たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.07)

昔々、バイク乗りたちの「乱」がありまして……。



■高速道路上で集団パフォーマンス!

1984年5月13日に実施した「富士・山中湖ミーティング」を扱った雑誌名を失念してしまったけれどその月刊誌のコピーです。
当時は写真週刊誌の全盛前夜の頃で、後に「3FET」時代と呼ばれる『フォーカス』(新潮社)、『フライデー』(講談社)、『フラッシュ』(光文社)、『エンマ』(文藝春秋)、『タッチ』(小学館)と大手出版社5社が競合する戦国時代に突入するのですが、5誌以外にもそのフォーマットを真似たゴシップ系っぽい写真雑誌が複数存在した記憶があります。
この記事コピーの大元も、そんな亜流のひとつだったと思われます。テキストを書き起こしていて道理で文章が稚拙だと自戒を込めて思った次第です(笑)。

イベントの目的は「原告団募集」活動の一環でした。裁判闘争を維持する為には必要不可欠の活動でもあります。目的地にしたのは某明治学院大学の山中湖「湖北寮」でした。
僕的にはサークル連合会の新歓合宿等で使い慣れた勝手知ったる施設です(笑)。
そこにバイクが100台も押し寄せたんですから、さぞかし寮のおばちゃんは腰を抜かしたことと思います。

制限速度を守って走るわけですが、そもそも交通の流れにもシンクロできない上限80キロまでの最高速度規制の時代でしたから、渋滞の原因になっちゃったのかなぁ?(笑)
まだバイクの性能がそれほどでもなかった時代の名残りとしか思えない80キロ速度規制がまかり通っていた時代です。

写真を見ると先頭はZ400GPですから当時19歳の大学生T君かなぁ?100台を引き連れての堂々の先導役って気持ち良かっただろうなぁ~。
この台数が押し寄せた御殿場ICの料金所はETCなんて存在しない時代ですから長蛇の列の大パニック状態でした(笑)。

ても走行は一糸乱れぬ隊列の「集団ツーリング」(マスツーリング)の範疇でしたから整然と走る姿に警察も介入する余地なしでしたね。参加してくれた方もきちんと主催者側の指示を守ってくれました。皆、主旨に賛同した上での参加だから意識や自覚が高かったよね。
“ライディング・ハイ”(RH)のこういった日常活動の実績と経験の蓄積が、後の「日本初のバイクデモ」実現につながっていったんだと思います。まぁ、この体験走行そのものが立派なデモンストレーションそのものでもあるんですけどね(笑)。

【文責】小池延幸(57)/ZRX1200 DAEG
明治学院大MC『井戸端会議』初代総長

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【出典】(雑誌名記憶なし) 1984年7月号?

【タイトル】Rage 激怒/“差別”体験ツーリング—高速料金の不公平に抗議、バイク100台の「デモ行進」

【本文】
 5月12日の午前中に、東名高速道路の海老名・御殿場間を走られた方はさぞかし驚かれたことだろう。でも考えようによってはラッキーですゾ!だってそう思わんか!?今時バイクが100台も連なってツーリングしている風景なんて、めったに見れるもんじゃないから。
 その日は、文字通りの五月晴れのツーリング日和。家族連れや恋人同士のドライヴ客でごったがえした海老名サービスエリアにはバイクが続々と集結してくる。ライダーの着ているワンピーススーツって、明るい風景には似合わないね(色彩の関係かな?)。そんなことどーでもいいんだ。実は、このバイク集団、ウキウキ気分のツーリングチームとはちと違うのだ。「バイク差別と闘うライディング・ハイ」によるバイク・パフォーマンスなのです。
 バイク差別とは、一部陸橋・地下道の通行禁止、250㏄以上のバイクの深夜都心部乗り入れ禁止、高速料金問題など。その中でも最も納得いかないのが高速料金問題。
 なにしろ高速道路上では2人乗りさえ禁止されているにもかかわらず、29人乗りのマイクロバスと同じ普通料金を支払わされるわけだから釈然としない。「もう我慢ならん、おカミといえども許しちゃおけねー!」と、日本道路公団、首都高速道路公団、阪神高速道路公団を相手取り、東京簡裁へ提訴したのが去る3月30日。この時の模様は、本誌6月号で報じた通りだが、その後日談を少々。
 第1次提訴は、争点となる金額(78万6000円)が、裁判所の規定では簡易裁判所扱いとなる。だが、内容が重大な問題であるため、地方裁判所扱いとなってしまったのだ。
 話を本題に戻しますと、この100台ツーリングは、高速道路料金の不公平さを実際に体験してもらおうというもの。
 海老名サービスエリアを10時30分に出発した100台のバイクは、本線を約70キロのスピードで走行、750cc以上の大型から175cc程度のスクーターに至るまで行儀良く2列ら並び、先頭から最後尾まで300m以上の集団になった。
 途中、左端で休憩しているツーリング・グループや、追い越していく自動車から声援がおくられるシーンもあった。また、1台のパトカーが脇を走る場面があったが、運転のおまわりさんも声援はおくらぬものの、珍しい光景を見るようにしてバイク群を抜いていった。
 約50キロ走行して御殿場インターで高速を降りた。不当料金の体験走行とはいうものの、100台ものバイクがやって来たのでは、体験される方はたまったものではない。料金所の職員総出で手分けして料金徴収。料金所のオヤジは、
「ウルセイ、ウルセイ、何なんだこいつらは!」とイライラすることしきり。全員が料金を支払い終わるまでに15分もかかってしまった。料金はもちろん普通車と同じ。
 この後、山中湖畔でオリエンテーションを開き、パフォーマンスを終えた。
 ライダー達の戦いは、まだまだ続く。

【写真キャプション】今日は、マジメに払います/集団暴走行為は、しましぇん!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪過去の『百騎百景』投稿先リンク!≫
興味があったら飛んでみてね♪(#^^#)

▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.06)→日本初のバイクデモ/毎日新聞コラム
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/746057775555170
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.05)→日本初のバイクデモ/東京タイムズ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745692858924995
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.04)→第1波提訴報道/毎日新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745295015631446
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.03)→第1波提訴報道/朝日新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744797609014520
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.02)→結成報告/読売新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744155279078753
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.01)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/743835959110685
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 04:03Comments(0)バイク

    彼等って本当に頼りになるのだろうか?(苦笑)

    俺は政治家(政治屋?)って類の奴らの殆どを、そもそも嫌いというかあまり尊敬も信用も期待もしていなくて、だから連中を「先生」とか呼んでへつらう類の奴らも大嫌いなんです。(それでも、ごく少数ながらも昔はもうちょっと人格的にも立派な叩き上げの政治家っていたと思うんだけど、最近のなんとか政経塾出身と聞くと「お勉強のできる優等生の延長かよ。進学受験の学習塾みたいじゃんかよ」とか思って呆れたり嘆くわけです。最近の閣僚クラスの失言連発を見るにつけても連中って一般市民よりも品性下劣で低俗な印象があるしね。もしかすると元々が権力欲や名誉欲に取りつかれたような変な輩しか政治家を目指さないとかだったりしてね(笑)。さも立派そうなことを人前で臆面もなく喋るのだけはお得意らしいけどね。

    だって、あいつらってそもそも国民の税金で飯を喰わせてもらっている割に高給取りで(貧乏人の俺のヒガミ?)、本来は国民の為に働いているわけなんだからせいぜい我々の為にこき使ってやればいいくらいに思っているのですが、何故か連中は態度も偉そうでさ(笑)。選挙の時だけは当選したくてかペコペコと頭を下げて、ニコニコと気持ち悪い笑顔で握手なんかを求めてくるけどね。個人的には「議員を先生と絶対に呼んではいけない法案」くらい提出したいわ(笑)。

    冗談はさておき、昔のバイク仲間と連絡をとりあっていたら「そういえば民進にもオートバイ議連があった気がするぞ」と教えてもらったのですが、日頃から政治に疎いので「オートバイ議連?なんじゃそれは?」でした(笑)。
    国会議員にももしかしてオートバイ愛好家がいるわけ?若い時に乗ってたとか?自動二輪の免許くらいは取得しているとか???
    どうやら自民や公明にもオートバイ議連や懇話会みたいなグループはあるようで、どちらかといえば次の国政選挙の小選挙での得票を睨んでか最近そっちの与党側のオートバイ議連の方の活動が活発化して目立っているようで民進のソレの動きって俺にはさっぱり見えてこないんだけどね(笑)。

    でも彼等の要求の中には「高速道路料金区分の独立化と料金の適正化」って項目があるんだよね。前述の知り合いに教えてもらったのですが・・・。
    コレって俺らが関心ある例の身近な問題のことだよね。
    この問題は憲法解釈や原発や安保問題みたいな国論を二分するような議論ではない政治色の薄い問題だから、どうか与野党の垣根を越えて超党派のオートバイに理解のあるお偉いさんたちで4輪車と比べて「公正妥当」なものかどうかを常識問題として真剣に検討して欲しいよね。

    2011年の頃には自民と民主の「自由民主党オートバイ議員連盟」と「民主党二輪車ユーザーを支援する議員連盟」(このネーミングは比較的良かったのにね)の2者で合同勉強会をやっていたらしいからね。
    だから料金問題はその流れで是非とも超党派で取り組んでよね。その方が解決も早いと思うし、そもそも30年以上も前にRH(ライディング・ハイ)としては問題提起をした問題なのに、それをずっと放置してきた怠慢さは既成政党にも所轄省庁の官僚側にも(僕らユーザーの側にも)あると思うしね。
    でも、俺らバイク乗りのご機嫌をここにきて慌ててとって、選挙の票田にしようって魂胆だとしたら個人的には御免こうむりたいな(笑)。
    それにしてもオートバイの問題を話し合うのにユーザー抜きって体質は相変わらずだね(笑)。俺らは蚊帳の外みたいっす。
    バイクで走ってもいない連中に一体何がリアルな皮膚感覚としてわかるんだろうかと疑問だしね。ユーザーの声を反映する組織や回路が求められている気がします。
    自民と公明のオートバイ議連だけじゃなくて、民進のオートバイ議連や他の野党のオートバイ好きの連中にも頑張って欲しいものです。
    オートバイ議連って所謂その業界の利権や利益絡みの“族議員”か?(笑)
    体質すらして古っ!

    ≪出典≫response 2016年5月11日付
    民進党オートバイ議員連盟、歴代国交大臣が参加して発足
    https://response.jp/article/2016/05/11/274957.html

    民進党オートバイ議員連盟が10日発足した。今年3月の民主党と維新の党の合流により、旧民主党のオートバイ議連を引き継ぐ形で、新たに民進党として議員連盟が設立された。

    議連参加者は衆参あわせて45人。会長の大畑章宏氏(茨城5区)、会長代理の真淵澄夫氏(奈良1区)、顧問の前原誠司氏(京都2区)と前田武志参議(比例)、羽田雄一郎参議(長野)は民主党政権時代の歴代国土交通大臣経験者。事務局長の磯崎哲司氏は日産自動車労組から自動車総連を経た参議だ。

    「国民と共に進む民進党として新たにオートバイ議連がスタートする。国民と足としてオートバイが普及できるような環境を作らないといけない。昨年8月に関係5省庁に『二輪車産業の健全な発展とその普及促進に関する重点要望』をしたが、その結果がどうなっているのか。確認しながら、課題を乗り越えてオートバイ産業が前進するようにしたい」と、大畠会長があいさつした。

    旧民主党議連の8つの重点要望は以下の通り
    (1)軽自動車税の増税撤回
    (2)ETC購入助成金の支給とETC割引料金の導入
    (3)高速道路料金区分の独立化と料金の適正化
    (4)小型限定普通二輪(125cc)以下の新車への販売インセンティブ支給
    (5)小型限定普通二輪(125cc)免許取得時の負担軽減
    (6)駐車場の整備・拡充
    (7)都道府県間のバス専用通行帯運用基準の統一化
    (8)高速道路路側帯の避難利用の解禁

    同議連の主な役職者
    会長 大畠章宏
    会長代行 増子輝彦
    会長代理 真淵澄夫
    幹事長 武正公一
    事務局長 磯崎哲史

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ≪参考/オートバイの高速道路料金での過去投稿≫

    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.06)→日本初のバイクデモ/毎日新聞コラム
    https://www.facebook.com/halumotoride/posts/746057775555170
    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.05)→日本初のバイクデモ/東京タイムズ
    https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745692858924995
    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.04)→第1波提訴報道/毎日新聞
    https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745295015631446
    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.03)→第1波提訴報道/朝日新聞
    https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744797609014520
    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.02)→結成報告/読売新聞
    https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744155279078753
    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.01)
    https://www.facebook.com/halumotoride/posts/743835959110685
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 04:01Comments(0)バイク