たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


「紅葉狩り・濡れ落葉の山に・やや焦る」(字余り)





































このところ、週末の土日はやたら天候も不安定で、本来であればバイクツーリングには適した季節なのに出かけるのをためらうばかりでストレスが充満(笑)。

で、先日の3連休の土曜だけポッカリと休みが取れたので、早起きして上毛三社のひとつ、妙義神社に向けて1200DAEGとVTR250でGO!
神社詣でといっても、大凡「建国神話」なんてお伽話にはあまり傾倒していない小生なので、あくまでツーリングの口実!(笑)
そもそも「記紀神話」などは天皇制なり支配する側の正当性の担保の必要性に於いて後世に創られたものだと思うしね。
まぁ、それでも境内の静謐な空気は都会の雑踏と比べると好きではありますが、あくまで僕の荒んだ精神のリフレッシュとしての森林浴みたいなものです。

ビギナーの女房は自動二輪免許取得後1年は初心者運転期間なので軽微な違反も命とりなので、もっぱら高速道路でも制限速度遵守なので80~100キロ巡行が基本で、たまに追い越し時に120キロまで加速するくらいののんびりペース。

上信越自動車道を碓氷軽井沢ICの手前の松井田妙義ICで下車して、近くの「道の駅みょうぎ」駐車場にすんなり到着。
ここの風景にデジャブな気がしたのは、今年の夏(9月9日?)にテレビ東京の土曜スペシャルって番組で「秩父~長瀞~軽井沢を巡る 激走!150キロ 道の駅駅伝」というのがあって、猫ひろしがこの区間を走り立ち寄るシーンがあったせいでした(笑)。

駐車場から見上げる妙義山の険しい岩山の姿はなかなか見応えがありました。
どうも厳密には妙義山という山があるわけではなく、幾つかの山や峰を集めた総称らしいのも初めて知りました(笑)。

その「道の駅」からも妙義神社の鳥居が見えるので、チョコチョコ歩いていったら、見上げるような石段に思わず参拝を躊躇したくなる始末(笑)。
ヒイヒイ言いながら登ったら眺望は良かったけどね。

駐車場から少し上ったところの立ち寄り温泉に入ったけれど、女湯の露天風呂からは妙義山の岩山が見えてロケーション的には大満足だったみたい。
ランチも1000円以下の値段としては満足すべき内容でした。

そのまま県道196号線(上毛三山パノラマ街道?)を下って中乃岳駐車場で休憩。
この道は路面もかなり荒れていて、大きな縦割れのギャップもあって、前輪を取られて冷や汗ものでした。沢の水が流れていた山陰の路面には落ち葉も堆積していて滑らないように慎重に運転。
雨もやや本降りになってきたものの合羽を羽織るのはやめて、そのまま下仁田町へ下って、下仁田ICから高速に上がって雨雲から逃げるようにひたすら南下して脱出。
無事是名馬也。

▼妙義神社(群馬県富岡市) http://myougi.jp/
▼道の駅 妙義(みょうぎ物産センター)
http://www.myogi-bc.jp/
▼妙義ふれあいパーク 妙義温泉「もみじの湯」
http://www.tomioka-silk.jp/spot/sightseeing/detail/FureaiP-Momiji-no-yu.html
▼妙義山パノラマパーク
http://www.tomioka-silk.jp/spot/sightseeing/detail/PanoramaPark.html


  • 同じカテゴリー(バイク)の記事画像
    傑作アニメのキービジュアルで登場した有名な橋♪(秩父行その4)
    秩父の象徴的な心象風景のひとつ?(秩父行その3)
    ここは約130年前の秩父の「まつろわぬ民」の武装蜂起の地!(秩父行その2)
    農民ロケット!
    あの雑誌の創刊号のオンライン無料配信が始まりました♪
    学生時代からの悪友の近況あるいは肖像?
    同じカテゴリー(バイク)の記事
     傑作アニメのキービジュアルで登場した有名な橋♪(秩父行その4) (2018-12-04 08:16)
     秩父の象徴的な心象風景のひとつ?(秩父行その3) (2018-12-03 02:50)
     ここは約130年前の秩父の「まつろわぬ民」の武装蜂起の地!(秩父行その2) (2018-11-29 17:30)
     農民ロケット! (2018-11-28 14:38)
     あの雑誌の創刊号のオンライン無料配信が始まりました♪ (2018-11-23 07:10)
     学生時代からの悪友の近況あるいは肖像? (2018-11-22 22:29)

    Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 18:14 │Comments(0)バイク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    「紅葉狩り・濡れ落葉の山に・やや焦る」(字余り)
      コメント(0)