たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


釣師としても知られるあの文豪も愛した湖畔の宿

(日光・丸沼温泉ツーリング その3)

数年ぶりの再訪問となった丸沼湖畔の「環湖荘」ですが、実はかなりお気に入りの宿なんです。
標高1430m地点の山と湖に囲まれた立地が成せる技なのか、全国各地で記録的な猛暑日が続く中でも25℃を越えることは滅多にないそうで、私が投宿した先週末も日中でも27℃で済んだそうですし、夜は11℃という肌寒いくらいにまで下がりました。部屋に扇風機はあってもエアコンが設置されていないというのも頷けます。

宿の前に広がる「丸沼」は透明度も高く、ニジマスやブラウントラウトが放流され、かなりの大物もヒットするそうで、フライやルアーフィッシング愛好家たちにも人気スポットのようです。
水深は深いところでは約50mもあると宿の方が教えてくれましたが、先日も宿のスタッフが55㎝のニジマスを釣りあげていたようです。
釣師としても知られ、釣りをテーマにした作品も多い作家の開高健さんもこの宿をよく利用されては創作活動や釣りに勤しんでいたそうです。

駐車場も100台分と広いのでバイクも停めやすく、雨模様であれば玄関の軒下もバイクに提供してくれます。
日光や尾瀬とは至近距離ですし、白樺やブナの原生林に囲まれていて、遊歩道もあり森林浴気分です。満天の星星も魅力ですよね。今年は宿に可愛らしい子狐たちが遊びにも来たようです。
宿に併設された「湖畔亭」ではBBQコースから各種定食もお土産類も揃っているので、ツーリングの食事&休憩の立ち寄り場所にもなります。
とにかくのんびりするには良い昭和8年(1933年)創業の歴史のある温泉宿です。

宿の売店では映画化もされた『お前はまだグンマを知らない』でも登場していた郷土かるた「上毛かるた」の関連グッズもあって笑え、ここがグンマであることを再認識させてもらえました。バイク乗りにとっては「馬が群れていた」土地と勝手な解釈すれば、群馬という地名も悪くないよね。(実際には「くるま」という言葉が転じて「ぐんま」になった説が有力だそうです)

朝食を済ませた後は開放的な前庭で地図を開いて東京までの帰りのコースのプランを検討して過ごしました。

宿を出る際に玄関前でバイクを並べて記念写真を撮っていたら、二階の宿泊客夫婦の「食堂で見た時になんかロックみたいな夫婦だと思っていたらライダーだったのか。あれで結構と歳はいってるぜ」といった会話がモロに聞こえてきて思わず苦笑いしました。「随分と年寄りなのに元気にバイクなんて乗っているんだ」と褒められていると解釈しました。まぁ、還暦手前の59歳同士だからそう言われても仕方ないというか本人たちも「来年は還暦なのに俺らってアホだよね」と再認識した出来事でした。笑えたなぁ~。

「戦場ヶ原」はトイレ休憩に寄っただけで今回はパス(笑)。
以前立ち寄った時は「こんな場所に古戦場ってあったっけ?もしかして荒涼とした風景からついた名前なのかも」と思っていましたが、どうやら神話時代の神々の戦いの地だったそうです。とはいえ、山の神同士が争ったという話も実際には古の有力な部族同士の土地を巡る抗争という気もして、それがヤマト王権が成立していく過程の時代だとすればちょっと気になる伝承ではあります。

観光地の中禅寺湖畔や華厳の滝付近は朝から大渋滞で、そのままスルーして「いろは坂」をリターン&ビギナー夫婦のバイクは質の悪そうな小僧どもの車に煽られながら下りましたとさっ(笑)。
邪魔なバイクを抜かしたところで、前はダンプカーや観光バスで渋滞しているから意味はないと思うんだけど、くだらんガキ共の遊びなんだろうね。これはそろそろドライブレコーダーでも積むタイミングかもな。

日光白根山ロープウェイの山頂駅でも丸沼の宿の庭にも赤トンボたちが乱舞していましたが、中善寺湖畔の渋滞ではバックミラーやタンクバックにもトンボたちがとまってくれました。
トンボって、夏の間は涼しい高原で過ごして、秋になると平地に段々と降りてくるって初めて知りました(笑)。そうだったのかお前たち・・・。
なんとなくトンボが愛しく思えてきた夏の高原でした。



















































▼丸沼温泉 環湖荘 http://www.marunuma.com/
https://www.facebook.com/丸沼温泉環湖荘-297090667064853/
▼丸沼釣り日記
http://kankoso.naturum.ne.jp/

▼週刊新潮 2018年5月3・10日合併号
開高健は“裏部屋”希望、釣りを楽しんだ「環湖荘」 文豪が愛した温泉宿
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/05110800/?all=1

▼丸沼高原
https://www.facebook.com/丸沼高原-171382162923715/
▼丸沼高原民宿組合
http://www3.kannet.ne.jp/~malnuma/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪バイクリターン後の読者投稿or雑誌登場例≫

★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)P22
「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載

★2018年の年賀状が『オートバイ』『カワサキバイクマガジン』『ロードライダー』『Bike JIN』(培倶人) 『ヤングマシン』『ミスターバイクBG』『バイカーズステーション』『OutRider』8誌の3~4月号の読者ページに掲載
★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 P94~P96 寄稿掲載
★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
★『単車倶楽部』2018年6月号 キャンプツーリング特集P25寄稿掲載
★『単車倶楽部』2018年7月号 読者投稿みんなの伊豆VOICE P25
★『MCクラシック』誌 Vol.05(2018年6月号)P139~140 読者の声TALKS投稿掲載
★『ガールズバイカー』2018年8月号 P26 最下段にVTR女房チョコさん登場
★隔月誌『昭和40年男』S40ニュース採用 2018年7月14日付
タメ年が作った「コンテナハウス」に憧れる!
https://www.s40otoko.com/archives/49403
★『単車倶楽部』2018年9月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P33下段
☆2018年8月末頃?某誌寄稿掲載予定???



  • 同じカテゴリー(バイク)の記事画像
    これって北欧のバイクメーカーなんだってさ。
    一般誌でも「バイクに乗ってみませんか?」だって♪
    あの“遠州熱中人”的なマガジン第2号が8月25日にテイクオフ!
    9月9日は浜名湖近くの素敵な大人基地でイベント発生らしいよ♪
    黄さんのラーメン屋さんを初訪問♪
    浜松エリアらしいマガジンが登場しましたね。
    同じカテゴリー(バイク)の記事
     これって北欧のバイクメーカーなんだってさ。 (2018-08-16 00:36)
     一般誌でも「バイクに乗ってみませんか?」だって♪ (2018-08-15 08:15)
     あの“遠州熱中人”的なマガジン第2号が8月25日にテイクオフ! (2018-08-15 00:50)
     9月9日は浜名湖近くの素敵な大人基地でイベント発生らしいよ♪ (2018-08-13 09:19)
     黄さんのラーメン屋さんを初訪問♪ (2018-08-10 14:06)
     浜松エリアらしいマガジンが登場しましたね。 (2018-08-10 05:05)

    Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 10:16 │Comments(0)バイク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    釣師としても知られるあの文豪も愛した湖畔の宿
      コメント(0)