たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


稀代の歌姫・白崎映美さまは休憩中でも漂うオーラと土臭い、気っ風。



音楽劇『まつろわぬ民2018』ゲネプロでの演出家・笠原さんと主演女優・白崎映美さんの会場マイクを通しての真剣な打ち合わせ中のシーンです。

1997年8月23日(土)、僕はピーカンの臨界副都心レインボータウン・レインボーステージという場所にいました。平たくいえば「お台場」の埋め立て地の一角です。
その日から翌24日は毎年恒例の『上々颱風祭り』が開催されていました。
僕はMC横浜ケンタウロスの総勢40名程の仲間と当日スタッフとして、会場警備班に加わっていました。

客席はAからLまで12ブロック、これとは別に椅子席が4ブロックあって3000~4000名のお客さんが賑やかに集まっていたと思います。お祭りですから屋台等も出て、お酒もOKですから皆さん思い思いにコンサートを楽しんでいました。

会場警備の役割上、背丈よりも高いステージを背に客席を向いていたり、場内を走りまわっていたのですが、それでも時折ステージの様子も気になりチラ見していました(笑)。余談ですが、この日、伊達政保さんとも親交の深かったノンフィクションライターの朝倉喬司さんの姿もお見受けした記憶があります。

ステージ下から見上げた白崎さんは、衣装や被り物のせいもあるのか、フロントメンバーとしてのスター性もあり、僕には「スラリとした背の高い方なのかなぁ?」と思わせました。(実は、その一カ月前の7月26日、西伊豆の黄金崎での「上々颱風」のLIVEで前日から目の前を歩くご本人様の姿は拝見していたんですけど、やっぱりその時も発散するオーラから僕には小柄な方には見えていなかったみたいです)
やっぱりこのクラスの方は、いざステージに「戦闘モード」で立つと実物以上に大きく見えるものです。
そもそも血のしたたるような色の最近の彼女の「アマハゲ(ナマハゲ)」姿のコスチュームはビジュアルショック以上に、鬼姫としての「戦闘服」みたいなものかもしれません。

97年のお台場での“上々”のステージは、「LET IT BE」から始まり、15曲目の「名もなくまぶしくスチャラカに」で最高点に達しました。
昼間は焼けつけような日差しだったのに、今でいえば途中でゲリラ豪雨に見舞われ、浮世の民たる観客はもうズブ濡れ状態のまま曲に合わせて総立ちで跳ねまくって踊っていました。
その熱気は湯気となり、客席全体を霧のように白く覆っていました。
真夏に数千人の身体から立ち昇る湯気ってのは僕には驚きの光景でした。
さすが上々颱風!さすが白崎映美さまの「もっと、もっと、もっとぉ~!」の天性の盛り上げぶりでした。

ゲリラ豪雨のせいで、10センチ近く水没した道路をバイク(ZRX400)で両足をステップから上げて、水しぶきをあげて翌日に備えて帰った記憶があります。

同時代に、こんな稀有な存在の歌姫・白崎さんが存在してくれていて本当に幸せだと思います。「東6」と「渋さ知らズ」の音楽さえあれば僕らはまだまだ元気に生きていける気がします。

白崎映美さん主演の音楽劇『まつろわぬ民2018』は先日の八戸公演で大千秋楽を迎えてしまいましたが、正月は代官山でトークライヴ企画もあるそうですが、やっぱり「白崎映美&東北6県ろ~るショー!!」野外ライブといえば、目下の焦点は来春の福井県かなぁ?
しかも演劇集団「風煉ダンス」の新作も披露されるしね。これは来春5月末の福井県小浜市の田烏集落の若狭湾を見下ろす風光明媚な「棚田」での《内外海・海のステージ》見物に向けて旅費も含めて小銭貯めておかねばですよね。

彼らや彼女の降臨場所は下記のサイトで要チェックです。
観ると寿命が1日は延びるって寸法よね(笑)。



▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
https://alafura6.wixsite.com/furendance
▼演劇集団 風煉ダンス
http://furen-dance.info/about.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



▼作家・木村友祐さんのfacebookでの劇評 2018年12月9日付
https://www.facebook.com/yusuke.kimura.794/posts/1790178621110668

▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html
『天鐘』(10月7日)
 歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
平井玄 (批評家)
http://www.geocities.jp/azabubu/artissue/a11/011sp_hirai.html

▼図書新聞  2017年08月05日付
評者◆伊達政保
一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』
http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3314&syosekino=10643&fbclid=IwAR37I-iwIi82NSMqV9Xg_r8XEplzAsqY4C6Rbh5la_fsFcPEq7HZN-_2vms

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼2019年1月5日(土) PM5:30開場 PM6開演
トーク&ライブ「まつろわぬ民の初夢」@代官山晴れたら空に豆まいて 
http://haremame.com/schedule/65373/?fbclid=IwAR2pqwMCBTWF3WhNkSkXSgqaqfUQPaZuZaFq4q0X_so7PnfWdaVim64Spug

▼内外海 海のステージ
https://www.facebook.com/uchitomi.uminostage/
http://www.uminostage.com/?fbclid=IwAR3xzN-8ZQ4MrAX_WzOKBmCflCdg-SGAuaACgVnrXmfnhD3KNYboRx76uk0

▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
https://www.facebook.com/tohogu6/
▼白崎映美さんの新旧インフォメーションサイト
https://emishirasakinew.amebaownd.com/
http://emishirasaki.com/ー 友達: 白崎 映美
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 00:40Comments(0)演劇
    小道具だって彼らの全力なこだわり度が凄いんです♪

    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance
    ▼演劇集団 風煉ダンス
    http://furen-dance.info/about.html

















    巨大な演劇工房空間と化していた「ドーム立川立飛」の稽古場ですが、公演を控えて演者や美術スタッフさんたちがセッセッと飽くなき追求心で作業に没頭していました。この演劇集団は役者さんが小道具類まで自ら手掛けます。

    その鋭い眼光と圧倒的な存在感で、劇中の役どころとしては主が不在の“鬼一族”を実質的に束ねてきた「アジム」役の反町鬼郎さんがいますが、鬼郎さんがコツコツ取り組んでいて「結婚式のシーンで使うんだ」と内緒で制作過程の作品を見せてくれたのが紙で作られた「猪」の頭と「鮭」の小道具でした。
    超リアル!!!
    鮭なんて割いた腹の内側まで再現されています。

    僕が感動したのはイノシシさんの生首でした。
    学生時代から6~7年、東京芝の芝浦屠場で豚の頭(カシラ)肉を専門に扱う会社で職人として働いていたので、僕らが「たいかん(大貫)」と呼んでいた老いた種付け豚も1日に10頭や多い時は20頭近く処理していたのですが、こいつは立派な牙もあって、とにかく体もデカくて、まるでイノシシみたいな奴でした。ありゃ、豚といっても獣だわ。剛毛だしね。雄たる臭いも強烈。解体する前にドイツ製の皮むきの機械に両手で持ちあげてかけるのですが、その前にまずはコイツの牙を鉄ノミとハンマーで叩き折るのが僕の仕事のひとつでした。勿論、屠殺して首を落とした生首を床に転がして跨って気合い一閃でハンマーを振るうんですけどね。手がしびれましたわ。
    まぁ、養豚場からスーパーマーケットの陳列棚にスライスされた豚肉が並ぶまでには誰かが生体を屠畜解体しなきゃいけないわけですよね。
    だから、反町さんの「猪」の首を見させてもらって、「大貫(たいかん)」豚の解体には苦労させられた経験もあったので妙に懐かしい気分になったのですが、そのサイズ感も僕の記憶とピッタリなので驚いていました。
    とにかく「大貫(たいかん)」の首は重かったんだよなぁ~。普通の豚の4~5倍は目方があった印象です。

    反町鬼郎さんは名前からして日本一の鬼役者だと思いますが、その芸名の由来を知ったのは陣野俊史さん著の『渋さ知らズ』(河出書房新社)に収録されていたインタビューでした。

    人力大スペクタクル音楽劇『まつろわぬ民2018』東北ツアーは先日の八戸公演で大千秋楽を迎えてしまいましたが、次に彼ら演劇集団「風煉ダンス」さんたちに出会えるとしたら来春5月末の福井県小浜市の田烏集落の若狭湾を見下ろす風光明媚な「棚田」での《内外海・海のステージ》での新作披露になるのかなぁ?
    あの場所での公演となったら、まさかのお家芸の「野外劇」になるのかなぁ~?

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    ▼作家・木村友祐さんのfacebookでの劇評 2018年12月9日付
    https://www.facebook.com/yusuke.kimura.794/posts/1790178621110668



    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html

    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

    ▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
    【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
    東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
    平井玄 (批評家)
    http://www.geocities.jp/azabu…/artissue/a11/011sp_hirai.html

    ▼図書新聞  2017年08月05日付
    評者◆伊達政保
    一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』
    http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼2019年1月5日(土) PM5:30開場 PM6開演
    トーク&ライブ「まつろわぬ民の初夢」@代官山晴れたら空に豆まいて 
    http://haremame.com/schedule/65373/

    ▼内外海 海のステージ
    https://www.facebook.com/uchitomi.uminostage/
    http://www.uminostage.com/

    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
    https://www.facebook.com/tohogu6/
    ▼白崎映美さんの新旧インフォメーションサイト
    https://emishirasakinew.amebaownd.com/
    http://emishirasaki.com/  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 10:46Comments(0)演劇

    2018年12月12日

    飛び出すテレビ!!!

    飛び出すテレビ!!!





    遂に「風煉ダンス」の制作技術部は立体画像の家庭用テレビを世界に先駆けて発明したようですわわわ、わっしょ~い。(#^^#)v
    この革新的技術で暫くは同演劇集団の財政健全化も夢じゃない!?

    マスメディアの末端下請けを生業とする身にとっては「海より深く反省」中!
    しかし、冒頭近くのこのシーンの登場に慌てた私は毎度の「秘技ピント外し」を連発しまくり。笠原座長さん、誠に申し訳なし。まぁ「飛び出すテレビ」のギミックに驚いて思わずピントを外したと日記にはかいておこう。

    人力大スペクタクル音楽劇『まつろわぬ民2018』東北ツアーは先日の八戸公演で大千秋楽を迎えてしまいましたが、次に彼ら演劇集団「風煉ダンス」さんたちに出会えるとしたら来春5月末の福井県小浜市の田烏集落の若狭湾を見下ろす風光明媚な「棚田」での《内外海・海のステージ》での新作披露になるのかなぁ?
    あの場所での公演となったら、まさかのお家芸の「野外劇」になるのかなぁ~?







    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance
    ▼演劇集団 風煉ダンス
    http://furen-dance.info/about.html
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html
    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

    ▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
    【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
    東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
    平井玄 (批評家)
    http://www.geocities.jp/azabu…/artissue/a11/011sp_hirai.html
    ▼図書新聞  2017年08月05日付
    評者◆伊達政保
    一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』
    http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼内外海 海のステージ
    https://www.facebook.com/uchitomi.uminostage/
    http://www.uminostage.com/

    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
    https://www.facebook.com/tohogu6/
    ▼白崎映美さんの新旧インフォメーションサイト
    https://emishirasakinew.amebaownd.com/
    http://emishirasaki.com/  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 23:35Comments(0)演劇
    「秘技・蓋バッコン」じゃなくて、「トノト」日頃の下半身鍛錬!?



    山内一生さんが、ピアノの椅子を引いて座った瞬間に客席から思わず「おおっ!」と声があがったと思います。
    いくら背中の脚1本で支えているとはいえ、「お前に出来る?」と聞かれたら「無理!」と速攻で答えちゃいますもん♪
    「秘義・重力バランス」?

    人力スペクタクル音楽劇『まつろわぬ民2018』東北ツアーは終わってしまいましたが、次に彼ら演劇集団「風煉ダンス」さんたちに出会えるとしたら来春5月末の福井県小浜市の田烏集落の若狭湾を見下ろす風光明媚な「棚田」での《内外海・海のステージ》での新作披露になるのかなぁ?
    あの場所での公演となったら、まさかの得意技「野外劇」!?



    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance
    ▼演劇集団 風煉ダンス
    http://furen-dance.info/about.html

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html
    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

    ▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
    【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
    東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
    平井玄 (批評家)
    http://www.geocities.jp/azabubu/artissue/a11/011sp_hirai.html

    ▼図書新聞  2017年08月05日付
    評者◆伊達政保
    一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』
    http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3314&syosekino=10643&fbclid=IwAR37I-iwIi82NSMqV9Xg_r8XEplzAsqY4C6Rbh5la_fsFcPEq7HZN-_2vms

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼内外海 海のステージ
    https://www.facebook.com/uchitomi.uminostage/
    http://www.uminostage.com/?fbclid=IwAR3xzN-8ZQ4MrAX_WzOKBmCflCdg-SGAuaACgVnrXmfnhD3KNYboRx76uk0

    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
    https://www.facebook.com/tohogu6/



      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 14:12Comments(0)演劇
    「重金属役者」あるいは「重量役者」鉄馬人・木村勝一見参!



    鬼一族の「千両役者」は大先輩でもあり兄役「アジム」の反町貴鬼郎さんに譲るとして、その弟役「ムガル」で出演していた八戸在住の造形作家・木村勝一さんの見事な変身姿!

    僕はこの晴れ姿を見たくてというか、どんなギミックの変形を披露してくれるのか興味津々で劇場に足を向けた部分もありました(笑)。
    もう最高!(笑)思わず拍手喝采!
    さすがバイク乗り野郎!

    その重厚感から一瞬、機動戦士ガンダムに登場するモビルスーツの「ザク」かと思っちゃいました(笑)。
    でも、狙い処は「マッドマックス」的な世界観かなぁ!?
    舞台美術や衣装、生演奏に至るまでとにかく全員が徹底的にこだわるから「風煉ダンス」の作品は見逃せません。

    さて、この木村勝一さんなる「怪人」に逢えるとしたら八戸の秘密基地めいた工房「スローベース」だそうですよ。

    ▼TREE SIDE SLOW BASE
    https://www.facebook.com/tetsuinu.monta/



    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html

    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 21:56Comments(0)演劇

    2018年12月11日

    僕の好きな1枚♪


    『まつろわぬ民2018』怒涛の東北ツアーお疲れさまでした♪

    好きな1枚!



    「町役場」の吉成さんや「業者」役の方々が教えてくれた大切なのは気づくこと。人間、気づけば変わることが出来るということ。その為には、僕らはもっと広い視野で世界の半分を知ることかな。
    コップの中のような小さな世界やネットの中だけに埋没することなく、世界がもっと広いことを身をもって体験することだよね。
    風煉ダンスさん、今年もありがとう♪
    来年5月末から6月アタマの福井県小浜市内外海地区田烏集落での新作も観てみたいなぁ~♪



    ▼内外海 海のステージ
    https://www.facebook.com/uchitomi.uminostage/
    http://www.uminostage.com/?fbclid=IwAR3xzN-8ZQ4MrAX_WzOKBmCflCdg-SGAuaACgVnrXmfnhD3KNYboRx76uk0



    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html

    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 18:47Comments(0)演劇


    祭りは終わった。次は彼らは何処へ!
    こんなスケールの大きな作品は滅多にないと思います。



    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html
    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

    ▼八戸マガジン『ユキパル 55』 2018年 12月号
    目撃せよ!12月7・8日『まつろわぬ民2018』~特報!『まつろわぬ民2018』稽古場に参入!
    http://www.ukipal.jp/web_paper/current-number/ukipal55/

    ▼デーリー東北
    歌と芝居で東北エール 音楽劇「まつろわぬ民」開演(2018/12/08 09:00)
    http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201812080P227768.html

    ▼山形経済新聞 2018年11月26日付
    山形・酒田市で音楽劇「まつろわぬ民2018」 白崎映美さん凱旋公演
    https://yamagata.keizai.biz/headline/479/?fbclid=IwAR0NSeaTGnhXxsnuZ3ejvJfNRHa2pR5adT_N2vUZZIGnHQ83wsgbiRR4pAw

    ▼Yahoo!JAPANニュース 2018年11月13日付
    風煉ダンスの“大スペクタクル音楽劇”「まつろわぬ民」2018年版が3都市で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000019-natalies-ent

    ▼立川経済新聞 2018年11月11日付
    たちかわ創造舎を拠点に活動する演劇集団「風煉ダンス」が「まつろわぬ民2018」を公演!
    https://www.facebook.com/tachikawatimes/posts/1950959644957469?__xts__[0]=68.A

    ▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
    【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
    東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
    平井玄 (批評家)
    http://www.geocities.jp/azabubu/artissue/a11/011sp_hirai.html

    ▼図書新聞  2017年08月05日付
    評者◆伊達政保
    一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』

    http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3314&syosekino=10643&fbclid=IwAR37I-iwIi82NSMqV9Xg_r8XEplzAsqY4C6Rbh5la_fsFcPEq7HZN-_2vms


    ※【ネタバレ注意】「まつろわぬ民2018」 演劇・ミュージカル等のクチコミ情報 https://stage.corich.jp/stage/95740

    ▼白崎映美 新旧インフォメーションサイト
    https://emishirasakinew.amebaownd.com/
    http://emishirasaki.com/
    https://www.facebook.com/emishirasaki
    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
    https://www.facebook.com/tohogu6/
    ▼フォトエッセイ『鬼うたひ』白崎映美著 亜紀書房
    http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=756

    ▼小説『イサの氾濫』木村友祐著/未來社
    http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624601195
    ≪出典≫時事通信 2016年4月12日or15日付 [レビュアー]岡和田晃
    木村友祐「イサの氾濫」書評「忘却拒否する魂の叫び」
    「がんばれニッポンっ!」という空白を埋める
    https://www.bookbang.jp/review/article/515309
    ▼木村友祐 https://www.facebook.com/yusuke.kimura.794

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 04:02Comments(0)演劇



    小説「イサの氾濫」の作者・木村友祐さんの「まつろわぬ民2018」の劇評です。
    僕はゲネプロも含めれば今年の作品は東京と山形で3回観させてもらいましたが、これは多少無理してでも観ておくべく作品だよね。



    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html
    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

    ▼八戸マガジン『ユキパル 55』 2018年 12月号
    目撃せよ!12月7・8日『まつろわぬ民2018』~特報!『まつろわぬ民2018』稽古場に参入!
    http://www.ukipal.jp/web_paper/current-number/ukipal55/

    ▼デーリー東北
    歌と芝居で東北エール 音楽劇「まつろわぬ民」開演(2018/12/08 09:00)
    http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201812080P227768.html

    ▼山形経済新聞 2018年11月26日付
    山形・酒田市で音楽劇「まつろわぬ民2018」 白崎映美さん凱旋公演
    https://yamagata.keizai.biz/headline/479/?fbclid=IwAR0NSeaTGnhXxsnuZ3ejvJfNRHa2pR5adT_N2vUZZIGnHQ83wsgbiRR4pAw

    ▼Yahoo!JAPANニュース 2018年11月13日付
    風煉ダンスの“大スペクタクル音楽劇”「まつろわぬ民」2018年版が3都市で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000019-natalies-ent

    ▼立川経済新聞 2018年11月11日付
    たちかわ創造舎を拠点に活動する演劇集団「風煉ダンス」が「まつろわぬ民2018」を公演!
    https://www.facebook.com/tachikawatimes/posts/1950959644957469?__xts__[0]=68.A

    ▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
    【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
    東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
    平井玄 (批評家)
    http://www.geocities.jp/azabubu/artissue/a11/011sp_hirai.html

    ▼図書新聞  2017年08月05日付
    評者◆伊達政保
    一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』

    http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3314&syosekino=10643&fbclid=IwAR37I-iwIi82NSMqV9Xg_r8XEplzAsqY4C6Rbh5la_fsFcPEq7HZN-_2vms


    ※【ネタバレ注意】「まつろわぬ民2018」 演劇・ミュージカル等のクチコミ情報 https://stage.corich.jp/stage/95740

    ▼白崎映美 新旧インフォメーションサイト
    https://emishirasakinew.amebaownd.com/
    http://emishirasaki.com/
    https://www.facebook.com/emishirasaki
    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
    https://www.facebook.com/tohogu6/
    ▼フォトエッセイ『鬼うたひ』白崎映美著 亜紀書房
    http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=756

    ▼小説『イサの氾濫』木村友祐著/未來社
    http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624601195
    ≪出典≫時事通信 2016年4月12日or15日付 [レビュアー]岡和田晃
    木村友祐「イサの氾濫」書評「忘却拒否する魂の叫び」
    「がんばれニッポンっ!」という空白を埋める
    https://www.bookbang.jp/review/article/515309
    ▼木村友祐 https://www.facebook.com/yusuke.kimura.794
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 10:13Comments(0)演劇
    webサイトの「デーリー東北」にも昨日の「まつろわぬ民2018」の八戸公演の模様がアップされていました。
    本日、千秋楽です。お近くの方はいまからでもまだ間に合うかもよ。



    ▼デーリー東北
    歌と芝居で東北エール 音楽劇「まつろわぬ民」開演(2018/12/08 09:00)
    http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201812080P227768.html
     
    八戸市出身の作家木村友祐さんの小説「イサの氾濫」を原点とした音楽劇「まつろわぬ民」が7日、市公民館で初日を迎えた。山形県出身の歌手白崎映美さんら27人が出演。エネルギッシュな歌と芝居に乗せて、東日本大震災など多くの苦難を乗り越えた東北地方を応援するメッセージを投げ掛けた。8日まで。



    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html
    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

    ▼八戸マガジン『ユキパル 55』 2018年 12月号
    目撃せよ!12月7・8日『まつろわぬ民2018』~特報!『まつろわぬ民2018』稽古場に参入!
    http://www.ukipal.jp/web_paper/current-number/ukipal55/

    ▼デーリー東北
    歌と芝居で東北エール 音楽劇「まつろわぬ民」開演(2018/12/08 09:00)
    http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201812080P227768.html

    ▼山形経済新聞 2018年11月26日付
    山形・酒田市で音楽劇「まつろわぬ民2018」 白崎映美さん凱旋公演
    https://yamagata.keizai.biz/headline/479/?fbclid=IwAR0NSeaTGnhXxsnuZ3ejvJfNRHa2pR5adT_N2vUZZIGnHQ83wsgbiRR4pAw

    ▼Yahoo!JAPANニュース 2018年11月13日付
    風煉ダンスの“大スペクタクル音楽劇”「まつろわぬ民」2018年版が3都市で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000019-natalies-ent

    ▼立川経済新聞 2018年11月11日付
    たちかわ創造舎を拠点に活動する演劇集団「風煉ダンス」が「まつろわぬ民2018」を公演!
    https://www.facebook.com/tachikawatimes/posts/1950959644957469?__xts__[0]=68.A

    ▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
    【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
    東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
    平井玄 (批評家)
    http://www.geocities.jp/azabubu/artissue/a11/011sp_hirai.html

    ▼図書新聞  2017年08月05日付
    評者◆伊達政保
    一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』

    http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3314&syosekino=10643&fbclid=IwAR37I-iwIi82NSMqV9Xg_r8XEplzAsqY4C6Rbh5la_fsFcPEq7HZN-_2vms


    ※【ネタバレ注意】「まつろわぬ民2018」 演劇・ミュージカル等のクチコミ情報 https://stage.corich.jp/stage/95740

    ▼白崎映美 新旧インフォメーションサイト
    https://emishirasakinew.amebaownd.com/
    http://emishirasaki.com/
    https://www.facebook.com/emishirasaki
    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
    https://www.facebook.com/tohogu6/
    ▼フォトエッセイ『鬼うたひ』白崎映美著 亜紀書房
    http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=756

    ▼小説『イサの氾濫』木村友祐著/未來社
    http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624601195
    ≪出典≫時事通信 2016年4月12日or15日付 [レビュアー]岡和田晃
    木村友祐「イサの氾濫」書評「忘却拒否する魂の叫び」
    「がんばれニッポンっ!」という空白を埋める
    https://www.bookbang.jp/review/article/515309
    ▼木村友祐 https://www.facebook.com/yusuke.kimura.794

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 21:19Comments(0)演劇
    『まつろわぬ民2018』感想文?(その1)・・・(その2)は未定(笑)

    ≪胆沢すえ≫と≪大木よね≫という2つの記号



    演劇集団・風煉ダンス公演の音楽劇『まつろわぬ民2018』を観ていて僕の頭に去来した1人の女性の名前がありました。
    主演女優・白崎映美さんの役名は「胆沢すえ」という名前の老婆でした。
    「胆沢」は地名でもあり、かつて「阿弖流為」(アテルイ)の本拠地ともされた現在の岩手県奥州市にあたります。朝廷から侵略を受けた「蝦夷」(えみし)と呼ばれた東国の人々を題材にした本作の鬼才劇作家・林周一さんはここを強固に踏まえていたと思います。

    一方、僕の脳裏を横切った「大木よね」という名前は、成田新国際空港建設を巡る三里塚闘争で登場する名前です。住んでいた集落の地名から“取香(とっこう)の婆”と呼ばれていた方です。

    芝居では「胆沢すえ」の暮らす「ゴミ屋敷」の行政による破壊が語られます。
    片や1971年9月20日午前11時40分、第二次強制代執行の過程で「大木よね」の住む家が機動隊と公団職員、県の職員らによって襲われます。家といっても裕福な大農家の多い取香部落では貧農に類するよねさんの家は僅か四坪ほどのもので、そもそも小屋を改造したものだったらしく窓も皆無に近いものだったとされます。屋根はあったにせよ炊事場だって外で、風呂や便所だって別だったそうです。
    しかし暮らしも構えも貧しくとも彼女にとって掛けがえのない大切な「住み家」です。
    そこに殺到した屈強な警察機動隊員たちは、脱穀機にしがみつく老婆を引きはがし押し倒します。完全武装した乱闘服姿の濃紺の波に呑み込まれながら、白髪を振り乱して、首でも絞められているかのような苦痛の表情を浮かべながらも必死に抵抗する老婆の写真を学生時代に見た記憶があります。

    記憶は定かではありませんが、あの写真は「朝日ジャーナル」か、写真家の福島菊次郎さんの『戦場からの報告~三里塚1967-1977』(社会評論社/1977年)だったようにも思えます。
    あの空港が「血塗られた空港」と呼ばれる所以が克明に記録されています。
    そこに暮らし続けたいとささやかに願う1人の老婆の「基本的人権」を、国際空港建設という「公共の福祉」が暴力的に蹂躙した戦後史の暗部の瞬間でした。
    僕はその1枚の写真に「なんなんだよ、日本国憲法で保障された崇高な理念が国家権力によって土足で踏みにじられているじゃないか」と激しい憤りに駆られた記憶があります。
    国家権力とは時に剥き出しの暴力装置を発動してでも、1人の老婆の人権を躊躇なく平気で踏みにじるものなのです。それもまた国家権力の持つ本質です。
    思えば僕が学生時代に最初に三里塚に「援濃」に入った農家は、大木よねさんと養子縁組をされた小泉夫婦のお宅でした。
    そういえば、自民党の憲法改正案では「公共の福祉」が「公益及び公の秩序」と
    いう更に曖昧な概念にされていることに限りなく不安を感じます。

    よねさんの家は僅か30分程で、パワーショベルによって圧し潰されたと報道にありました。
    芝居の話に戻すと、「ゴミ屋敷」も終盤で強制代執行に襲われます。
    邪悪で禍々しいばかりのモノが轟音とスモークとともに舞台に乱入します。

    そいつはティラノザウルスのような狂暴な大きな口を開けて、鎌首を振り回し鬼一族を次々に葬っていきます。そう、あの「ユンボ」というか「油圧」じゃなくて「人力」の「パワーショベル」です。運転するのはお役所関連の業者の人達や政治家です。
    このシーンで僕の脳裏に再び蘇った映像がありました。
    山形国際ドキュメンタリー国際映画祭の立ち上げに尽力したドキュメンタリー映画監督の小川伸介さんの一連の「三里塚シリーズ」の中の『三里塚 第二砦の人々』(小川プロ/1971年)です。僕が大学浪人時代に観た映画です。
    1971年2月、千葉県と空港公団は「土地収用法」を盾に強制代執行に乗り出します。農民たちは子供から老人まで家族ぐるみで6ヵ所に「砦」を築き立てこもり抵抗します。
    既に森は破壊され、土が剥き出しになった泥水でゆかるんだ北総台地の中にポツンポツンと「砦」が築かれていました。
    そこに公団から日当2万円で雇われた臨時職員たちが重機で迫ります。本来なら心を通わせ手を結ぶべき下層労働者たちと農民たちが激しく衝突します。
    悲しい構図でした。この構図は劇中の「ゴミ屋敷」の撤去を仕事として請け負う業者のそれと似ていました。
    鎌首をもたげて「第二砦」に迫り、メリメリと音を立ててバリケードを破壊し、遂には子供たちが隠れた小屋に迫るユンボの姿は、音楽劇『まつろわぬ民2018』の後半の象徴的なシーンと被りました。
    「第二砦」が破壊されても、農民たちは泥でゆかるむ大地に再び砦を修復して次の攻撃に備えていました。まるで「砦」そのものが生きているかのようでした。余談ですが、よねさんは「第三砦」で奮戦していたそうです。
    劇の冒頭でも「強制収容」「強制代執行」みたいなお堅い法律用語が台詞として飛びかっていた気がします。

    「大木よね」さんが第二次強制代執行直前の1971年8月31日に発した「せんとうせんげん」があります。
    「みなさま、こんどはおらがじしょといえがかかるので、おらはいっしょうけんめいがんばります。こうだんやせいふのいぬらがきたら、おらは、はかばとともにブルトーザーのしたになってでも、クソぶくろとみのさんがのこしていったかたなでたたかいます。(以下省略)」
    よねさんはいつも「おらぁ、がんばるだ!」の一言しか発しない方だったと言われています。その姿は「オラがたは結してまつろわねぇ~!」と雄々しく叫ぶ「胆沢すえ」の天晴な姿と激しく被り、暗がりの客席の中の僕に迫ってきました。その時、僕にはあの「ゴミ屋敷」があの時の「第二砦」に見えてどうにも仕方なかったのです。
    それは今の「沖縄」の辺野古や高江が直面している問題と、そこで座り込みを続ける方々の姿と僕の中では間違いなくつながっていました。
    もしも林周一さんという劇作家が「胆沢すえ」という名前の中に「大木よね」という記号を埋め込んでいたとしたらと妄想して頭の中で一人遊びしてみました。
    (続く?)

    ▼音楽劇『まつろわぬ民2018』三都市(東京・酒田・八戸)
    連続公演(演劇集団 風煉ダンス)特設サイト
    https://alafura6.wixsite.com/furendance

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ▼デーリー東北 2018年12月7日(金) 新聞コラム『天鐘』
    http://www.daily-tohoku.co.jp/tensho/tensho.html
    『天鐘』(10月7日)
     歴史の中には、教科書に記述されない出来事と人物が多い。勝者と時の権力者が存在を消し去ろうとしたからでもある。忘却の彼方に追いやられた者は、どれだけいたのだろう▼古代、中央政権から見た東方には「まつろわぬ人ども」と呼ばれる民がいたという。野蛮で文化も遅れている―。中央によって歪(ゆが)められたイメージを作られた「蝦夷(えみし)」のことだとされ、平定の対象だった▼解釈には諸説あるが、東北地方の古代史研究者である高橋富雄氏は述べている。「エミシというのは、政治的に中央の命を奉じないし、その教化にも従うことのない勇猛な反抗者たちを指していた」(『蝦夷』吉川弘文館)▼東日本大震災の直後、八戸市出身の作家木村友祐さんが書き上げた『イサの氾濫』は、現代の東北人を蝦夷に重ねた小説だ。国策である原発の事故で痛めつけられても、被災者は耐え続けて声を発せずにいる。木村さんは畳み掛けた。悔しさを、かつての蝦夷のように「叫べ!」と▼『イサ―』は、同じ東北人である歌手の白崎映美さんを触発する。深い共感から湧くように曲が生まれ、白崎さん主演の音楽劇「まつろわぬ民」が誕生した▼全ての原点は木村さんの東北への想(おも)い。きょうから、八戸市公民館で演劇集団「風煉(ふうれん)ダンス」の公演が行われる。作家の生まれた地で〝女蝦夷〟白崎さんが歌い叫ぶ。寡黙な人々が忘れ去られないように。

    ▼八戸マガジン『ユキパル 55』 2018年 12月号
    目撃せよ!12月7・8日『まつろわぬ民2018』~特報!『まつろわぬ民2018』稽古場に参入!
    http://www.ukipal.jp/web_paper/current-number/ukipal55/

    ▼デーリー東北
    歌と芝居で東北エール 音楽劇「まつろわぬ民」開演(2018/12/08 09:00)
    http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201812080P227768.html

    ▼山形経済新聞 2018年11月26日付
    山形・酒田市で音楽劇「まつろわぬ民2018」 白崎映美さん凱旋公演
    https://yamagata.keizai.biz/headline/479/?fbclid=IwAR0NSeaTGnhXxsnuZ3ejvJfNRHa2pR5adT_N2vUZZIGnHQ83wsgbiRR4pAw

    ▼Yahoo!JAPANニュース 2018年11月13日付
    風煉ダンスの“大スペクタクル音楽劇”「まつろわぬ民」2018年版が3都市で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000019-natalies-ent

    ▼立川経済新聞 2018年11月11日付
    たちかわ創造舎を拠点に活動する演劇集団「風煉ダンス」が「まつろわぬ民2018」を公演!
    https://www.facebook.com/tachikawatimes/posts/1950959644957469?__xts__[0]=68.A

    ▼特別企画 テント芝居・野外劇の現在形
    【劇評】『まつろわぬ民』風煉ダンス2017
    東北百鬼夜行絵巻を 大江戸先住民が観る ~
    平井玄 (批評家)
    http://www.geocities.jp/azabubu/artissue/a11/011sp_hirai.html

    ▼図書新聞  2017年08月05日付
    評者◆伊達政保
    一人一人の胸の奥にある小さな火を燃やせ、援軍はあなたたち――演劇集団風煉ダンスの『まつろわぬ民2017』

    http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/week_description.php?shinbunno=3314&syosekino=10643&fbclid=IwAR37I-iwIi82NSMqV9Xg_r8XEplzAsqY4C6Rbh5la_fsFcPEq7HZN-_2vms


    ※【ネタバレ注意】「まつろわぬ民2018」 演劇・ミュージカル等のクチコミ情報 https://stage.corich.jp/stage/95740

    ▼白崎映美 新旧インフォメーションサイト
    https://emishirasakinew.amebaownd.com/
    http://emishirasaki.com/
    https://www.facebook.com/emishirasaki
    ▼白崎映美&東北6県ろ~るショー!!
    https://www.facebook.com/tohogu6/
    ▼フォトエッセイ『鬼うたひ』白崎映美著 亜紀書房
    http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=756

    ▼小説『イサの氾濫』木村友祐著/未來社
    http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624601195
    ≪出典≫時事通信 2016年4月12日or15日付 [レビュアー]岡和田晃
    木村友祐「イサの氾濫」書評「忘却拒否する魂の叫び」
    「がんばれニッポンっ!」という空白を埋める
    https://www.bookbang.jp/review/article/515309
    ▼木村友祐 https://www.facebook.com/yusuke.kimura.794


    ▼デーリー東北
    歌と芝居で東北エール 音楽劇「まつろわぬ民」開演(2018/12/08 09:00)
    http://www.daily-tohoku.co.jp/kiji/201812080P227768.html


     八戸市出身の作家木村友祐さんの小説「イサの氾濫」を原点とした音楽劇「まつろわぬ民」が7日、市公民館で初日を迎えた。山形県出身の歌手白崎映美さんら27人が出演。エネルギッシュな歌と芝居に乗せて、東日本大震災など多くの苦難を乗り越えた東北地方を応援するメッセージを投げ掛けた。8日まで。

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 16:32Comments(0)演劇