たまりば

  音楽・バンド 音楽・バンド  清瀬市 清瀬市


▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.14)

「造反有利」!1980年代、「バイク乗り」自身による大きな「異議申し立て」運動の歴史がこの国でもあった事実をココに刻んでおきたいと思います。

▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.14)


■ド迫力の提訴予告報道!

ガンガンバンバン、シェアしまくってねぇ~♪
あの季節を駆け抜けた≪勇者たち≫の闘いを後世まで日本のバイク乗りの皆さんの記憶に刻んでいて欲しいな♪
彼らの挑戦がなければ、きっとバイクの料金は今も普通自動車と同じだったことでしょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【出典】東京新聞 
1985年(昭和60年)3月25日(月曜日)朝刊

【タイトル/見出し】
ライダー高速闘争GO/第1陣800人30日に提訴/『料金の半額返せ』/道路公団など相手どり/『乗用車と同じでは不公平』

【リード】
「2人乗りが禁止されているオートバイが、29人乗りのマイクロバスと同じ高速道路料金をとられるのはおかしい」と、約八百人のライダーが日本道路公団、首都高速道路公団、阪神高速道路公団の三者を相手取って、支払った料金の半額の返還を求める不当利得返還の訴えを三十日午前、東京地裁に起こす。原告数が八百人もの集団訴訟は極めて異例で、全国のバイク・マニアの強い関心を呼びそうだ。

【本文】
訴えを起こすのは、北海道から九州までのライダー。年齢は二十歳から六十歳。職業も会社員や公務員のほか、映画監督、僧りょ、医師、弁護士、カメラマン、デザイナー、プロのライダー、そして在日英国人まで多種多様。バイクに対する偏見をなくすことを目的とする「バイク差別と闘うライディング・ハイ連絡会」(小池延幸事務局長)が昨年1月から、サービスエリアや各種集会で募った人々だ。
訴えによると、バイクは高速道路では二人乗りが禁止されているうえ、最高速度も八十キロに制限されている。しかし料金は、総重量八トン未満の貨物車、定員二十九人のマイクロバスや乗用車と同じ「普通車」の扱い。
これは、車軸重量の四乗に比例するといわれる道路の損傷度、運行利益などを考えても不当であり、道路公団は少なくとも半分は不当利得として原告に返すべき----としている。
 請求金額は、一人二百円から二万円ぐらいまでで、総額では六十万円ぐらいになる。
 原告の一人、映画監督の高橋伴明さんは「バイクは車重も軽いし一人しか乗せないので普通車扱いになるのはおかしい。しかもこの料金体系の背後にはオートバイに対する社会的偏見があるような気がするので提訴に踏み切った」と語る。
 原告らの訴訟代理人、大津卓滋弁護士は「さらに原告を募って近く第二次提訴をしたい。原告になりたい人は、ぜひ連絡してほしい」といっており、今後“バイク・パワー”はグンと高まりそうだ。
   ×        ×
ライディング・ハイ連絡会=東京都品川区■■■■■■■■■、電話03(■■■)■■■■

【写真キャプション】
「マイクロバスと高速料金が同じなんて」とライダーが異例の集団訴訟。さて、どんな裁きが……。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

これは記念すべき84年3月30日の提訴5日前の告知を兼ねた新聞記事です。
社会面のトップ記事扱いですから大したものですし、新聞社の英断にも感謝かな。中日新聞社系の東京新聞は今でもリベラルな紙面作りでは間違いなくトップですからね。

この記事で特筆すべきことは「道路の損傷度」が「車軸重量の4乗に比例する」という鋭い指摘です。この問題点に触れた新聞記事はこれが最初だったかもね。
これまで公団側は「トラックもバイクも道路を傷めることでは同じ」みたいな大嘘を平気で公言していた気がしますからね。あいつらって本当に嘘つきで糞だったわ(笑)。

この訴訟を引き受けたくれた大津弁護士自身もバイク乗りで、僕は大津さんのエッセイや論文、バイク絡みで担当された事件記事の中で当時の『ミスター・バイク誌』で何度となくお名前を拝見していて以前から深い興味と関心を持っていました。とにかく豪快で不敵なイメージがありました。そんな事情もあって、ある時思い立って手紙で連絡したところ「時間とれる?今日、西新橋の俺の事務所に顔出せる?」と電話をいただき、それがご縁となりました。当時、僕が24歳で大津さんは35歳くらいだと思いますから頼れる兄貴みたいな感じでした。

あの頃、大津先生はホンダの“やかんタンク”の「ホーク2」で“バブバブ”いわせて首都高のコーナーに威勢よく突っ込んではクリアーしてカッ飛んでいました。僕はZ400FXでしたが技量的に完敗でした(笑)。とてもとても追いつかないのです(笑)。
ライディング・ハイの弁護団にはカワサキのZ400GP乗りのM先生もいらっしゃいました。バイク乗りによる弁護団ってのは互いに
気心も知れて心強いばかりでした。
僕らは親しみを込めてよく大津先生のことを「悪魔の弁護士」と呼んでいましたが、これは「悪魔のように頭が切れる」という意味でした。会議や雑談などしていると、どこからそんな奇抜で柔軟で豊かで笑えるとんでもない発想が飛び出るものかといつも舌を巻いていました。あの御仁は化け物でした(笑)。

【文責】小池延幸(58)/ZRX1200 DAEG
明治学院大MC『井戸端会議』初代総長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪資料≫『百騎百景』投稿先過去まとめ!
お時間のある時にでもよろしくね♪
お気に召したらシェアして皆さんの記録と記憶に残していただければ尚嬉しいな♪

▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.01)
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/743835959110685
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.02)→結成報告/読売新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744155279078753
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.03)→第1波提訴報道/朝日新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/744797609014520
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.04)→第1波提訴報道/毎日新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745295015631446
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.05)→日本初のバイクデモ/東京タイムズ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/745692858924995
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.06)→日本初のバイクデモ/毎日新聞コラム
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/746057775555170
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.07)→東名高速集団走行会?
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/746966162130998
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.08)→「オートバイ」誌インタビュー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/747943218699959
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.09)→バイクジャンボリー1984
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/748209398673341
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.10)→朝日ジャーナル
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/748817658612515
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.11)→サンケイ新聞
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/749295718564709
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.12)→週刊プレイボーイ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/749576798536601
▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.13)→東京タイムズ
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/750662825094665

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その1)→会員証ステッカー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/749295648564716
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その2)→茂木モータース
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/750413231786291
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その3)→バイクジャンボリー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/750663231761291
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その4)→BJ84
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/751005391727075
▽まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(番外編その5)→BJ85ステッカー
https://www.facebook.com/halumotoride/posts/751006341726980


  • 同じカテゴリー(バイク)の記事画像
    今度はカスタムメーカーの公式webに女房の愛機が登場!
    巨匠・十文字美信先生の習作『藤崎』展リターンズ
    女房の愛機にもサドルバッグ装着♪
    経年変化(笑)
    女房のバイクにもドラレコ装備
    インカム内蔵装備
    同じカテゴリー(バイク)の記事
     今度はカスタムメーカーの公式webに女房の愛機が登場! (2020-08-05 22:57)
     巨匠・十文字美信先生の習作『藤崎』展リターンズ (2020-08-03 11:32)
     女房の愛機にもサドルバッグ装着♪ (2020-08-02 13:23)
     経年変化(笑) (2020-08-02 13:17)
     女房のバイクにもドラレコ装備 (2020-07-24 09:27)
     インカム内蔵装備 (2020-07-22 23:21)

    Posted by 放課後倶楽部♪DX  at 08:29 │Comments(0)バイク

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    ▼まつろわぬバイク乗り『RIDING-HIGH』の伝説(Vol.14)
      コメント(0)