たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  その他 その他


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭

横浜市民でもないエトランジェの立場の僕にはお恥ずかしい話ではありますが横浜公園と聞いてもそこが横浜スタジアムのある場所とわかるまで正直ピンと来ませんでした。

この場で“港と女の横浜150年史”を紐解いていくと重厚長大な量になってしまうので省略しますが、幕末の開港に合わせて港崎(みよざき)遊郭が置かれた場所です。当然ながら外国人相手の女性に対する差別や偏見も生まれたと思います。彼女たちは「洋妾」(らしゃめん)と呼ばれていました。

洋妾に限らず、貧困故に人身売買で売られてきたような遊女たちの悲しい定めや涙が埋まっていると思います。
その名残りを唯一留めるのが公園内の日本庭園の一角にひっそりと建つ岩亀(がんき)楼の石灯篭です。この地の遊郭の中でも最も豪華で大きな遊郭だったそうです。

公園内はチューリップが咲き乱れていました。
横浜には光と影があります。その陰影がまた魅力的でもあります。
娼婦たちの歴史は敗戦後に連合軍の進駐で再び新たな負の歴史を横浜に落とすことになります。それはまた別の機会に……。

▼岩亀楼の石灯籠(横浜公園)
https://tokyo-bay.biz/pref-kanagawa/city-yokohama/kn0478/

《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭



《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭


《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭




  • 同じカテゴリー(バイク)の記事画像
    今月は創刊3周年号に先月号に続いてチラッと登場♪
    過積載かもな
    奥多摩は東京戸なのに自然も秘境感もいっぱい♪
    奥多摩のトレーラーハウスカフェ
    EDGE OF TOKYO
    久々の誌面掲載♪
    同じカテゴリー(バイク)の記事
     今月は創刊3周年号に先月号に続いてチラッと登場♪ (2020-09-29 03:26)
     過積載かもな (2020-09-19 21:45)
     奥多摩は東京戸なのに自然も秘境感もいっぱい♪ (2020-09-16 16:38)
     奥多摩のトレーラーハウスカフェ (2020-09-15 16:11)
     EDGE OF TOKYO (2020-09-08 02:26)
     久々の誌面掲載♪ (2020-08-30 16:41)

    Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 02:43 │Comments(0)バイク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    《横濱ダークサイドストーリー》~横浜公園の岩亀楼の石灯篭
      コメント(0)