たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  その他 その他


2019年02月19日

冬は南下♪

冬は南下♪

私たちリターン&ビギナー夫婦は“ハマっ子”です。
しかし「横浜」なんて洒落た町の“ハマっ子”ではなくて、静岡県「浜松」市出身という意味での“浜っ子”です(苦笑)。

黒潮流れる遠州灘で産湯を浸かったかどうかは別にしても、子供の頃から太平洋の海を何かにつけ眺めて育ってきました。小~中~高と「春の遠足」といえば一貫して徒歩で「前浜」と呼んでいた砂浜と決まっていたくらいです(笑)。

通っていた高校の4階の校舎の窓辺の席からは防風林(松林)越しに沖合を行き来する大型貨物船やタンカーの姿が見えました。これが止まっているようにしか見えないので、午後の眠気を誘うのです。
正に与謝野蕪村の『春の海 終日(ひねもす)のたりのたり哉(かな)』を思わせる平和で牧歌的な日々だったのです。
これが荒井由美の『海を見ていた午後』に見られる歌詞の「ソーダ水の中を/貨物船が通る」的な世界とは同じ水平線であっても甚だ異なるところです(笑)。

そんなわけで、2人共、実家の前や近くが砂浜や防砂林というような似通った環境で育ったせいなのか、視界に海を捉えたり、磯の匂いを嗅ぐと、思わず「海だね」とニヤッとしてしまうのです。

東京だって巨大な「東京湾」という入江の奥に発展した都市ですしね。
「浜松町」なんて地名も僕らの故郷を想起させてくれます。











  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 12:18Comments(0)バイク
    「俺と彼女のオートバイと小さな島」(笑)

    小島へ渡って朝飯♪

    フェリーで「島へ渡る」と云うほどの大層なものではなく、春の陽気に誘われての三浦半島散歩の続きで、佐島漁港地区から水路にかかるような10メートルどころか全長5メートルくらいの小さな小さな橋を渡り、周囲1㎞足らずの小島「天神島」へ渡りました。
    しかし今日は曇天模様で時々日が射す程度で寒かったなぁ~。

    恐らく、島で唯一のような気もする食堂の海鮮丼で朝ご飯。
    値段は少々張ったけど行楽出費ですからね。



















      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 05:52Comments(0)バイク
    今年も新年のやりすぎな悪戯!?



    これで打ち止めな今年の参加賞(その7)です。
    これはバイク雑誌『ミスターバイクBG』の今月号の読者ページに掲載してもらったオイラたちバガ夫婦の今年の年賀状です(笑)。
    特別なカスタムなんて施してなくても、例えどノーマル車だって小さくなら扱われるってね(笑)。そもそも、俺はバイクそのものじゃなくて、そのバイクに跨る人間の方に興味が湧くタイプだしね。

    「バイク乗りなんて目立ってなんぼ」や「悪目立ち上等」という変な持論と超ミーハー的感覚の持ち主なので、昨年末もコソコソとバイク雑誌の読者年賀状
    欄に応募していました(笑)。

    昔のバイク仲間たちの誰か1人くらいは「あれ?小池さん生きてた?というかバイク復活か?」と気がついてくれれば儲けモノかもね。
    生存確認くらいにはなるかもな♪

    今年は趣味のバイク誌への読者投稿で新規開拓も狙いながらも、まだ書いたの1誌にも送ってないし(笑)。そもそも時代錯誤の長文ばかりなので敬遠されまくっているしね(笑)。
    乗っ取れ出没!誌上ゲリラ戦の貫徹やね(笑)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    ≪バイクリターン後の読者投稿or雑誌登場例≫

    【2017年度】
    ★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
    ★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
    ★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)P22
    「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載

    【2018年度】
    ※2018年の年賀状が『オートバイ』『カワサキバイクマガジン』『ロードライダー』『Bike JIN』(培倶人) 『ヤングマシン』『ミスターバイクBG』『バイカーズステーション』『OutRider』8誌の3~4月号の読者ページに掲載
    ★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 月刊化第1号  P94~P97寄稿掲載
    ★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
    ★『単車倶楽部』2018年6月号 キャンプツーリング特集P25寄稿掲載
    ★『単車倶楽部』2018年7月号 読者投稿みんなの伊豆VOICE P25
    ★『MCクラシック』誌 Vol.05(2018年6月号)P139~140 読者の声TALKS投稿掲載
    ★『ガールズバイカー』2018年8月号 P26 最下段にVTR女房チョコさん登場
    ★隔月誌『昭和40年男』S40ニュース採用 2018年7月14日付
    タメ年が作った「コンテナハウス」に憧れる!
    https://www.s40otoko.com/archives/49403
    ★『単車倶楽部』2018年9月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P33下段
    ★『単車倶楽部』2018年10月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P63上段
    ★『エンシュージアスト』創刊第2号 2018年8月25日発行 寄稿掲載 P54下段

    【2019年度】
    ★『単車倶楽部』2019年1月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載 P29上段
    ★『単車倶楽部』2019年1月号 みんなのライダースVOICE特別版 投稿掲載 P39中段
    ※2019年の年賀状が『タンデムスタイル』3月号(P71)、『単車倶楽部』3月号(P87)、『BikeJIN』(培倶人)3月号(P123)、『カワサキバイクマガジン』3月号(P140)、『オートバイ』3月号(P145)、『RIDE』3月号(P79)、『ミスターバイクBG』3月号(P152)計7誌掲載
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 02:56Comments(0)バイク
    今冬は「革パン」履かずにこのまま済みそうなんですけど・・・。




    『ワークマンプラス』の安い防寒ウェアのおかげで、どうやら今季の私の防寒着出費はパンツ2本(緑と黒)、シェルパーカー1枚、グローブ1揃えの計8380円で済みそうです。Gパン1本分の値段だよね。

    耐寒の許容範囲には個人差があるので、同じウェアを着用していても女房は「それでもまだ寒い」とネックウォーマーで武装しても嘆いていますが、私は指先と爪先の痛さを除けば後は許容範囲に収まっています。

    2月に入って2回バイクで出かけましたが、革ジャンの下に1900円の『ワークマンプラス』の防寒シェルジャケット。その下はTシャツとヒートテックの計4枚重ね。ボトムは2900円の『ワークマンプラス』の防風ウォームパンツのみでタイツ等の重ね履き無し。手袋は2冬使用したコンビニで買った自転車用の1000円の防寒手袋から、680円の『ワークマン』の防寒グローブ(バイク用としては細かい操作性に多少の難ありかも)をチョイスしたくらいです。

    バイクどころか、この格好で毎日仕事に出かけているくらい重宝しまくっています(笑)。これでは革パンの出番が無い!

    ▼ワークマンプラス
    https://www.workman-plus.com/
      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 22:37Comments(0)バイク
    部屋にあった紙屑じゃなくて「お宝」です♪

    1982年、それはまだインターネットもなければ、当然ながらホームページもFacebook等のSNSなんて手軽なメディアが存在しなかった太古の時代の話です。僕などは大学で「ミニコミ」やアジビラ作りに熱中していた頃です(笑)。

    そんな頃、横浜の小さなバイクショップに集うモーターサイクルクラブが独自のメディアを世に放ったことをご存知でしょうか。
    その名も『ペーパー・ケンタウロス』というタブロイド判の《新聞》(機関紙)でした。キャッチコピーは《この新聞を前衛 とりわけ12・13・14歳の若き前衛達に送る》と銘記されていました。
    創刊号の『最後の晩餐』をモチーフにしたアートワークに度肝を抜かれた表現者もさぞかし多かったことと思われます。

    とにかく衝撃でした。
    彼等が自らのメディアを持ったことも、解禁以前の「ヘアーヌード」を掲載したりと、とにかく過激でした(笑)。社会問題からファッションまで幅広く切り込んでいました。
    まぁ、ライター、エディター、カメラマン、デザイナー、イラストレーター、漫画家、作家といったクリエイター関連の人材も掃いて棄てるほどに豊富だったと思われますし、バイク雑誌も含めてマスメディアのやれないことを、壮大な実験として紙面上でしていた気がします。










      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 20:21Comments(0)バイク
    ステッカーチューン!(笑)

    今年のコーヒーブレイクミーティングのステッカーを大磯の会場で貰ってきたので、DAEGの“ローレプもどき”デカールの下にペタッ!
    デザイン的に似ているからココが似合うかもな。

    バイクに無頓着な女房に「ローソン」と言っても間違いなく「コンビニがどうしたの?」と返答されるだろうな(笑)。

    最近、立ちゴケして折ったクラッチレバーは、次に根元から折った時の予備レバーとしてシート下へ収納(笑)
    写真は先っぽを折った直後のもの。指は充分かかるから自走可能でした。







      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 11:26Comments(0)バイク
    今も彼等一党は「YOKOHAMA」に棲む!





















    過日のこと、MC「KENTAUROS」執行部からクラブ会員宛の新年度のご挨拶状を拝領致しました。
    彼らの本部やクラブハウス『夜坐蔵』(YAZAKURA)は今も横浜です。
    併設の〈The Shop108〉が、本年2月2日(土)に新装開店というアナウンスがあったので、早速、翌2月3日(日)に彼ら眷属(けんぞく)の巣であるクラブハウスを訪問してきました。

    毎週土曜日のみの営業で、AM11~PM6までOPENしているようです。
    横浜のショップではTシャツ、ステッカー、キャップ、新商品のキーホルダー等のオリジナル商品も扱っていましたよ。千葉県養老渓谷の通称「時雨谷」にも不定期営業のショップやクラブハウス『厩舎』(UMAYA)」がありますよね。

    実は3日の日は旧暦というか旧正月と申しますか、「太陰暦」では正月元旦にあたることもあってバイクで地元神社9社を廻る《横濱村鎮守太陰暦正月参詣》という神聖で粋な行事が催されました。
    有難いことに「児廻隊」隊長さんから私たち夫婦もお声がけを頂いていたので「参加しまぁ~す」と喜び勇んで出かけてご同道させて頂いていたのです。

    そんなわけで午前中からクラブハウス前に30台以上の一族がバイクで集合していました。
    私の立場で申すことでもないのですが、新装開店となった横浜のショップも是非ご贔屓にお願い致しますって感じかな?

    ▼Mc.KÉNTAUROS
    https://www.facebook.com/kentauros1964/

    PS.
    おおっ、クラブハウスで鳴っていたラジオはSONYの名機スカイセンサー5800ですね。俺の5500より格上だな(笑)。1970年代前半の昔のラジオなのに今でもいい音してました。  


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 09:03Comments(0)バイク
    この号から、まだ1年とは・・・。

    MYお宝物というか改めての感謝感激雨霰かな?

    振り返ってみると、僅か1年前の話でした。
    N編集者様からのご厚意で月刊化以前の“単車倶楽部”を見本誌として頂いたのがちょうど昨年のこんな時期の昨年2月上旬の頃だったと思います。
    それが2月中旬に「何か書いてみませんか?」という打診を頂き、2月下旬、撮影日の翌日には原稿を急ぎ送信したような記憶があります。

    それが2018年3月24日売りの記念すべき『単車倶楽部』月刊化第1号の5月号のモノクロページに掲載となりました。
    以来、編集部にはご迷惑のかけっぱなしの日々ではありますが、59歳同士のリターン&ビギナー夫婦にとって随分と濃密な1年間の単車生活を過ごしてきたものだったと感慨深く振り返っている今日この頃です。謝々。
    無事是名馬也。いつか路上で。










    ▼単車倶楽部
    https://www.facebook.com/tanshaclub/

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ≪バイクリターン後の読者投稿or雑誌登場例≫

    【2017年度】
    ★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿
    ★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
    ★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)P22
    「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載

    【2018年度】
    ※2018年の年賀状が『オートバイ』『カワサキバイクマガジン』『ロードライダー』『Bike JIN』(培倶人) 『ヤングマシン』『ミスターバイクBG』『バイカーズステーション』『OutRider』8誌の3~4月号の読者ページに掲載
    ★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 月刊化第1号  P94~P97寄稿掲載
    ★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
    ★『単車倶楽部』2018年6月号 キャンプツーリング特集P25寄稿掲載
    ★『単車倶楽部』2018年7月号 読者投稿みんなの伊豆VOICE P25
    ★『MCクラシック』誌 Vol.05(2018年6月号)P139~140 読者の声TALKS投稿掲載
    ★『ガールズバイカー』2018年8月号 P26 最下段にVTR女房チョコさん登場
    ★隔月誌『昭和40年男』S40ニュース採用 2018年7月14日付
    タメ年が作った「コンテナハウス」に憧れる!
    https://www.s40otoko.com/archives/49403
    ★『単車倶楽部』2018年9月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P33下段
    ★『単車倶楽部』2018年10月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P63上段
    ★『エンシュージアスト』創刊第2号 2018年8月25日発行 寄稿掲載 P54下段

    【2019年度】
    ★『単車倶楽部』2019年1月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載 P29上段
    ★『単車倶楽部』2019年1月号 みんなのライダースVOICE特別版 投稿掲載 P39中段
    ※2019年の年賀状が『タンデムスタイル』3月号(P71)、『単車倶楽部』3月号(P87)、『BikeJIN』(培倶人)3月号(P123)、『カワサキバイクマガジン』3月号(P140)、『オートバイ』3月号(P145)、『RIDE』3月号(P79)6誌掲載

      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 10:36Comments(0)バイク
    《自宅にあるお宝バイクアイテム?》募集終了後編

    「宝物」って、ピカピカとかキラキラしているイメージがありますよね。

    そんな思いつきで本棚から出してきた本は「浅間ミーティング」の立役者の中沖満さんの著書『ぼくのキラキラ星』と、『がむしゃら1500キロ』『オートバイと初恋と』の著書もある伝説のレーサー、浮谷東次郎さんの『俺様の宝石さ』です。
    1957年に15歳の少年が、千葉県市川から大阪往復の1500キロを50ccのバイクでやり遂げているんですから、ツーリングの先達ですよね。

    お気に入りの真鍮のバックルも随分と経年変化で汚れてくすんでいたので、試しに台所のクレンザーで磨いてみたらピカピカにはなったけれど、こりゃくすんでいた方が渋くて正解でした(笑)。このバックルも今は市販されていないからレアかもね。











      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 23:56Comments(0)本棚
    《自宅にあるお宝バイクアイテム?》締切後編

    これも“心の宝物”になるかもなぁ~。

    片岡義男さんの『彼のオートバイ、彼女の島』は1977年に出た本ですから、多くのライダーが魅了された作品として、今や「オートバイ小説」の古典的名作と呼んでも差支えないかも知れません。
    この銀塩写真がなんともいえぬ味があって好きでたまりません。

    文庫版の解説は評論家の室謙二さんが書かれていますが、ハードカバー版は片岡義男さんご自身があとがきを担当されています。
    琴線に響く表紙のキャッチコピー「夏はただ単なる季節ではない。それは心の状態だ。」という主題が立ち上がってきた経緯や意味を知ることが出来ます。

    この有名なフレーズの生まれた経緯は片岡さんの『限りなき夏1』(1981年)の文庫本のあとがきでも触れていました。
    私には、映画『エンドレス・サマー(終わりなき夏)』(1966年)、或いはビーチボーイズの名曲『オール・サマー・ロング』(1964年)といった名前を思わず想起させてくれます。














      


  • Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 21:13Comments(0)本棚