たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市




多分、僕らは退屈している暇なんてないのさ。

これは恐らく片岡義男さんの小説『彼のオートバイ、彼女の島』の主題なんだろうと思います。

そもそもバイクさえ転がしていれば退屈なんてしなかったし、やっぱり退屈しないもんだよね(笑)。
10数年ぶりのリターン組なので今度は何時まで続けられるかわからないので偉そうなことは云えませんが、どうにもコイツは官能的で五感を刺激する乗り物であることは確かです。
エンジン暖気中に古(いにしえ)の原始の凶暴性が呼び起こされ、神経もクールにどんどん研ぎ澄まされていく気がします。
これほど頼もしい鼓動は、僕にとってはロックのビートの興奮とも違うけれど、どこか似たような感じも拭えません。

そんでもって走り出せば、暑いし、寒いし、濡れるし、時にヒヤッとさせるし、疲れるし、ケツは痛いし、高回転の振動で手も足もシビれるし、ヘルメットの重さと風圧で首や肩がこるし、4輪の快適さとは違っていますがそれもまた楽しいのです。俺はマゾ体質なのか?(笑)
でもやっぱり面白いのです。
何処までいっても極められない奥の深さと獲得できる世界の広さは承知なのでね。それは捨て難い魅力です。
リターンしてみると「乗らない理由が見つからない」有様ですかね。ははっ!

この齢となると、用事も無いのに意味なくバイクで走り回っていたような時間だけは無限のように流れていた20代の学生時代のようにはなかなかいかず、どうしてもサンデードライバーならぬサンデーライダーに成り下がってはいますが、それはそれで仕方のないことだと思います。

58にもなると、あと何年元気でこんなサイズのマシンに跨っていられるかを冷静に思うと少し哀しくなりますが、今は先のことなど何も考えないことにしています。再び身体がバイクを欲していると感じたのでリターンを決めた部分もあって、過去にも数年単位の短いブランクはありましたが、その時も周囲には「身体がバイクを求めていない」と偉そうなことを抜かしていました(笑)。
乗りたくない気分の時に無理に乗っても、それはどうも良いことがない気がしてね。
この歳になると、精神的な気合いも覚悟も体力も充実していないと、ブランクもあったので気軽に戻れる乗り物ではなかった気がします。

高速ツアラーとしても適していたフルカウルの前車GPZ900R Ninjaと乗り比べると、ZRX1200DAEGのお飾り程度のビキニカウルでは風圧をまともに喰らうので実はそこそこしんどいのですが、900NinjaよりはZRXは進化しただけ格段に扱いやすくなったのが救いかなぁ?(笑)

サングラスを外せば、ほら少しは悪党よりも善人っぽく見えるかなぁ?(笑)

無事是名馬也。
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 23:16Comments(0)バイク
    へその緒?





    黄色いワイヤーロックは降車時のヘルメット用です。
    今夏、那須の高原カフェでモーニング時にいつものようにヘルメットをタンクバッグとハンドル部分に挟むように置いて2時間程離れたら、誰かが触ってヘルメットを落としたらしく、帰ろうとしてバイクに戻るとシールドは外れて吹っ飛んでいるわ、帽体にキズはついているわで散々でした。
    その店が観光スポットの店でもあるので、どうもバイクの近くで記念写真とかを大騒ぎで撮ってる輩がやたらいたので、バイクに気がつかず身体が当たって落とされたような気がします。簡単に落ちるような置き方をしているつもりじゃないんですけどね。下手すれば、素人さんが勝手にバイクに跨ったりしていたのかもしれません。そこにバイクを置いたのも大混雑で駐車場も溢れていて、交通整理のお店のガードマンに指示されて置いたんですけどね。
    エンジンもマフラーもチンチンに焼けて、触れば火傷するようなバイクに近づく不用意さも犯人は素人臭い気がします。
    実際、バイクに戻った時も、俺のバイクの前で何名かが記念写真を撮ってハシャいていました。
    そのくせ、俺がバイクに戻った時は、その周辺で列を作ってお店に入る順番待ちをしていた数十人の客は一斉に恐怖におののくような表情とかバイク乗りに対するあからさまな嫌悪感や警戒心を一斉に浮かべたんですけどね(笑)。

    そんな失敗経験もあって、暫くバイクを離れる時は車体後部のシート下のヘルメットホルダーに通すのも面倒なので、30センチの短いワイヤーロックを買ってそこにヘルメットのDリングを通すことにしました。
    これなら悪戯も盗難も出来ないでしょうし、ついでにタンクバッグの脱落防止にもなるかも?(笑)

    ▼crops(クロップス) Q4・ユニーク
    http://jpn.crops-sports.com/product/locks/cp-spd07-sht/index.html
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 04:28Comments(0)バイク
    遂に「物臭(ものぐさ)レンズ」に走る(笑)。







    俗に「ものぐさレンズ」と称されるレンズがあります。
    1本のレンズで広角から望遠までをカバーするヤツです。
    しかもメーカー純正品だと高価なので、レンズ専門メーカーの「シグマ」や「トキナー」といった会社の中から今回は初めて「タムロン」レンズをチョイスしました。
    まぁ、大前提がバイクのタンクバッグに積んで走るんですから、苛酷な振動を与え続けるわけですから、高価なニコンのレンズではもったいない気もしたのです。

    純正品と比べると、レンズの「切れ」がもしかするとやや甘いのかもしれませんし、変な光が飛び込んだ時に差が出るのかもしれませんし、耐久性に難があるかもしれませんし、デザイン的にあまり高級感を感じられない部分もありますが、そこそこ安ければ、そういったウイークポイントも妥協の範囲なんでしょうしね。
    でも、家族旅行やバイクツーリング時のスナップ写真程度なら、このレンズ1本で事足りるってのは魅力です。実際、ファミリーユーザーには売れていると思うしね。

    ニコンD500をメインに据えたおかげで、予備に回したD300の1台の“下駄”(バッテリーパック)を外して軽量化して、そこにタムロンの16-
    300mmのF値3.5-6.3の「16-300mm F/3.5-6.3 Di Ⅱ VC PZD MACRO」というレンズを組んでみました。

    ニコンDXフォーマットでは単純に約24―450mmに相当しますから期待大です。なんといっても夢のような19倍近いズームは魅力です。
    多少のレンズの暗さなんて日中の旅先なら旧世代のD300でも充分過ぎるくらにカバーできるレベルです。
    果たして、バイクの高回転の振動に何時まで持つのやら・・・。

    ▼タムロン  http://www.tamron.co.jp/
    http://www.tamron.jp/product/lenses/b016.html

    ▽シグマ https://www.sigma-photo.co.jp/
    ▽トキナー http://www.tokina.co.jp/

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 17:14Comments(0)バイク
    鎧(よろい)と陣羽織(Gベスト)で自縛自重の4㎏!(笑)















    駒ヶ岳(?)を望む北杜市内の立ち寄り温泉の脱衣場の体重計に試しにカドヤ製の初期型EVO革ジャンを乗せてみたら4キログラムも目方がありました(笑)。
    バイク用ですから革が普通の革ジャンより厚いのは承知ですし、肩や肘部分に転倒時の保護パッドがあるので二重になっていて余計に重いし、とにかくコレを手に提げて持ち歩くとやたらズシッと重いし、こんなの着ていたら普通は肩が凝るわけで、肩が凝ったからといって温泉に浸かってこりを解消しても、また重い鎧を着て帰るので再び肩がこるわけで、何のための疲労回復の温泉なのか意味わかんないような悪循環を酔狂なバイク乗りは楽しんでいます(笑)。
    やっぱりバカとしか思えない種族ですな。あははっ♪
    まぁ、単純に4キロといっても着込めば身体全体に重さは分散して散るので、さほどの重さは感じないのは事実なんですけどね。

    歳をとると重い革ジャンより、最新素材で防水、防風、耐寒、通気性、耐摩耗性に優れた軽いバイクウェアを好む気持ちは身に沁みてわかります(笑)。

    一昨日の日曜は休みも取れたし天候も安定していたので中央高速で山梨県まで往復310キロちょいの“遠乗り”をしてきました。
    観光や買い物なんてまったく無しで、ただ意味なく走ってきただけですが、これはこれで気持ちがイイのです(笑)。
    やっぱり車でのドライヴとは景色の情報量や臨場感がバイクは違うんだろうな。ナビなんて文明の利器たる洒落たモノはバイクには積んでないので、例によって目的地近くで分岐を間違えたり、行き過ぎたりでご愛敬のUターン2回という不始末を連発。非難轟々のVTR女房!(笑)

    ▼山梨県 白州・尾白の森名水公園「べるが」 美白の湯
    http://www.verga.jp/
    ▼KADOYA https://ekadoya.com/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 23:20Comments(0)バイク

    2017年11月14日

    人相悪いよなぁ~♪

    人相悪いよなぁ~♪

    58歳の年寄りなので、眼の手術で裸眼視力で一応は免許証の視力検査はパスしたものの、老眼だし、直射日光だと「ひずるしい」(浜松弁で、眩しいの意)ので、運転時は偏光の眼鏡を使用している関係で、紫外線でサングラス状態になってやたらと人相が悪いらしい(笑)。

    しかし、こんな人相でも昨日はかなり煽られてました(笑)。
    制限速度で2台で安全の為に車間距離を置いて「千鳥走行」で中央道の左走行車線を流していたら、それをパイロンに見立てたのか、2台の間をスラロームで突然猛スピードで抜き去るホンダのCBのリッター級バイクがいたりとかさ。
    こいつはソロだったな。どうせ友達もいないロンリーな可哀想な野郎で、バイクを降りたら恐らく情けないくらいのダサい小心者のつまんねぇ野郎で、デカいバイクに乗ってることで自分が強くなったと勘違いしているバカだろうから相手しなかったけどね。

    昔なら追っかけていって「危ねぇだろ?」と泣くまで追いつめてやったのにね。そういう奴に限って、正統派気取りのホンダの純正ジャケットなんて着てるものなんだよな。

    かと思えば、行きの青梅街道でもわざとなのかバックミラースレスレに幅寄せして抜いていく軽トラック野郎もいたしな。250ccの女性ライダーと見て、仕掛けてきた節があるよな。軽トラごときがバイクから逃げられるとでも思っているのかね。案の定、先の信号で簡単に追いつくしね。昔なら相手のミラーを叩き折って、ドアに蹴り入れて、運転席から引きずり出すくらいのことはしたんだろうけど、最近は俺も大人しくなったものだ。
    今そんなことやったら暴力行為で捕まるのは俺だもんな(笑)。

    帰りは帰りで、渋滞しているのに女房と順番にスーパーカー(興味ないから車種知らないけど)に後ろベッタリつけられて、あまりにうざいので路側帯に逃げて前に出してあげて、その後ろについてやったけど、なんか排気ガスが臭くて臭くてというか目にツンとくるくらいな刺激臭でまいったな。
    渋滞路でバイクを煽って何が楽しいのかわかんない成金野郎だったな。

    こんな世相だと、次はバイク用の防水ドライヴレコーダーを前後につけて自己防衛しなきゃならんのかもね。

    あと、空気の読めないソロのゴールドウイングも1台いたな。
    こちらの千鳥走行に割り込んできて、横並びかけられると相手の車体がやたらデカいから威圧感もあって邪魔で邪魔で、先に行かそうと減速を何度くり返しても、その度に奴も何故か減速して、そのまま横に居座り続けやがって、「おっさん、邪魔だから先に行ってくれ」と殆ど怒鳴りつけそうになりました(笑)。
    ロンリーな奴って本当に何を考えててるのか理解に苦しむ時があるわ。やたら金かけてキンキンギラギラのホンダだったな。俺はお前のゴールドウイングになんて興味なんてこれっぽっちもないの!見せびらかしたかったのか?(笑)
    知り合いであるわけでもないのにな。

    ▼山梨県 白州・尾白の森名水公園「べるが」
    http://www.verga.jp/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 05:26Comments(0)バイク
    「紅葉狩り・濡れ落葉の山に・やや焦る」(字余り)





































    このところ、週末の土日はやたら天候も不安定で、本来であればバイクツーリングには適した季節なのに出かけるのをためらうばかりでストレスが充満(笑)。

    で、先日の3連休の土曜だけポッカリと休みが取れたので、早起きして上毛三社のひとつ、妙義神社に向けて1200DAEGとVTR250でGO!
    神社詣でといっても、大凡「建国神話」なんてお伽話にはあまり傾倒していない小生なので、あくまでツーリングの口実!(笑)
    そもそも「記紀神話」などは天皇制なり支配する側の正当性の担保の必要性に於いて後世に創られたものだと思うしね。
    まぁ、それでも境内の静謐な空気は都会の雑踏と比べると好きではありますが、あくまで僕の荒んだ精神のリフレッシュとしての森林浴みたいなものです。

    ビギナーの女房は自動二輪免許取得後1年は初心者運転期間なので軽微な違反も命とりなので、もっぱら高速道路でも制限速度遵守なので80~100キロ巡行が基本で、たまに追い越し時に120キロまで加速するくらいののんびりペース。

    上信越自動車道を碓氷軽井沢ICの手前の松井田妙義ICで下車して、近くの「道の駅みょうぎ」駐車場にすんなり到着。
    ここの風景にデジャブな気がしたのは、今年の夏(9月9日?)にテレビ東京の土曜スペシャルって番組で「秩父~長瀞~軽井沢を巡る 激走!150キロ 道の駅駅伝」というのがあって、猫ひろしがこの区間を走り立ち寄るシーンがあったせいでした(笑)。

    駐車場から見上げる妙義山の険しい岩山の姿はなかなか見応えがありました。
    どうも厳密には妙義山という山があるわけではなく、幾つかの山や峰を集めた総称らしいのも初めて知りました(笑)。

    その「道の駅」からも妙義神社の鳥居が見えるので、チョコチョコ歩いていったら、見上げるような石段に思わず参拝を躊躇したくなる始末(笑)。
    ヒイヒイ言いながら登ったら眺望は良かったけどね。

    駐車場から少し上ったところの立ち寄り温泉に入ったけれど、女湯の露天風呂からは妙義山の岩山が見えてロケーション的には大満足だったみたい。
    ランチも1000円以下の値段としては満足すべき内容でした。

    そのまま県道196号線(上毛三山パノラマ街道?)を下って中乃岳駐車場で休憩。
    この道は路面もかなり荒れていて、大きな縦割れのギャップもあって、前輪を取られて冷や汗ものでした。沢の水が流れていた山陰の路面には落ち葉も堆積していて滑らないように慎重に運転。
    雨もやや本降りになってきたものの合羽を羽織るのはやめて、そのまま下仁田町へ下って、下仁田ICから高速に上がって雨雲から逃げるようにひたすら南下して脱出。
    無事是名馬也。

    ▼妙義神社(群馬県富岡市) http://myougi.jp/
    ▼道の駅 妙義(みょうぎ物産センター)
    http://www.myogi-bc.jp/
    ▼妙義ふれあいパーク 妙義温泉「もみじの湯」
    http://www.tomioka-silk.jp/spot/sightseeing/detail/FureaiP-Momiji-no-yu.html
    ▼妙義山パノラマパーク
    http://www.tomioka-silk.jp/spot/sightseeing/detail/PanoramaPark.html
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 18:14Comments(0)バイク
    鹿、出た!(笑)



    紅葉シーズンの森の中で熊さんと遭遇したらがヤバい気がするけど、馬とか鹿というかトナカイさんならセーフでせう(笑)。
    ちなみに昨日は山梨県内まで弾丸温泉ツーリング?(笑)。
    一昨日はお台場海浜公園まで海を見に出かけたので、昨日は山!(笑)

    ▼山梨県 白州・尾白の森名水公園「べるが」
    http://www.verga.jp/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 05:41Comments(0)バイク

    2017年11月12日

    お散歩?

    お散歩?





    金曜が深夜にまで及ぶ仕事だったので、土曜は早起きも出来ず、午前中に観たいNHKの番組もあったので、なんとなく昼前になってからポカポカ陽気に誘われてVTR女房とお出かけ(^^♪
    といっても、つるべ落としの秋の陽なので遠出も躊躇われ、青山~六本木トンネルを抜けて、通称「貧乏ブリッジ」(レインボーブリッジの下の一般道)のループ橋を楽しみたくてお台場へ。
    ポケッ~と東京湾を暫く眺めて、お弁当を食べてコーヒーで一服して、再び「貧乏ブリッジ」を戻り、海岸通りから天王洲アイルをかすめて山手通りに出て、そのまま帰宅。
    年度末なのか最近都内は道路工事が多くて、やたら渋滞の原因が道路工事で閉口ものです。
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 02:19Comments(0)バイク

    2017年11月05日

    タンクバッグの中身♪

    タンクバッグの中身♪











    仕事用のメインカメラをD500とニコン純正レンズ2本追加で変更したことで、2台あったD300の1台を予備機に回せることになり、通称“下駄”と呼ばれるマルチパワーバッテリーパックMB-D10を外して、傷んだシグマのレンズ2本の内、広角系ズーム(18-50mm/f2.8)1本と組み合わせて軽量化してバイクツーリング用にシフト。
    このサイズならレンズを組んだままタンクバッグに楽々忍ばせられるので機動性も損なわれないしね。
    流石に70-200mmのf2.8の望遠系ズームは重いので、いずれは広角から望遠までカバー出来る“物ぐさレンズ”の中古でも探して積めば多少暗いレンズでも昼間のツーリングなら1本で事足りるかもね。

    灰皿と一緒にコマさん兄弟が同居しているのは参拝用のご愛敬?(笑)
    そんなわけで土曜日は近場の群馬県の妙義神社まで女房のVTRと往復約260キロの日帰りツーリングをしてきました。
    目的地は標高500メートル弱でしたが、そこそこ紅葉シーズン気分は楽しめました。
    「道の駅みょうぎ」にバイクを停めて、徒歩で妙義神社の長い階段を上がってお参りして、すぐ上の立ち寄り温泉「もみじの湯」で絶景を堪能しながらお湯に浸かり、ついでに食事して、ポツポツ降り出した雨から逃げるようにきつい県道196号線(上小坂四ツ家妙義線)を下仁田町方面に下り、なんとか雨雲から脱出。

    ▼ニコン D500
    http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d500/
    ▽ニコン D300
    http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d300/

    ▼妙義神社(群馬県富岡市) http://myougi.jp/
    ▼みょうぎ物産センター 「道の駅みょうぎ」
    http://www.myogi-bc.jp/contents/?p=1199
    ▼妙義ふれあいパーク 妙義温泉「もみじの湯」
    http://www.tomioka-silk.jp/spot/sightseeing/detail/FureaiP-Momiji-no-yu.html
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 13:42Comments(0)バイク
    行きは好い好い♪ちんたらちんたら旅♪







    世間は3連休とあっても当方は金曜と日曜が仕事もあり、休みは今日の土曜だけ(笑)。
    最近、週末も台風接近でなかなかバイクで出かける気分でもなかったので、今朝は女房のVTR250とつるんで北関東方面へ朝6時半に出発♪
    天気予報では雨は降らないみたいなことを言ってたしね。
    自宅を出てから百キロちょっとすると前方に奇岩めいた岩山が登場。
    今回の目的地はこの山裾~♪(笑)
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 20:14Comments(0)バイク