たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


ダークサイドツーリング~無言館
ダークサイドツーリング~無言館


ダークサイドツーリング~無言館


ダークサイドツーリング~無言館


ダークサイドツーリング~無言館


ダークサイドツーリング~無言館
ダークサイドツーリング~無言館


ダークサイドツーリング~無言館


ダークサイドツーリング~無言館
ダークサイドツーリング~無言館
ダークサイドツーリング~無言館
ダークサイドツーリング~無言館

敗戦から74年目の夏です。

信州・上田郊外の丘の上に教会のような外観でひっそりと建っているのが戦没画学生慰霊美術館「無言館」です。画家を目指しながらも、ただ一片の召集礼状で学徒動員され、散っていった無念の若者たちの遺作等を集めた小さな美術館です。絵筆を持つべき手に歩兵銃や銃剣は似合わなかったと思います。

その為、ここには著名な作家や作品は存在しません。学業や志半ばにして戦場の露と消えていったまだ無名だった彼らが生きた証の作品ばかりです。
美術の門外漢の僕には、彼らの作品の構図や画力などどこが技術的にまだ未熟なのかはわかりません。でも芸術にかけた情熱は有名画家と同じだと思います。死を覚悟して、戦場へ旅立つ日の朝まで愛するものを描き続けたり、心残りではあったでしょうが書きかけの作品もありました。それが観る者の心に無言で訴えかけてくるんでしょうし、だから僕は作品の前で言葉を失います。

『口をつぐめ、眸(め)をあけよ 見えぬものを見、きこえぬ声をきくために』(窪島誠一郎)とチケット裏面に館長の言葉が記されていました。好きなバイクで走りまわって遊んでいられるのも平和な社会だからこそです。無事是名馬也。いつか路上で。


注)「ダーク(サイド)ツーリング」とは、《人類の悲劇を巡る旅》と一般に定義される「ダークツーリズム」から思いついた造語です。ダークツーリズムをバイクでやったらダークサイドツーリングの意のつもりです。


子供たちも夏休みに訪問してみても良い場所かも。受け止め方は色々あって自由だけど、何か感じることはあるはずです。


▼戦没画学生慰霊美術館 無言館
http://mugonkan.jp/

【参考文献】
▼無言館ノオト~戦没画学生へのレクイエム 窪島誠一郎著/集英社新書/2001年
▼「無言館」にいらっしゃい 窪島誠一郎著/ちくまプリアー新書/2006年
▼「君死にたまふことなかれ」と『きけわだつみのこえ』・「無言館」幸津國生著/2001年/文芸社

▼美術手帖 2015年9月号 特集:絵描きと戦争
▼戦争画とニッポン 椹木野衣×会田誠/講談社/2015年

PS.
一方、絵描きと戦争の蜜月ともいうべき「戦争画」というジャンルや国策に結果的に参加した従軍画家(派遣画家)の存在もありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪バイクリターン後の読者投稿or雑誌登場例≫

【2017年度】
★『道楽』No.16(2017年2月16日発売号)P100 「みちコラム」寄稿な


★『カワサキバイクマガジン』vol.127(2017年9月号) P113投稿再掲
★『R★B』(レッドバロンマガジン)vol.24(2017年秋号)P22
「走れ!プロフェッショナル」特写記事掲載

【2018年度】
※2018年の年賀状が『オートバイ』『カワサキバイクマガジン』『ロードライダー』『Bike JIN』(培倶人) 『ヤングマシン』『ミスターバイクBG』『バイカーズステーション』『OutRider』8誌の3~4月号の読者ページに掲載
★『単車倶楽部』Vol.4(2018年5月号 月刊化第1号  P94~P97寄稿掲載
★『道楽』No.23(2018年4月16日発売最終号)特集『道楽キャンプ 愛すべき残党達よ!』P23下段にトピック登場
★『単車倶楽部』2018年6月号 キャンプツーリング特集P25寄稿掲載
★『単車倶楽部』2018年7月号 読者投稿みんなの伊豆VOICE P25
★『MCクラシック』誌 Vol.05(2018年6月号)P139~140 読者の声TALKS投稿掲載
★『ガールズバイカー』2018年8月号 P26 最下段にVTR女房チョコさん登場
★隔月誌『昭和40年男』S40ニュース採用 2018年7月14日付
タメ年が作った「コンテナハウス」に憧れる!
https://www.s40otoko.com/archives/49403
★『単車倶楽部』2018年9月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P33下段
★『単車倶楽部』2018年10月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載P63上段
★『エンシュージアスト』創刊第2号 2018年8月25日発行 寄稿掲載 P54下段

【2019年度】
★『単車倶楽部』2019年1月号 みんなのライダースVOICE 投稿掲載 P29上段
★『単車倶楽部』2019年1月号 みんなのライダースVOICE特別版 投稿掲載 P39中段
※2019年の年賀状が『タンデムスタイル』3月号(P71)、『単車倶楽部』3月号(P87)、『BikeJIN』(培倶人)3月号(P123)、『カワサキバイクマガジン』3月号(P140)、『オートバイ』3月号(P145)、『RIDE』3月号(P79)、『ミスターバイクBG』3月号(P152)計7誌掲載
★『単車倶楽部』2019年4月号 特集/ツーリングの楽しいコト100 
P19下段 投稿掲載
★『ミスターバイクBG』2019年4月号 P182~183投稿掲載
★『タンデムスタイル』2019年5月号(P61上段)投稿掲載
★『ライダースクラブ』2019年5月号(P179)投稿掲載
★『BikeJIN』2019年5月号(P164下段)投稿掲載
★『単車倶楽部』2019年6月号(P62下段)投稿掲載
★『タンデムスタイル』2019年6月号(P71中段)投稿掲載
★『ライダースクラブ』2019年6月号(P139)投稿掲載
★『ミスターバイクBG』2019年6月号(P183上段)投稿掲載
★『単車倶楽部』2019年7月号(P56上段/P66下段)投稿掲載
★オートバイ別冊付録『RIDE』2019年7月号(P77上段)投稿掲載
★『カワサキバイクマガジン』2019年7月号(P99下段)投稿掲載 
★『ミスターバイクBG』2019年7月号(P182下段)「小池劇場」として掲載
★『単車倶楽部』2019年8月号(P14下段)投稿掲載&同号P24、P26にも誌面登場
★『オートバイ』2019年8月号(P161左下)「ツーのさかな」投稿掲載
★『ガールズバイカー』2019年8月号(P101下段)投稿掲載
★『ミスターバイクBG』2019年8月号(P182上段)「小池劇場」掲載
★『モーターサイクリストCLASSIC』2019年8月号(P118~119下段)投稿掲載
★『モトツーリング』2019年9月号(P118)下段投稿掲載


  • 同じカテゴリー(バイク)の記事画像
    なんと6カ月連続登場‼
    キャプテン・アメリカの死とウッドストックの終焉
    「あの花」の「あの橋」までツーリング
    小雨なんて気にしない(笑)。
    ちょいと彩湖まで
    走り出すには良い季節がやってきた
    同じカテゴリー(バイク)の記事
     なんと6カ月連続登場‼ (2019-10-15 13:36)
     キャプテン・アメリカの死とウッドストックの終焉 (2019-10-13 09:59)
     「あの花」の「あの橋」までツーリング (2019-10-11 07:36)
     小雨なんて気にしない(笑)。 (2019-10-09 23:21)
     ちょいと彩湖まで (2019-10-08 08:05)
     走り出すには良い季節がやってきた (2019-10-07 11:58)

    Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 15:05 │Comments(0)バイク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    ダークサイドツーリング~無言館
      コメント(0)