たまりば

  車・バイク・乗り物 車・バイク・乗り物  その他 その他


▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.22)

★業界紙『二輪車新聞』でも紹介されたよ♪

その昔、「バイク乗り」自身による義憤と異議申し立てがこの国でもありました・・・。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.22)


【出典】『二輪車新聞』
1983年(昭和58年)12月9日(金曜日)

【タイトル】一万人の賛同者集め二輪ライダーが決起/高すぎる高速料金!/一万人を集めて集団訴訟

【リード】高速道路の二輪車料金が普通車と同じというのは高すぎるとして払い過ぎ料金の返還を求める訴訟を起こす運動が始まっている。この運動を始めたのは二十代から四十代までのバイクが大好きな学生や会社員で十一月十八日に結成された「バイク差別と闘うライディング・ハイ連絡会」(小池延幸事務局長)で、一万人の賛同者を集めて原告団を組織し、集団訴訟を起こそうと準備を進めている。二輪車の増加とともに高速道路を利用するライダーも多くなっている現在、同会の今後の動きが各方面から注目されている。

【本文】
二輪車の高速料金問題は、今までにも数多くのマスコミが取り上げているが、いずれも現行の料金体系を改善するまでには至らなかった。とくに数年前「学生二輪倶楽部連盟」が建設省・道路公団に質問状を送ったことや、バイクデモなどを行ったことは記憶に新しい。しかしこれも正式な回答を引き出すことだけで終わり、以後の進展はみられない。
 同会では過去におけるこうした貴重な経験を踏まえて、直接二輪車料金を別枠化することを訴えるのではなく、払い過ぎた料金を返還させる訴訟を起こすことによって現行の料金体系の問題点を浮き彫りにし、更に二輪車料金の別枠化に向け働きかけていこうというもの。
 具体的な集団訴訟の手続きについて同会では、趣旨に賛同するライダーの委任状のほか免許証や車検証、高速道路料金の領収書のコピー、訴訟費用として一口千円程度を送ってもらうことを予定しており、近日中に各雑誌等を通じて発表するとしている。
 返還請求額については、現行料金の半額を目安にしているが、個人で高額な請求をすると、訴訟費用も比例して増加するため、同会では上限を設けて対処してゆく方針を打ち出している。これにより一人当たりの金額は少ないものとなるが、あくまで二輪車高速料金別枠化が目的であるため、一人でも多くのライダーに参加し易いようにしたいとしている。
 同会事務局長の小池延幸氏の話によると、「二輪車に乗っていて疑問に思う規制や問題は、高速道路料金、高速道路での二人乗り禁止などだけではなく、250㏄以上の二輪車の都心部への深夜乗り入れ禁止、一部陸橋や地下道のバイク通行禁止規制等、数えきれない程。この現状を改善し、少しでもライダーが走りやすい環境作りを目指してこの連絡会を結成した」と語った。
 同会が起こす集団訴訟を実際に取り扱うのは弁護士の大津卓滋氏で、大津氏も一人のライダーとして賛同している。
 大津氏の話によると、「この訴訟は民事訴訟のため原告を無限に増やすことができる。これにより今までつながりの無かった多くのライダー達の不満の声をまとめて、一つの集団訴訟を起こすことができ、社会に強くアピールすることができる。また、高速道路料金については領収書が発行されるため誰でも比較的容易に立証が可能である」と語っている。
 現行の料金体系は「普通車」(総重量八トン未満のトラックや乗車定員二十九人以下のマイクロバスを含む)、「大型車」(総重量八トン以上のトラック、路線バス)、「特大車」(総重量二十トン以上のトラック、四軸以上のトレーラーなど)の三つに分かれており、二輪車は(125㏄以上)「普通車」扱いとなっている。
 欧米諸国では、二輪車料金を有料としているところは少なく、また二輪車は有料の場合でも別枠料金となっているところが多いといわれている。
 また二輪車は二人乗りも禁止されているため、普通車に四人乗った場合と比較すると非常に大きな差が生じている。
 そのほか、現行料金体系では高速道路を走る二輪車の実数も把握することができないなどという弊害もでてきているのが現状だ。
 二輪車ブームによって、二輪車が増加した現在、二輪車に対する差別をなくそうという同会の今後の活躍に期待したい。
 同会への詳しいお問い合わせは東京都・・・(以下省略)

【写真キャプション】(上)高速道路を利用するライダーも多い/(下)連絡会の活動方針を語る小池事務局長

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

『二輪車新聞』(https://www.nirin.co.jp/)
というオートバイ業界紙をご存知でしょうか?バイク業界では唯一の貴重な専門紙で、僕が生まれた昭和34年(1959年)に創刊されたというので58年目になる週1発行の老舗ペーパーですよね。
僕も取材を受けるまでは失礼なことに存在を知らない新聞でした。バイク屋のオヤジさんなんかは熱心に読んでいるんだろうな。

ライディング・ハイの手法は、一見「お金返せ!」みたいにみみっちく見えても、実はそれは当時の普通車料金枠からの独立を狙った
一種の「搦手」(からめて)だったんだよね。
それまでの正面きっての「料金下げろ」とはちょっと切り口が違っていたのもユニークでマスコミの興味を集めたかもね。
これも戦術・戦略の“編集”の一種かもね。
目的は、バイクの料金を下げることや車種区分の変更などだから、そこを見失わなければ(見失うわけもないけど)闘い方の手段や方法はコッチ側の自由だからね。

【文責】小池延幸(58)/ZRX1200 DAEG
明治学院大MC『井戸端会議』初代総長

≪資料≫『RIDE百騎百景』等過去投稿先!
1980年代中期、国を相手に果敢に挑んだ無名の千数百名のバイク戦士たちの軌跡。
ボクは、忘れ去られた者、虐げられながら闘い抜いた者たちの声に想いを馳せたい。

▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.01)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/743835959110685
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.02)→結成報告/読売新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744155279078753
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.03)→第1波提訴報道/朝日新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744797609014520
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.04)→第1波提訴報道/毎日新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745295015631446
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.05)→日本初のバイクデモ/東京タイムズ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745692858924995
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.06)→日本初のバイクデモ/毎日新聞コラム
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/746057775555170
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.07)→東名高速集団走行会
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/746966162130998
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.08)→「オートバイ」誌インタビュー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/747943218699959
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.09)→バイクジャンボリー1984
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/748209398673341
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.10)→朝日ジャーナル
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/748817658612515
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.11)→提訴前報道/サンケイ新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/749295718564709
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.12)→週刊プレイボーイ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/749576798536601
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.13)→東京タイムズ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/750662825094665
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.14)→東京新聞/提訴直前報道
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/751205345040413
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.15)→中日スポーツ/提訴前報道
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/753150251512589
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.16)→週刊読売(部分)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/753787134782234
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.17)→内外タイムス
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/754273438066937
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.18)→週刊読売(全文)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/754581538036127
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.19)→東京中日スポーツ
https://www.facebook.com/koike.nobuyuki.92/posts/1362394157171111?pnref=story
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.20)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/755541261273488


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その1)→会員証ステッカー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/749295648564716
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その2)→茂木モータース・2輪を考える会
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/750413231786291
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その3)→バイクジャンボリー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/750663231761291
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その4)→BJ84
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/751005391727075
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その5)→BJ85ステッカー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/751006341726980
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その6)→バイクデモビラ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/751538301673784
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その7)→小説家高千穂遥さん
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/751908108303470
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その8)→大津弁護士
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/752324338261847
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その9)→BJ84~吉本論文
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/752777328216548
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その10)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/753275184833429
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その11)→トレーナー(背中)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/754719868022294
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その12)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/755462951281319



  • 同じカテゴリー(バイク)の記事画像
    今月は創刊3周年号に先月号に続いてチラッと登場♪
    過積載かもな
    奥多摩は東京戸なのに自然も秘境感もいっぱい♪
    奥多摩のトレーラーハウスカフェ
    EDGE OF TOKYO
    久々の誌面掲載♪
    同じカテゴリー(バイク)の記事
     今月は創刊3周年号に先月号に続いてチラッと登場♪ (2020-09-29 03:26)
     過積載かもな (2020-09-19 21:45)
     奥多摩は東京戸なのに自然も秘境感もいっぱい♪ (2020-09-16 16:38)
     奥多摩のトレーラーハウスカフェ (2020-09-15 16:11)
     EDGE OF TOKYO (2020-09-08 02:26)
     久々の誌面掲載♪ (2020-08-30 16:41)

    Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 01:01 │Comments(0)バイク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.22)
      コメント(0)