たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


今月はお恥ずかしいトピックで誌面登場!(笑)



朝、代官山の蔦屋書店でバイクライフマガジン『道楽』最終号を購入して、先月のキャンプ報告ページを開くと・・・あははははっ♪
全国から猛者がバイクで集まった「最初で最後の道楽CAMP」に参加していた私たちもちょっぴり登場させてもらっていました。
関島ジェームス編集長に感謝だな。
良い思い出になります。



▼偶数月バイク雑誌『道楽 我が人生にバイクあり!』
道楽 2018年6月号【最終号】 (vol.23)
道楽最終号特別企画! ! 「単車乗りに捧げるラストソング」
http://www.vibes-web.com/vibes_goods/doraku.html

道楽は4月16日(月)発売の23号をもって休刊となります。その最終集合となる道楽の特集は、お世話になった皆様への感謝を込めて、「ラストメッセージ」です。具体的には3月17~18日に富士の西側、朝霧高原にある「ハートランド朝霧」で開催した「道楽キャンプ」の模様を第一部、編集長セキジマとメインライター大森の2人が東北や西日本を最後に取材してまわった様子を第二部、そしてそこで取材した方々からいただいた言葉を第三部として構成しています。他にも、1号から皆勤賞だった「B級パーツ」では歴代ベスト10を、「漫画王」(1号からの連載だが途中で2回休みあり)では過去に取り上げた漫画一覧を、「勝手に名車」(3号から連載)でも過去に取り上げたバイクの一覧を、そして久々の登場となる「酔談」では、セキジマ&大森が鉄慎堂水谷氏をまじえ過去の道楽を振り返るなど、最終号にふさわしい内容となっています。この先のことは不明ながら、とにもかくにも一区切りとなるバイクライフマガジン「道楽」。よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在書店には好評発売中の雑誌に月刊化第1号の『単車倶楽部』(造形社)5月号があります。そこの94ページから4ページに渡って今回≪小池流超RockなBiker’s Life≫って単発原稿を書かせてもらいました。
バイク生活復帰のご挨拶みたいなものです。
書店のバイク雑誌コーナーで同誌を発見したら、よろしかったら是非ご笑読ください。浜松出身っ子らしい気持ちで書きました(笑)。



▼単車倶楽部
http://www.zokeisha.co.jp/tanshaclub/newpublication
○2018年3月24日(土)発売 ○定価880円(本体815円)

≪バイクリターン後の読者投稿or掲載例≫
★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)
P22  「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載
★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 P94~P96 寄稿掲載
★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
☆『?』誌 2018年?月号に寄稿中で近々掲載予定で編集進行中
☆『?』誌 2018年?月号にも何か???
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 20:24Comments(0)バイク
    なんと、amazonの雑誌ランキングでまだ1位を『道楽』がキープ♪



    朝、仕事に出かける時もバイク雑誌の売れ筋ランキングで1位だったが、夕方帰宅してチェックしてみたらまだ『道楽』最終号が1位で踏ん張っていました。
    そりゃ、あれだけの熱のこもった最終号は売れるわけです。
    ネットを見たら「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」となっていたくらいです。
    雑誌は姿を没しても、「バイク乗り」という人種がこの世に生き続ける限り、その精神もスタンスも不滅と信じましょう。



    ▼偶数月バイク雑誌『道楽 我が人生にバイクあり!』
    道楽 2018年6月号【最終号】 (vol.23)
    道楽最終号特別企画! ! 「単車乗りに捧げるラストソング」
    http://www.vibes-web.com/vibes_goods/doraku.html

    道楽は4月16日(月)発売の23号をもって休刊となります。その最終集合となる道楽の特集は、お世話になった皆様への感謝を込めて、「ラストメッセージ」です。具体的には3月17~18日に富士の西側、朝霧高原にある「ハートランド朝霧」で開催した「道楽キャンプ」の模様を第一部、編集長セキジマとメインライター大森の2人が東北や西日本を最後に取材してまわった様子を第二部、そしてそこで取材した方々からいただいた言葉を第三部として構成しています。他にも、1号から皆勤賞だった「B級パーツ」では歴代ベスト10を、「漫画王」(1号からの連載だが途中で2回休みあり)では過去に取り上げた漫画一覧を、「勝手に名車」(3号から連載)でも過去に取り上げたバイクの一覧を、そして久々の登場となる「酔談」では、セキジマ&大森が鉄慎堂水谷氏をまじえ過去の道楽を振り返るなど、最終号にふさわしい内容となっています。この先のことは不明ながら、とにもかくにも一区切りとなるバイクライフマガジン「道楽」。よろしくお願いします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    現在書店には好評発売中の雑誌に月刊化第1号の『単車倶楽部』(造形社)5月号があります。そこの94ページから4ページに渡って今回≪小池流超RockなBiker’s Life≫って単発原稿を書かせてもらいました。
    バイク生活復帰のご挨拶みたいなものです。
    書店のバイク雑誌コーナーで同誌を発見したら、よろしかったら是非ご笑読ください。浜松出身っ子らしい気持ちで書きました(笑)。



    ▼単車倶楽部
    http://www.zokeisha.co.jp/tanshaclub/newpublication
    ○2018年3月24日(土)発売 ○定価880円(本体815円)

    ≪バイクリターン後の読者投稿or掲載例≫

    ★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
    ★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
    ★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)
    P22  「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載
    ★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 P94~P96 寄稿掲載
    ★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集:道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!P23下段にトピック登場
    ☆『?』誌 2018年?月号に寄稿中で近々掲載予定で編集進行中

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 17:58Comments(0)バイク
    道を往く者達への『道楽』ラストメッセージ本日発売!!



    最近めっきりハードコア系のバイク乗りを見かけることが少なくなったと思っていたが、どっこいこの絶滅危惧種のようなバイク乗り達も脈々と息づいているのが確認できたのが過日の『道楽CAMP』だったり、『道楽』という雑誌のおかげだったりもしたものです。
    人の世なんて、無味無臭の消毒されたような社会じゃなくて、もっとエネルギーに満ちたものだと俺は思うんだけどね。
    ともあれ、今日は仕事の前に書店にでも立ち寄って『道楽』最終号を買ってから向かうことにしよう。



    ▼偶数月バイク雑誌『道楽 我が人生にバイクあり!』
    道楽 2018年6月号【最終号】 (vol.23)
    道楽最終号特別企画! ! 「単車乗りに捧げるラストソング」
    http://www.vibes-web.com/vibes_goods/doraku.html

    道楽は4月16日(月)発売の23号をもって休刊となります。その最終集合となる道楽の特集は、お世話になった皆様への感謝を込めて、「ラストメッセージ」です。具体的には3月17~18日に富士の西側、朝霧高原にある「ハートランド朝霧」で開催した「道楽キャンプ」の模様を第一部、編集長セキジマとメインライター大森の2人が東北や西日本を最後に取材してまわった様子を第二部、そしてそこで取材した方々からいただいた言葉を第三部として構成しています。他にも、1号から皆勤賞だった「B級パーツ」では歴代ベスト10を、「漫画王」(1号からの連載だが途中で2回休みあり)では過去に取り上げた漫画一覧を、「勝手に名車」(3号から連載)でも過去に取り上げたバイクの一覧を、そして久々の登場となる「酔談」では、セキジマ&大森が鉄慎堂水谷氏をまじえ過去の道楽を振り返るなど、最終号にふさわしい内容となっています。この先のことは不明ながら、とにもかくにも一区切りとなるバイクライフマガジン「道楽」。よろしくお願いします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    現在書店には好評発売中の雑誌に月刊化第1号の『単車倶楽部』(造形社)5月号があります。そこの94ページから4ページに渡って今回≪小池流超RockなBiker’s Life≫って単発原稿を書かせてもらいました。
    バイク生活復帰のご挨拶みたいなものです。
    書店のバイク雑誌コーナーで同誌を発見したら、よろしかったら是非ご笑読ください。浜松出身っ子らしい気持ちで書きました(笑)。



    ▼単車倶楽部
    http://www.zokeisha.co.jp/tanshaclub/newpublication
    ○2018年3月24日(土)発売 ○定価880円(本体815円)

    ≪バイクリターン後の読者投稿or掲載例≫
    ★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
    ★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
    ★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)
    P22  「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載
    ★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 P94~P96 寄稿掲載
    ☆『?』誌 2018年?月号に寄稿中で近々掲載予定で編集進行中
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 04:32Comments(0)バイク