たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


(日光・丸沼温泉ツーリング その4)





























文明の光と影。

ここは「負の遺産」だけど大切な教訓と記憶を伝える巨大な装置かな。

廃墟っぽく見えるけど松木川沿いの足尾銅山本山精錬所です。
人影は確認できなかったけれど、安全を示す旗が翻っていたので廃墟ではないと思われます。
高校時代に社会科(選択科目の政治経済だったかなぁ?)の教科書に「足尾鉱毒事件」の記述を見た気がします。
ここに来ると「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」という田中正造の言葉や「民を殺すは国家を殺すなり」のフレーズで有名な衆議院での大演説を思い出します。

日光・丸沼温泉の避暑ツーリングからの帰り路、渡良瀬川沿いに銅(あかがね)街道ことR122を下りながら「田元」交差点で「確か、この道だったよな」と右折して県道250線に入りました。
古い高架をくぐろうとすると、ゴガガガガッとばかりに頭上をけたたましい音をたてて「わたらせ渓谷鉄道」の1両が通過していきました。終点の間藤駅まで可愛らしいレトロな茶色のディーゼル車両を楽しく追っかけました。

この道の先は「銅親水公園」のところで一般の車やバイクは立ち入り禁止になっていて道が途切れています。
江戸時代から続いていた足尾銅山が閉山されたのは今から半世紀近く前の1973年のことですが、付近の山々は煙害(亜硫酸ガス)や酸性雨で草木も生えない禿山と化し、今も植林が続いている関係で通行止めになっているものと思われます。木が枯れれば治水も出来ず、土砂崩れも発生しやすくなります。
昔の松木(まつぎ)村は廃村になっています。森林火災だけなら山の緑が再生しないこともない筈ですが、なかなか思うように再生しないのはやはり何か原因があると考える方が妥当な気がします。

国の重要文化財でもある「古河橋」の袂のトイレで顔を洗って休憩していたら土地の方と思われるにご婦人に「何処から来たの?」と声をかけられました。どうやら実家に帰省された様子です。
先の道が通行止めになっていることに触れると「昔はね、こっちの道にも、あっちの道の先にも鉱山で働く人達の社宅があってね、何千人も住んでいてね、それは賑やかだったのよ。子供の頃は、この道を歩いて私たちも日光や中善寺湖までよく出かけたものなのよ。この道沿いに実家があるから、そこの水道なら冷たい水もあるから飲んでいきなよ。美味しいわよ。この辺も結構と涼しいのよ。夜は窓を開けていれば過ごせるしね」とご親切にもお誘いまで受けました。

今年は明治維新から150年目の節目ということでお祭りムードに浮かれているらしいのですが、近代化というか極端な西洋化の弊害の縮図のひとつをここで見る思いがあります。いわば日本に於ける「公害」の原点みたいな場所ですよね。
下流には肥沃な農地として知られた谷中村(現在の渡良瀬遊水地)もかつては存在しましたが、鉱毒で汚染され最後は土地収用法による強制代執行で村ごと潰された歴史があったはずです。
そういえば三國連太郎さんが田中正造を演じた映画『襤褸(らんる)の旗』(1974年)も学生時代からすっかり再び観る機会を失っているんだよね。

国策の銅山開発と、フクシマのあの苛酷事故との類似性をついつい想起してしまう東京への帰り道でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪バイクリターン後の読者投稿or雑誌登場例≫

★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)P22
「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載

★2018年の年賀状が『オートバイ』『カワサキバイクマガジン』『ロードライダー』『Bike JIN』(培倶人) 『ヤングマシン』『ミスターバイクBG』『バイカーズステーション』『OutRider』8誌の3~4月号の読者ページに掲載
★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 P94~P96 寄稿掲載
★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
★『単車倶楽部』2018年6月号 キャンプツーリング特集P25寄稿掲載
★『単車倶楽部』2018年7月号 読者投稿みんなの伊豆VOICE P25
★『MCクラシック』誌 Vol.05(2018年6月号)P139~140 読者の声TALKS投稿掲載
★『ガールズバイカー』2018年8月号 P26 最下段にVTR女房チョコさん登場
★隔月誌『昭和40年男』S40ニュース採用 2018年7月14日付
タメ年が作った「コンテナハウス」に憧れる!
https://www.s40otoko.com/archives/49403
★『単車倶楽部』2018年9月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P33下段
☆2018年8月末頃?某誌寄稿掲載予定???

  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 14:03Comments(0)バイク
    釣師としても知られるあの文豪も愛した湖畔の宿

    (日光・丸沼温泉ツーリング その3)

    数年ぶりの再訪問となった丸沼湖畔の「環湖荘」ですが、実はかなりお気に入りの宿なんです。
    標高1430m地点の山と湖に囲まれた立地が成せる技なのか、全国各地で記録的な猛暑日が続く中でも25℃を越えることは滅多にないそうで、私が投宿した先週末も日中でも27℃で済んだそうですし、夜は11℃という肌寒いくらいにまで下がりました。部屋に扇風機はあってもエアコンが設置されていないというのも頷けます。

    宿の前に広がる「丸沼」は透明度も高く、ニジマスやブラウントラウトが放流され、かなりの大物もヒットするそうで、フライやルアーフィッシング愛好家たちにも人気スポットのようです。
    水深は深いところでは約50mもあると宿の方が教えてくれましたが、先日も宿のスタッフが55㎝のニジマスを釣りあげていたようです。
    釣師としても知られ、釣りをテーマにした作品も多い作家の開高健さんもこの宿をよく利用されては創作活動や釣りに勤しんでいたそうです。

    駐車場も100台分と広いのでバイクも停めやすく、雨模様であれば玄関の軒下もバイクに提供してくれます。
    日光や尾瀬とは至近距離ですし、白樺やブナの原生林に囲まれていて、遊歩道もあり森林浴気分です。満天の星星も魅力ですよね。今年は宿に可愛らしい子狐たちが遊びにも来たようです。
    宿に併設された「湖畔亭」ではBBQコースから各種定食もお土産類も揃っているので、ツーリングの食事&休憩の立ち寄り場所にもなります。
    とにかくのんびりするには良い昭和8年(1933年)創業の歴史のある温泉宿です。

    宿の売店では映画化もされた『お前はまだグンマを知らない』でも登場していた郷土かるた「上毛かるた」の関連グッズもあって笑え、ここがグンマであることを再認識させてもらえました。バイク乗りにとっては「馬が群れていた」土地と勝手な解釈すれば、群馬という地名も悪くないよね。(実際には「くるま」という言葉が転じて「ぐんま」になった説が有力だそうです)

    朝食を済ませた後は開放的な前庭で地図を開いて東京までの帰りのコースのプランを検討して過ごしました。

    宿を出る際に玄関前でバイクを並べて記念写真を撮っていたら、二階の宿泊客夫婦の「食堂で見た時になんかロックみたいな夫婦だと思っていたらライダーだったのか。あれで結構と歳はいってるぜ」といった会話がモロに聞こえてきて思わず苦笑いしました。「随分と年寄りなのに元気にバイクなんて乗っているんだ」と褒められていると解釈しました。まぁ、還暦手前の59歳同士だからそう言われても仕方ないというか本人たちも「来年は還暦なのに俺らってアホだよね」と再認識した出来事でした。笑えたなぁ~。

    「戦場ヶ原」はトイレ休憩に寄っただけで今回はパス(笑)。
    以前立ち寄った時は「こんな場所に古戦場ってあったっけ?もしかして荒涼とした風景からついた名前なのかも」と思っていましたが、どうやら神話時代の神々の戦いの地だったそうです。とはいえ、山の神同士が争ったという話も実際には古の有力な部族同士の土地を巡る抗争という気もして、それがヤマト王権が成立していく過程の時代だとすればちょっと気になる伝承ではあります。

    観光地の中禅寺湖畔や華厳の滝付近は朝から大渋滞で、そのままスルーして「いろは坂」をリターン&ビギナー夫婦のバイクは質の悪そうな小僧どもの車に煽られながら下りましたとさっ(笑)。
    邪魔なバイクを抜かしたところで、前はダンプカーや観光バスで渋滞しているから意味はないと思うんだけど、くだらんガキ共の遊びなんだろうね。これはそろそろドライブレコーダーでも積むタイミングかもな。

    日光白根山ロープウェイの山頂駅でも丸沼の宿の庭にも赤トンボたちが乱舞していましたが、中善寺湖畔の渋滞ではバックミラーやタンクバックにもトンボたちがとまってくれました。
    トンボって、夏の間は涼しい高原で過ごして、秋になると平地に段々と降りてくるって初めて知りました(笑)。そうだったのかお前たち・・・。
    なんとなくトンボが愛しく思えてきた夏の高原でした。



















































    ▼丸沼温泉 環湖荘 http://www.marunuma.com/
    https://www.facebook.com/丸沼温泉環湖荘-297090667064853/
    ▼丸沼釣り日記
    http://kankoso.naturum.ne.jp/

    ▼週刊新潮 2018年5月3・10日合併号
    開高健は“裏部屋”希望、釣りを楽しんだ「環湖荘」 文豪が愛した温泉宿
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05110800/?all=1

    ▼丸沼高原
    https://www.facebook.com/丸沼高原-171382162923715/
    ▼丸沼高原民宿組合
    http://www3.kannet.ne.jp/~malnuma/index.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ≪バイクリターン後の読者投稿or雑誌登場例≫

    ★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
    ★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
    ★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)P22
    「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載

    ★2018年の年賀状が『オートバイ』『カワサキバイクマガジン』『ロードライダー』『Bike JIN』(培倶人) 『ヤングマシン』『ミスターバイクBG』『バイカーズステーション』『OutRider』8誌の3~4月号の読者ページに掲載
    ★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 P94~P96 寄稿掲載
    ★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
    ★『単車倶楽部』2018年6月号 キャンプツーリング特集P25寄稿掲載
    ★『単車倶楽部』2018年7月号 読者投稿みんなの伊豆VOICE P25
    ★『MCクラシック』誌 Vol.05(2018年6月号)P139~140 読者の声TALKS投稿掲載
    ★『ガールズバイカー』2018年8月号 P26 最下段にVTR女房チョコさん登場
    ★隔月誌『昭和40年男』S40ニュース採用 2018年7月14日付
    タメ年が作った「コンテナハウス」に憧れる!
    https://www.s40otoko.com/archives/49403
    ★『単車倶楽部』2018年9月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P33下段
    ☆2018年8月末頃?某誌寄稿掲載予定???

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 10:16Comments(0)バイク