たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


JR横浜駅西口の等身大の“ボス”像見物♪









僕ら余所者は「横浜」のことは「横浜」と呼ぶが、地元ハマっ子たちにとって横浜は「ハマ」と呼ぶらしい。


「ハマ」は間違いなく「浜」なのだ。しかし残念ながら開発尽くされた横浜から「浜」が失われて久しい。かつては海水浴も楽しめる浜があった町なのだ。

そんな町というか都市の記憶を記録し続けているカメラマンがいる。
写真は記憶でもある。
横浜でカメラマンといえば真っ先に上がるであろうお名前は森日出夫さんだ。

▼森日出夫
https://www.facebook.com/morihideo
http://amano-studio.co.jp/mori_hideo.html

その森日出夫さんの巨大壁画みたいな工事中の駅通路を70mくらい利用した
エキナカ写真展「都市の記憶 HELLO GOODBYE」を横浜駅西口で見学してきました。
この巨大写真群は本年4月6日から3カ月間は展示されているはずです。
先日、ケンタのボスからたまたま別件でお電話を貰った際は「もう終了しているんじゃないのか」とご本人様は惚けておりましたが、どっこい当方もスケジュールは把握していたので鎌倉へ向かう途中で「三京」を三ツ沢で降りて坂を下ってJR横浜駅へ向かいました。

気になるのはボスのバックに建つ小汚い小屋の存在です。
撮影場所は昔は倉庫群が立ち並んでいた埠頭の一角です。今では広場というか綺麗な公園なんだと思います。通称「象の鼻」とその形状から呼ばれる埠頭の一角です。横浜港はこの「象の鼻」と呼ばれる防波堤から始まったそうです。
小屋の中には「象の鼻」にあった5tクレーンの“頭”が入っていると思われます。今でこそ、キリンのようなガントリークレーンが立ち並ぶエリアが別にありますが、ここが原点の場所なんでしょう。
場所にも意味があるということでしょうね。

ただならぬオーラを発する写真ですが、壁の写真の解説には≪飯田修永氏 1964年に結成されたモーターサイクルクラブ「ケンタウロス」の族長。連載漫画や劇場用アニメ作品のモデルにもなっている。漫画家の赤塚不二夫や俳優・舞踏家の麿赤児など交友関係も多彩なほか、横浜能楽堂を中心とした能楽公演の主催や災害救助活動を行うなど活動範囲も多岐に及んでいる。≫と記されていました。なるほど、確かに。



そういえば、昨日(6月1日)発売の『モーターサイクリスト』のP94からの「素晴らしきバイク人生」ってシリーズ企画の第一弾でクリエーターの松島健二さんって76歳の現役ライダーが登場されていますが、その冒頭でも≪伝説のモーターサイクルクラブ“横浜ケンタウロス”≫と書かれてありました。
ボスこと飯田氏や写真家・十文字美信さんのお名前も登場していました。

ケンタウロスについては休刊となった隔月バイク雑誌『道楽』の2015年6月19日発売のNo.8「ケンタウロスとは何か」巻頭特集が入手可能なテキストになりますが、先日の2018年4月16日発売のVol.23同誌最終号でも
ボスのインタビュー記事が掲載されていました。
まぁ、僕にとっては間違いなく今も昔もカッコ良い憧れと畏敬の集団ですかね。



▼『道楽 我が人生にバイクあり!』
http://www.vibes-web.com/vibes_goods/doraku.html



「エキナカ写真展」ですが、森日出夫さんの作品ですから、やっぱりそこにはかつての横浜の風景のひとつでもあったメリーさんのお姿も大きく飾られていました。
僕はメリーさんのことは山崎洋子さんのノンフィクション「天使はブルースを歌う」(1999年)を読んで知ったのですが、恐らくこの本を僕に薦めてくれたのはケンタウロスのボスです。
横浜の知らざれらるアウトサイドな歴史を垣間見た気がしました。
今年あたりは横浜赤レンガ倉庫で五大路子さんのひとり芝居「横浜ローザ」も鑑賞してみたいんですけどね。



▼『天使はブルースを歌う 横浜アウトサイドストーリー』山崎洋子著/毎日新聞社
http://www.tcp-ip.or.jp/~jungle/fbeats/beaters/anggle_sings.html
▼『ヨコハマメリー かつて白化粧の老娼婦がいた』中村 高寛著 河出書房新社
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025933/
▼映画『ヨコハマメリー』(2005年)
http://hitohito.jp/index.html
▼横浜夢座 2018年「横浜ローザ」公演のご案内
https://www.yumeza.com/





そして、この日の目的は鎌倉の十文字美信さんのギャラリー訪問でした。
運よく先生もいらっしゃっいましてお話させてもらうことが出来ました。
共通する話題も飛び出してお互いに大笑い。世間は狭い(笑)。



あっ~、帰りに横浜でJAZZ喫茶『ミントンハウス』に寄るの忘れたぁ~!!(笑)

▼写真家・十文字美信ブログ 写真と珈琲のバラード(41)
https://jumonjibishin.com/ja/2018/04/15/the-ballad-of-photo-and-coffee-41/#more-5213
http://galleryb.jp/ja/collections/fujisaki/#3

BISHIN JUMONJI GALLERY
次回展示のお知らせ
タイトル:「修羅」失われた記憶
会期:2018/5/23(水)~6/25(月)

ご挨拶
今年に入ってから京都、佐賀、熊本、再び佐賀、福岡、兵庫、姫路、酒田、山形と移動して、さらに兵庫、京都、大阪、5月は北海道の羅臼へ行く予定です。具体的に何を撮る、という目的もなく、気が向いたらその場所へ行ってみる、そんな旅です。
気が向いたら、と書きましたが、何に対して気が向くのかと言いますと、なんでしょうか、自分でも何故その場所へ行きたくなるのかはっきりした理由はわかりません。何処へ行ったところで、明確な被写体が私を待っているわけではないのです。
昨年からなんとなく思うことがあり、その、なんとなくを確かめている気がします。
昨年の7月に旧友の藤崎を亡くしました。
お互い10代の頃に知り合い、しばらくの間は毎日、密に会っていました。私にとってどんな友人だったか、詳細は写真集『感性のバケモノになりたい』の「藤崎」に書いたので繰り返しませんが、彼を亡くしたことで、記憶について考える機会が多くなったのです。
彼を亡くした当初は、哀しみと懐かしさの混ざった言葉にしにくい感情が浮かんでは漂い、そのうちに消えていくを繰り返していました。
しばらくすると記憶の出どころや内側を覗いてみたくなりました。10代の頃に何をやったか、の行動を思い出すよりも、当時のワクワクした興奮そのものを蘇らせてみたい、と思ったのです。
古希を過ぎた私が、10代の頃の記憶を手繰り寄せたところで、手応えになるものは何も残っていないのでしょう。記憶を追っているうちに、藤崎をきっかけにして新しい記憶を産み出していることに気がつきました。亡くなった藤崎を心に抱きながら、生まれ出た新たな記憶の地平を歩いてみたくなったのです。出来ることなら言葉ではなく、写真映像で生まれた記憶に近づき、離れ、走り、共に倒れてみたいと思ったのがこの作品を撮り始めたきっかけです。
ぜひご覧いただきたいと思います。

▼写真集『感性のバケモノになりたい』十文字美信:2007年/求龍堂
http://www.kyuryudo.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=050000000049&search=%BD%BD%CA%B8%BB%FA&sort=

▼1109夜『澄み透った闇』十文字美信|松岡正剛の千夜千冊
http://1000ya.isis.ne.jp/1109.html

  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 12:42Comments(0)アート

    2018年06月02日

    収穫収穫♪大漁大漁♪

    収穫収穫♪大漁大漁♪

    以下は某サイトへの投稿そのまんまです(笑)
    削除されるかなぁ~?(笑)
    大人しい羊の群れでもないので、自由な意見や提言はありだと思うしね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    今月は2誌から特製ステッカーをゲット!(#^^#)v

    おかげさまで『単車倶楽部』月刊化から3号連続誌面登場で遂に掴んだステッカーですが、本日、某Y出版社の某『MCクラシック』誌編集部からもステッカーが届きました♪

    他誌のことなので大きい声では言えませんが、先月末発売の同誌最新号(Vol.05)の読者欄TALKS(P139~140)を書店で立ち読みしてもらえればわかりますが、以前話題に取り上げたことのある静岡県浜松市天竜区にある40歳以上の(?)バイク乗りが密かに集まる県内屈指のC級スポット『おやじ達の秘密基地』http://maxim3795.hamazo.tv/
    について紹介させてもらいました。まぁ、小ネタ過ぎて何処も扱ってくれなかったので救済措置として手を差し伸べてくれた雑誌が1つあったというだけの話です(笑)。
    同施設には、ここの「単車倶楽部 ~みんなのライダースVOICE!~」仲間の愛知県の本多栄治さんや浜松在住の谷村聖一さんも既に訪問されたようです。

    さて、念願の「たんくら」ステッカーを貰った私ですが、5月9日に発表された以下の新ルールを読むと、ちょっぴり悲しくなる私です。

    https://www.facebook.com/groups/tansyaclub/permalink/2128855114014555/

    「企画モノ募集・通常ボイスコーナー区別なく初採用させていただいた方全員に、ステッカーをプレゼント」とありますが、語学に長けていない私の解釈では、これはつまり誌面採用の特典のステッカーは初採用のみ贈呈としか読み解けません。つまり、私にしても今回が最初で最後のステッカーとなるような気がします。
    う~ん、そうだとすると残念至極です。もったいないから保存用にして愛車に貼るのは控えようかと思ってしまいます。

    読者参加の間口が広い「単車倶楽部」は読者と編集部双方向の風通しの良いイメージがあります。その雰囲気が好きで妙に居心地の良さを感じて半ば懐いているような私です(笑)。
    好きな雑誌のステッカーなんて何枚あっても困ることがないのが読者だと思います。
    愛車を買い替えたりしたら、新しい単車にもステッカーを貼りたい気分もあるでしょうし、複数の愛車を所有されている方もいるでしょう。
    場合によっては車に貼るもよし、愛用のノートパソコンとかにも貼ってみたい気もします。ヘルメットだって同様で消耗品と考えれば、メットを新調すればステッカーも必要になります。カウル等に貼っていて、たまたま転倒とかでその部分を破損して交換した際にもステッカーへの欲求が多分湧くことでしょう。

    となると、初回だけでなく、誌面採用時には追加で新たなステッカーが貰えたら嬉しいんだけどなと思う読者層は案外と僕だけではない気がします。
    実際のところ皆さんはどうなんでしょうか?
    編集部の郵送費が嵩み、経費負担がしんどいとなれば、2回目以降の掲載時はステッカー希望者は、82円切手を貼った返信用封筒に自分の住所等を書き込み、「何月号の何ページに採用された小池です。ステッカー希望です」とかメッセージを添えて、編集部の負担を軽減する方法も考えられます。
    ステッカーそのものは大量に発注していれば1枚毎の単価はそれほどの負担にはならないと思います。まして天下の「造形社」さんですもん。

    それに今回、「白バージョン」のNEWステッカーがお目見えしましたが、これを見て「あっ、俺のは黒だけど白もあったらいいな」と思われる方も少なからずいる気もします。

    ステッカーはある意味では編集部にとっても「走る広告塔」みたいなものです。ツーリング先で誇らしげに「単車倶楽部」のステッカーを目立つ処に貼ったバイクを見つけて、「これ渋いっすね。単車っすか。何処で手に入れたんですか?コレってどうすれば貰えるんですか?」と真剣に質問してくる子がいるかもしれません。そんな時に、僕らは雑誌の存在や応募方法を説明してあげられると思います。それは新たな読者層の開拓につながるかもしれません。

    既にステッカーを手にした僕らにしても、「初回はご褒美半分で編集部もくれたけど、次が採用されるかどうかは難しいよな。載ったらいいけど、2回目、3回目となるに従ってハードルが上がるのは当然だもんな。だって初回の方が優先でも理解できるし、誌面のスペースは限られているから常連投稿組には採点もシビアだぜ」と自覚もするわけで、その意味では僕らもよりクオリティーの高い写真やテキスト、ネタを編集部に提供しないことには採用されないのは百も承知なので、それがひいては投稿の質的向上にも直結する気もしますし、皆さんの素晴らしい投稿が満載の雑誌はきっと部数も更に伸びるような気がしてなりません。
    既に「これが最初で最後のステッカーか」と思うとテンションやモチベーションがやや低下中です(笑)。
    ステッカーを求めて、皆が切磋琢磨して「前回はボツったけど、これならどうだ。今回はこれでどうだ」とばかりに投稿数が増えれば自ずと全体の質も上がるのもセオリーです。毎月の投稿数が多ければチョイスする編集部は悲鳴ですが、それはある意味では嬉しい悲鳴だとも思います。

    そんなわけで、そんな小言を並べるこんな面倒臭い59歳の爺いもいるのですが、何卒新編集長殿、ご一考いただければ幸いです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ≪バイクリターン後の私たちの読者投稿or雑誌登場例≫

    ★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
    ★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
    ★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)P22
    「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載
    ★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 P94~P96 寄稿掲載
    ★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
    ★『単車倶楽部』2018年6月号 キャンプツーリング特集P25寄稿掲載
    ★『単車倶楽部』2018年7月号 読者投稿みんなの伊豆VOICE P25
    ★『MCクラシック』誌 Vol.05(2018年6月号)P139~140 読者の声TALKS投稿掲載
    ☆『?』誌 2018年?号にチョコさまチョコっと登場予定???

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 08:40Comments(0)バイク