たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


年末年始は仕事が休みでも、テレビをつければくだらないお笑い系の特番ばかりで頭痛がしてきそうなので、そんな時は読書に限るよね。
12月26日には、木村友祐さんの新刊『幸福な水夫』が出ると聞いて、とにかく予約注文しちゃいました。どんな内容なのか未読の作品だけに興味津々。
なるほど、2011年の大震災を挟んだ2作が収録されているというわけなんですね。
「木村家3部作」とか半分冗談っぽいことも何処かで耳にしたけど、どの作品がそれに該当するんだろうなぁ~。案外とエッセイがそれなのかなぁ。木村家がモチーフになっていると思われる『海猫ツリーハウス』と『イサの氾濫』は過去に読ませてもらったので、それに続く作品という位置付けになるのかなぁ?
かなり装丁も凝ったいるみたいですね。トレーシングペーパーかなぁ。

そういえば木村友祐さんは昨年も年末に、オリンピックを間近に控えた東京を舞台にした問題作『野良ビトたちの燃え上がる肖像』(新潮社)を出してくれたんだよね。お正月番組にうんざりするくらいなら俺は読書を選ぶわ(笑)。



▼『幸福な水夫』木村友祐著(未來社) 
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624601218

※内容紹介
「それにしても、震災前と震災後では、ぼくの書き方はガラリと変わってしまった」。
「幸福な水夫」(2010年発表)、「突風」(2015年発表)の小説2篇と書き下ろしエッセイ「黒丸の眠り、祖父の手紙」を収録。書き方は変わっても、郷里の家族とちいさな命を見つめるまなざしは変わらない。温かな、ときに激しい南部弁の響きに満ちた作品集。
装丁:佐藤亜沙美
挿画:榎本マリコ

※著者について
木村友祐(きむらゆうすけ)
1970年生まれ、青森県八戸市出身。八戸を舞台にした『海猫ツリーハウス』(集英社、2010年)でデビュー。ほかの著書に『聖地Cs』(新潮社、2014年)、『イサの氾濫』(未來社、2016年)、『野良ビトたちの燃え上がる肖像』(新潮社、2016年)がある。2013年、フェスティバル/トーキョー13で初演された演劇プロジェクト「東京ヘテロトピア」(Port Bの高山明氏構成・演出)に参加、東京のアジア系住民の物語を執筆(現在もアプリとなって継続中)。詩人・比較文学者の管啓次郎氏の呼びかけで2014年よりはじまった「鉄犬ヘテロトピア文学賞」の選考委員もつとめる。

▼FB 木村友祐
https://www.facebook.com/yusuke.kimura.794

▼『イサの氾濫』木村友祐著: 未來社
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624601195
  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 12:08Comments(0)日常
    ダブルブレストの本格ライダースで不良化しつつある女房!(笑)



    昔は革しか素材も羽織るものもなかったからねぇ~。

    バイクに乗ってりゃあ、転倒する時もままあるわけで、そんな時に耐摩耗性を考えるとやっぱり革ジャンは頼りになります。
    バイクで走っていりゃあ、冬の寒さを身にしみて感じるわけで、そんな時の耐風性能や防寒を考えるとこれまた革ジャンは助かります。
    最近は色々な新素材を使用した優れたジャケットも開発されていて、あれこれ迷うし、宣伝文句にも魅かれるけれど、それでもやっぱり最後は革ジャンには革ジャンなりの魅力があります。

    女房がバイクに乗るようになって、どうも新しいバイク用の革ジャンを欲しがっている気がして、クリスマスだから実用的なプレゼントとして、先週浅草のKADOYAに連れて行って本人にあれこれ試着させまくってレディス用の定番のダブルをチョイス!
    これで今年のクリスマスプレゼントの呪縛からは無事解放?無罪放免?(笑)

    僕がバイクに乗り出した頃、最初に買った革ジャンもKADOYAのダブルブレストでした。袖をファスナーで外せば革ベストにもなる今となっては珍しいタイプのダブルでしたが、カビだらけでこいつは28歳の頃に処分してしまいました(笑)。棄てなきゃよかったと後悔中です。アレはアレで良かったもんな。
    その頃は、店舗も今の場所とは違う、浅草の角の三角形みたいな土地に建っていた気がして、「カドヤって店名の由来は、道の角にあるから角屋なんだろうな」と思った記憶があります。

    次にKADOYAで買ったのは「FORCE MACEES」というラインのボア付の黒のイングランドボマージャケットでした。学生時代、軽音でドラムを叩いていたE君(CBR400F乗り)が、茶系のボマージャックを着ていて、内心「渋いなぁ~♪」とか思っていた影響があったような気がします。
    KADOYAのソレは、以来約30年間、今も(昨日も今日も)街着として着続けています(笑)。もうヨレヨレの1枚です(笑)。
    牛革じゃなくて、KADOYAには珍しいゴートスキン(山羊)製ですから、当時のKADOYAの社長さんから「牛よりは軽くて柔らかいし、薄いのに牛より頑丈で裂けないよ」と奨められた記憶があります。その時は臨時のイベント用の店舗だったのか、上野辺りの何処かのビルの会議室みたいなだだっ広い場所で買った記憶があります。
    幾多の雨や真夏の太陽を受けて、黒い筈の革が今では日焼けで退色して赤茶っぽく変色していますが気にしていません(笑)。
    一度、飛んだボタン付けでKADOYAに修理に出した時に、ある職人さんに「珍しいというか懐かしいのが飛び込んできたなぁ~。まだ使っていてくれたなんて嬉しいなぁ。コレ、俺が昔縫ったんだよ」と言われました。職人さんはミシンの縫い目の癖で自分が縫ったかどうかわかるそうです。

    この20年弱くらいは、KADOYAのEVOシリーズの初期型を着ていたりもします。これは吉田聡のマンガ『荒くれNIGHT』の影響か?(笑)
    着脱可能な脊髄パッドを紛失していましたが、最近KADOYAで再装填♪しかし着心地にはどうにもやや違和感があるよね(笑)。冬は背中が温かそうだけどね(笑)。慣れが必要かもね。だから外しちゃって無くしたんだろうな。



    今回の女房のダブルライダースですが、ライダースの定番ともいえるショット製の618ともデザインは似ているから落ち着きはあるしね。
    まぁ、レッド・ツェッペリンやディープ・パープル好きなROCK女子でもありますからライダースを街着として羽織ってもいいだろうしね。



    ちょうどKADOYAは年末のフェア時期だったので、オマケのハンガー
    とオリジナルのピンズバッジとか貰いましたが、バッジは黒1色で渋かったので俺が貰ってGベストに装着♪(笑)
    ついでに今年の秋冬用のカドヤのカタログもゲット♪

    1935年に「カドヤ皮服店」として東京・浅草に立ち上がった老舗だけに、その職人技とブランド名はバイク乗りには昔から広く受け入れられて支持されていますよね。







    ▼KADOYA
    https://ekadoya.com/
    ▼KADOYA  レディースモデル
    https://ekadoya.com/products/list?maker_id=11
    https://ekadoya.com/products/detail/725
    ▼カドヤ レザーフェア
    https://ekadoya.com/topics/event/detail/587

    ▼Schott
    http://schott-nyc.jp/home.html
    https://www.rakuten.ne.jp/gold/schott/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 00:22Comments(0)バイク