけではないのですが、都会の喧騒を離れて時に自然の中に身を置くのは精神健康上からも良い気もして、「秩父三社」(秩父神社・三峯神社・寶登山神社)を先日クリアーしたので、今回は「上毛三社」(赤城神社・榛名神社・妙義神社)のひとつ榛名神社を目指してみました。
    私たちの寺社訪問は出かけたことのない土地を訪れる口実みたいなものです(笑)。

    とりあえず靄のかかった榛名山を望むトイレも併設された公共無料駐車場で朝ご飯♪持参したお弁当に、お湯を沸かしてコンビニで買ってきた味噌汁。食後はお湯もあるのでコーヒー♪
    ここのワカサギは一時期、福島原発事故の放射能汚染で汚染されて食べられなかった時期があったように思いましたが、舟を浮かべて釣りをしている方もいたので最近は持ち帰りも解禁になったのかなぁ。調べてみたら2015年夏に出荷自粛要請が解除されたようです。といっても基準値以下とはいってもしっかりセシウムを含むワカサギではあるらしいけどね。
    ガイガーカウンターで空間放射線量を簡易計測したけど、やっぱり東京よりはやや高い数値でした。あのレベル7の原発苛酷事故は僕らと地続きの現在進行形のものなのです。

    腹を満たしたので峠を下って榛名神社詣。
    チョコさんはこの神社は2回目らしい。
    まだ紅葉は殆ど無理でした(笑)。
    しかし、山岳信仰との関係もあるのか、拝殿までの距離と奥深い上りの参道と階段には運動不足の不健康な身には大変でした(笑)。おまけに雨も途中から本降りになってきて濡れネズミ状態(笑)。

    参拝の後は再び榛名湖に戻って、湖を半周して立ち寄り温泉へ。
    ここが最高だったのは穴場なのか、男風呂も女風呂も誰も浸かってなくて、湯船も貸し切り状態♪(笑)
    湖や山並みを眺めながらの湖畔の内風呂なのですが、誰もいないので窓を開けて冷気を呼び込むと、半ば露天風呂気分で長湯を楽しめました。
    お湯の色もちょっと緑色がかっていて源泉気分満喫。

    帰路は霧で一面ホワイトアウト状態で走行不能の中に突入したので、霧を避けて榛名神社から高崎方面に避難。高崎市内で寄りたいラーメン屋が一軒あったけど、着いたら定休日でした(笑)。まさかの大失態!(笑)

    今週の土日は天候も良さそうだからバイクで妙義山にでも向かおうと計画中ですが、問題は土日の仕事のことっす。先週も台風が迫る中でも土日返上仕事だったので、今週も無事に土日が休めるのか心配だなぁ~。

    ▼榛名神社 http://www.haruna.or.jp/
    ▼榛名湖
    http://harunavi.pya.jp/wp/%e6%a6%9b%e5%90%8d%e6%b9%96/
    ▼榛名湖温泉ゆうすげレークサイド
    http://www.yusuge.co.jp/lakeside/
    http://www.yusuge.co.jp/

    ▽妙義神社  http://myougi.jp/
    ▽赤城神社 http://akagijinja.jp/

    ▽秩父神社 http://www.chichibu-jinja.or.jp/
    ▽三峯神社 http://www.mitsuminejinja.or.jp/
    ▽宝登山神社 http://www.hodosan-jinja.or.jp/

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 06:05Comments(0)日常
    10年ぶりの機材更新♪(笑)



    僕はもしかすると職業的ライターの類ではあるのかも知れませんが、間違っても職業的カメラマンではないので、カメラは仕事にも毎日のように使うことはありますが、あくまでも写真は子供の頃からの趣味のひとつです。

    実は愛用のニコン一眼レフ『D300』も約10年前からこれまで計4台に“下駄”(バッテリーパックMB-D10)を噛ませて使ってきました
    今となっては見る影もない前世代のデジカメではありますが、旅行先などで趣味でスナップ写真を撮る分には充分ですし、発売当時の2007年にはこれでもニコンDXフォーマット(APS-C)のフラッグシップ機だったこともあり、操作性も含めてなかなかバランスの取れた名機というか愛着もあって酷使し続けてきました。
    しかし古い機種ですから、そろそろメーカーにも修理部品は無いという噂もあり、壊れたらお終いかなとは思っています。

    そんなわけで、今回、メイン機として1台スペックを上げた奴を調達しようと思い、幸いにも身の回りのゴロゴロいるプロカメラマンたちに片っ端から電話をしまくって「俺のD300も相当ガタがきてるんで、ちょっと1台買い足そうと思っているんだけど何がお薦め?この際、フルサイズのD750に思い切って行くという手もあると思うしさぁ。アレもそろそろ新機種が噂されているから底値を打っている気がするしね」とか相談しまくっていました。

    まぁ、プロカメラマンではないので画質をフルサイズのニコン・FXフォーマットの『D5』なんて超高級機にしなくても(そもそも価格帯的に手が出せません)、DXフォーマットの現行フラッグシップ機『D500』なら、暫く使い続けられるかなと判断しました。
    この『D500』ですが、発売が昨年(2016年)4月28日なのですが、実はこの日は僕の誕生日でもあったのです(笑)。誕生日に発売されたカメラなんてちょっと縁を感じます。
    スペック的にもプロ機『D5』の技術をフィードバックしているので、僕みたいな素人には猫に小判の性能を有していますが、仕事でもカメラを使用することを考えれば悪い話ではありません。プロの方でもサブ機や、他誌ではこれをメインにしているカメラマンもいると耳にしました(苦笑)。
    僕みたいなライターが持つカメラとしては最強クラスかもね。
    早速、大型バッテリー用の“下駄”(MB-D17)を噛ませてみたものの、肝心要のバッテリーチャージャーや蓋等は品薄状態でまだ入手出来ていません(笑)。

    何はともあれ“新しい武装”に期待大だな♪

    D300君は元々気に入っていたので、このまま稼働中の2台は残してD500をメインに据えて、D300はサブ機として壊れるまで使い続ける予定です。
    おっと、傷んだレンズ類も修理とメンテナンスが必要なんだよな。
    そういえばストロボも修理箇所があったっけ!
    今週、ニコンサービスが来たら相談してみようっと♪

    ▼ニコン D500
    http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d500/

    ▽ニコン D300
    http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d300/

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 15:24Comments(0)日常

    2017年10月23日

    武装改編♪

    武装改編♪



    職業的カメラマンではないので、プロ機と呼ばれるフルサイズのD5はスペック的に必要ないとも言えるし、そもそも高級機は価格帯的にも手が出せないこともあって、もう10年近くニコンD300を2台使い続けています。
    まぁ、このD300はプロ機から見たらフルサイズ(FX)ではないDXフォーマとなので厳密には画質はかなり劣るとはいえ、2007年暮れのデビュー時には趣味で使うカメラとしては必要にして充分過ぎる性能を持っていました。
    以来、仕事でも遊びでもガンガン使い倒してきたので、もうボディもボロボロ!(笑)

    愛着もあるけれど、とにかくプロのサブ機にも成れそうなくらいの性能的にも当時としてはバランスの良いカメラで、値段を考えればそこそこ優れた使いやすいカメラだったと思います。タフだしね。
    既に修理部品もメーカーから出そうになさそうな気もするので、壊れたら引退ですが、今後も2台とも使い続けていくつもりです。
    でも、今回思い切って1機だけD500を追加してみることにしました。
    これはD300と比べると雲泥の差のスペックなので、ちょっと楽しみです。
    マニュアルの厚さを見るだけでゾッとしますが・・・。

    ▼ニコン D500
    http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d500/
    ▽ニコン一眼レフカメラ D300
    http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d300/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 22:54Comments(0)日常

    2017年10月19日

    秩父三社クリアー♪

    またもアバウトな秩父行♪









    先週の土日は関東地方も雨模様だったので根が軟弱な私たちは秋のバイクショートツーリングはアッサリ諦めて車でドライブ(笑)。
    秩父で神社にお参りして、蕎麦でも食って、温泉に浸かってみたいなイージーなお出かけ。まぁ、金曜の仕事が深夜にまで及んでいたので早起きも出来ませんでしたしね(笑)。
    秩父エリアは東京から至近なのに自然と歴史が豊かで観光資源に恵まれた場所なので何度訪問しても飽きないお気に入りの土地です。

    「秩父三社」と呼ばれる三峯神社と秩父神社には過去に寄ったことはあるので、今回は長瀞(ながとろ)エリアの宝登山神社へGO!
    例年なら紅葉シーズンに差し掛かる季節ですが、今年はまだまだの様子でした。
    拝殿のキンキンギラギラ感は奥秩父の三峯神社を思い出させてくれました。
    両者とも日本武尊(ヤマトタケル) の東征話の所縁はある様子でした。
    まぁ、1900年も前の「神話」の世界ですから(笑)。
    そんなことより拝殿横に三国志演義の「関羽と赤兎馬」の絵を見つけたことの方が、鉄馬を駆るバイク乗り的には嬉しかったりもしました(笑)。

    宝登山(ほどさん)の「ほど」って、「ほと」の音が訛った地名って可能性があるような気がしますよね。全国各地に「ほと」や「ほど」を冠した地名ってのもよくありますよね。
    ヤマトタケル伝承では、秩父・長瀞のこの地で火攻めに遭って、それを山犬か狼たちがくい止めたことで「火止山」(ほどさん)という名称になったってありましたが、「火門」も「火戸」といった「ほと」「ほど」は柳田民俗学では女性器を現すとか何処かで読んだ気がします。





    のんびりしたいので、奥長瀞渓谷の立ち寄り温泉「満願の湯」に行ったのですが、露店風呂から滝が見える風情は良いとしても、1Fの休憩室はのど自慢の方々が入れ替わりでカラオケ中で、とてもゆっくり食事を出来る気分ではないので早々に立ち去って秩父駅方面へ移動。
    秩父エリアの温泉って、これまで「星音の湯」を皮切りに、「大滝温泉・遊湯館」「武甲温泉」「梵の湯」とか施設によっては複数回訪れていたり、秩父からの復路で飯能や小川町の温泉にも寄った気がするのでかなり頑張って回っている気がします(笑)。







    秩父駅近くに到着したのが午後3時頃で、路地裏の蕎麦屋に寄ったら既に蕎麦は売り切れていたので諦めたものの、別の蕎麦屋も休憩時間なのか暖簾がかかっていなかったので、面倒臭くなって道の駅・ちちぶの食堂でセット定食。
    食べ終わってから「横の立ち食いスタンド風の『秩父そばの会』の蕎麦が美味しいと誰か教えてくれた気がする」と思い出す始末。





    秩父に入る時も、帰り道でもチラッと目に入ったのはセメント工場と武甲山でした。生憎、天候も悪く、削り取られた石灰岩の山体のギザギザした姿は隠れてはいましたが、ここから採掘された石灰岩が精製されてセメントやコンクリートの原料として、関東大震災後の復興や、高度成長期の東京のビル群の礎となって経済を支えてきたのも事実です。
    石灰岩の山があるのも、ここが太古の時代は海の底であった証でもあります。
    プランクトンやサンゴの死骸が海底に沈殿堆積して、それが隆起したことになります。
    今、読んでいる秩父出身の美術批評家・椹木野衣の新刊『震美術論』の第7章≪転生する陸前高田と「秩父湾」≫にも、その成り立ちが触れられていました。しかし、秩父盆地を「秩父湾」と表現した女性カメラマンの個展の話には驚きました。現在の秩父盆地がかつては入江だったような話も何処かで読んだ気がします。でも、今は山間の秩父盆地を海と陸の接する湾として見立てた発想は新鮮というか刺激的な試みだと思いました。
    この章では、江戸時代から秩父地方を産業面から俯瞰した歴史も語られていて興味深く読ませていただきました。
    とにかく秩父は歴史ひとつとっても奥深いものがあって興味が尽きません(笑)。

    ▼宝登山(ほどさん)神社
    http://www.hodosan-jinja.or.jp/
    https://www.nagatoro.gr.jp/shisetsu/hodosan_jinja/
    http://秩父.1epi.info/post_23.html

    ▼満願の湯(秩父長瀞)
    http://www.chichibuonsen.co.jp/
    ▼わへいそば
    http://www.waheisoba.gr.jp/
    ▼道の駅ちちぶ
    http://www.michinoeki-network.jp/chichibu/index.html
    ▼『震美術論』椹木野衣 美術出版社
    http://www.bijutsu.press/books/2017/08/shinbijutsu.html

    第25回吉田秀和賞受賞『後美術論』に続く、新たな美術史を紡ぎ出す画期的美術評論

    自然災害による破壊と復興、そして反復と忘却を繰り返してきた日本列島という「悪い場所」において、はたして、西欧で生まれ発達した「美術」そのものが成り立つのかー。 東日本大震災をひとつのきっかけに、日本列島という地質学的条件のもとに、「日本列島の美術」をほかでもない足もとから捉え直すことで、「日本・列島・美術」における「震災画」の誕生、そして、そこで「美術」はいかにして可能となるのかを再考する画期的な試み。

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 12:14Comments(0)日常
    またもアバウトな秩父行♪





    土日は雨模様だったので軟弱な私たちはバイク旅は諦めて車でドライブ(笑)。
    秩父で神社にお参りして、蕎麦食って、温泉浸かってみたいなイージーなお出かけ。
    秩父エリアは東京から至近なのに観光資源は満載の自然と歴史が豊かなので何度訪問しても飽きないお気に入りの土地です。

    「秩父三社」と呼ばれる三峯神社と秩父神社には過去に寄ったことはあるので、今回は長瀞エリアの宝登山神社へGO!

    ▼宝登山神社(秩父)
    http://www.hodosan-jinja.or.jp/
    https://www.nagatoro.gr.jp/shisetsu/hodosan_jinja/
    http://秩父.1epi.info/post_23.html
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 12:30Comments(0)日常

    2017年09月19日

    冬が来る前に♪

    冬が来る前に♪



    去年まではユニクロの防寒ジーンズを愛用していましたが、街着としては問題ないもののバイク用と考えるとやや不安もあって、今年は試しに『EDWIN』の「WILD FIRE」シリーズのブラックジーンズをチョイス。

    と偉そうなことを言っていますが、単にセカンドラインの普及版がバイク用品ショップで安く売っていたので、ファーストラインと比べるとお手頃なその値段に釣られての試し買いなんだけどね(笑)。
    安物でも生地や縫製強度に問題はなさそうだからね。
    カドヤの革パンも部屋にあるんだけど、バイク用だから革も厚くて重いのが難点でね(笑)。

    ▼エドウィン ワイルドファイヤー
    http://edwin-ec.jp/disp/CSfDispListPage_001.jsp?&brandCd=101&cateCd=001&dispNo=001001007018
    ▼バイク用防寒ジーンズ
    http://mensbrand.rash.jp/bike-jeans/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 06:27Comments(0)日常
    「浜名湖フォークジャンボリー」ポスター発見♪











    東京・中野の商店街のサマーセールの抽選会で1等賞をゲットしての思いがけぬ故郷帰省となった「浜松・直虎探訪」招待旅行の初日は、朝8時に中野区役所横からバス2台で出発して、お昼ご飯は奥山方広寺の近くの「きじ亭」で釜飯等を頂きました♪
    そこの売店で古巣(?)の「浜名湖フォークジャンボリー」の今年のポスターを拝見。
    しっとりと落ち着いて小奇麗にまとめた感はあるけど、どうにも躍動感やパッションが写真からは感じられないのは僕の趣味やセンスではないかもなぁ~(笑)。

    それにしても、釜飯とうどんすきの肉は、ここが「きじ亭」だから、きっと雉の肉なんだろうけど、お店側の説明が一切ないので、皆で顔を見合わせて「これって、きっと鳥の雉のお肉なんだろうね」とヒソヒソいって食べていました。
    美味しいのは美味しいんだけどね。
    ちゃんと料理の説明をすれば、お客さんももっと美味しく食べられて満足度も上がると思うのにね。おもてなしの基本が出来ていないのとちゃうか?

    お昼ご飯の後はNHK大河『直虎』でも有名な龍潭寺訪問♪今回のメインディッシュ♪

    ▼きじ亭  http://kijitei.co.jp/
    ▼奥山方広寺http://www.houkouji.or.jp/
    ▼龍潭寺 http://www4.ocn.ne.jp/~ryotanji/

    ▼中野サンモール商店街振興組合
    http://www.heart-beat-nakano.com/street/48.html
    ▼中野ブロードウェイ
    http://www.nbw.jp/#!

    ▼浜名湖フォークジャンボリー
    http://hamanako-fj.com/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 00:01Comments(0)日常