たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


走り出す準備の為に・・・。

明日の作業はOD色の昔ながらの帆布製『コロナツーリングバッグ』の取り付けかな。
イメージ的にはこんな感じになるんだろうけど、貧乏性のせいか「大は小を兼ねる」式でA4対応のLサイズを選択してしまったがB5対応のSサイズの方がスタイリッシュで昔の「PRESSバイク」っぽくて良かったかもな。

幸いZRXはオーソドックスなダブルクレードルのフレームだからシート下にシートレールが2本走っている筈だし、ビキニカウルだからステアリング・ヘッドにも手が入りそうな気もするから車種的に装着しそうな気はするんだけど、うっかりメーカーに適合車種も確認せずに取り寄せてしまったという不始末さ(笑)。

給油時の面倒臭いイメージや不安は取り付け説明図を見ていたらゴムバンドを縦に配置すれば「パカッ」とやれば大丈夫っぽいから少し安心。
なんとかなりそうだな。

10年のブランクあるからまだまだ長距離遠征は無理だから、かつてのように荷物満載のキャンプツーリングは念頭には入れてないものの日帰りツーリングを考えると雨具も含めて多少の積載量は確保しておきたいからね。
快適に走り出す為の準備着々となるか?(笑)

▼復刻 コロナツーリングバッグ
http://coronasangyo.ocnk.net/
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 22:50Comments(0)バイク




    バイク乗りはバカな種族なので「ネジ(螺子)」(最近は『ボルト』と呼ぶらしいが)を変えただけでも嬉しくなったり、嬉しくなったついでに走りに出かけちゃうくらいに子供のように無邪気な人種が大半です。
    今日はナンバープレートのネジを外して、荷掛けフック用に交換しました(笑)。そんな午後でした。
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 19:22Comments(0)日常

    2017年03月05日

    君の名は・・・?



    かなり変な性格のワシなので、時々愛機にニックネームを密かにつけては1人で楽しんでいることがあります。

    学生時代の最初のバイクのZ400FXはその荒々しいイメージから『ローテ・ゲバルト(赤い暴力)』とか『ロード・バイオレンス』とか勝手に命名していました(笑)。
    次のGPZ400は最初に雑誌広告で見た流れるようなフォルムからイメージしたのは「鮫(さめ)」でした。
    お次の400Ninjaとも呼べるGPZ400Rの空力特性に優れた丸々とした車体から連想したのは「達磨(だるま)」でした(笑)。750Ninjaみたいな横長のテールライト形状には「弁当箱」のイメージがどうしても頭から離れなかったのは事実です。
    次のZZR400のやたらデカい車格には「鯨(くじら)」しか思い浮かびませんでした。
    次のZRXには何故か頭に何も思い浮かんだものはなかったようです。
    『疾風(はやて)』あたりにしておけば良かったかもな。
    次のGPZ900Rの時は「水冷だろ・・・水・・・水だから・・・水ってことは・・・ウォーター?ウォーター・ドラゴン!」とか命名して、後輩に「先輩、900忍者買ったんですか?」と問われると「違う、ウォーター・ドラゴンと呼びなさい」と意味不明の返事をしていました。
    もっとも、あのフロントカウルの顎の突起から実際に連想したのは子供の頃の東映映画『ゴジラ』シリーズに登場していた『エビラ』でした(笑)。

    そして最新の愛機ZRX1200DAEG君のシュンとしたマスクですが、わかる人にはわかるってことでニックネームは『飛燕』に内心決定かなぁ?(笑)
    液冷エンジンだし馬力もそこそこあるしね。
    僕の中ではカワサキというメーカーの質実剛健さのイメージは、どうしても国内メーカーの中にあってはドイツ的な印象があったりもしていますしね。
    それに一昔前のカワサキ車って一撃離脱の重戦闘機的な“直線番長”的なイメージもありません?(笑)
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 00:32Comments(0)バイク